« 4月21日(土) ゴッドフリーセックス | トップページ | 4月23日(月) 月とスー・ウォン(水原) »

2012年4月23日 (月)

4月22日(日) 「月とスマートフォン」

 この駄洒落は4月22日放送の「サザエさん」を見て思いついたもの。新聞の記事で花沢さんとそっくりな少女を見つけたカツオ、おおかたの視聴者の予想のとおり、「本当にそっくりだけど、この人はホルンが上手いんだ、花沢さんと比べたら月とスッポンだよ」てなことを言い出す。これが私の駄洒落心に火をつけたという(笑)。

 いきつけのホームセンターがGEXのリクガメトータルフードを扱わなくなってしまった。あわてて車で20分ほど掛かる別のホームセンターへ行って手に入れることができたのだが、こっちで売っていた品物は旧パッケージ品。何だか、在庫がはけたらそれっきり再入荷しないような予感がする(笑)。小松菜などの野菜が主食なのであるが、これがあると野菜を買いそびれた時などに重宝する。あるとないとでは大違いだ、ああ、どうしようと悩んだのでありますが、ちゃーんとアマゾンで600円で売っていたという・・・。今なら送料無料だし手元に直接届くことを考えたらもはやホームセンターで買う必要などなし。なんだ、大騒ぎして損した。最初っからアマゾンで探せばよかったのだ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にカップうどん牛蒡天入り。夕食はカツオの叩き、鯛の刺身、そして大量の生野菜、後は炒飯。ビール2缶飲んで炒飯で仕上げる。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『メガマインド』を見る。事前情報を一切入れずまったく白紙の状態で見たのだが、これが意外なほどの傑作。戦うべきヒーローをやっつけてしまったヴィラン(悪役)、メガマインドが自分の存在意義に悩むというプロットはみんなが言うほど斬新なものではないのだが(笑)、その感情がいつの間にかヒーローのパートナーである女性レポーターへの仄かな恋情へ変化していくのが素晴らしい。この複雑な関係を情感たっぷりに描くことで悪の親玉とヒロインのラブストーリーを成立させてしまうのである。この映画のユニークさはまさにここにあると言えよう。

 私のような好きものにはもう一つお楽しみが。それはメガマインドの相棒、ミニオンである。彼は小さな魚なのだが、自分が入ったヘルメット型の水槽をゴリラ型の体に装着することによって自由に行動できる。その姿はそう、あの『ロボット・モンスター』のローマンなのだ(大笑い)。彼が刑務所のメガマインドを救いにくる場面は非常に感動的なのだが、頭に透明のヘルメット乗っけたゴリラがどたどた走っていくところでやっぱり大笑いしてしまったよ。

 『モンスターVSエイリアン』といい、この『メガマインド』といい、どうしてそんな妙なところでマニアックなのか。

 ハイビジョン画質は超絶的であった。画素の一粒一粒が見えそうな超高解像度、一点の紙魚や汚れもない澄み切った美しい発色など、文句のつけようがなし。音声はAAC5.1チャンネル。情報量の多いハイレベルのサラウンド。ロッシーらしい軽さが気になるものの、WOWOW放送作品としては間違いなく第一級のものだろう。

 映画は面白かったし、画質も凄かった。もうこれは2Dだけでは我慢できない。3Dブルーレイを買ってしまおう。

 シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「たかじんのそこまで言って委員会」 つまらんので30分経過したところで削除の刑に処す(笑)。代わりにまた「謎の円盤UFO」。本当にこれが好きですな、あなたは。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 4月21日(土) ゴッドフリーセックス | トップページ | 4月23日(月) 月とスー・ウォン(水原) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月22日(日) 「月とスマートフォン」:

« 4月21日(土) ゴッドフリーセックス | トップページ | 4月23日(月) 月とスー・ウォン(水原) »