« 5月9日(水) 「ノイタミナ・カンタービレ」 | トップページ | 5月11日(金) 「ドワーフ大爆笑」 »

2012年5月11日 (金)

5月10日(木) 昔、脂身の偉いお坊さんが

 どんな坊さんだ。「フューチュラマ 第6シーズン #24 Cold Warriors」 風邪を引いてしまったフライ、クシャミやセキに悩まされている。その様子をいぶかしんだエミーに「ただの風邪だよ」と答えるフライ。ファーンズワース教授は戦慄する。この未来世界ではもはや風邪は存在しない。500年も昔に根絶されてしまったからだ。「今の我々には風邪に対する抗体がない、どんな影響を受けるか分らないぞ」はい、ベンダーを残してみんなあっという間に風邪っぴき(笑)。ゾイドバークまで風邪を引いて不気味な液体を飛び散らせている。プラネットエクスプレス社は透明なカバーを掛けられて隔離されてしまった。

 1988年のアメリカ。父親と氷上釣りに出かけたフライ、氷が割れて湖に落ちてしまう。風邪を引いたフライは父と兄、ヤンシーからさんざん馬鹿にされる。フライはこのくやしさを晴らすために科学コンテストへ出場することを決意。これで優勝すると出品物を衛星に入れて打ち上げて貰えるのだ。審査員はバズ・オルドリン。本物が声をあてている(笑)。

 フライの実験は飼っていたモルモットにむりやり風邪を引かせて宇宙へ送り込み、宇宙線で風邪が治るかためそうというもの。コンテストのライバル Josh Gedgieはこれを見て自分も同じような研究を開始する。

 現在に戻ってプラネットエクスプレス社、社員みんなの世話に飽きたベンダーはカバーを破って脱出。はい、風邪はたちまちニューニューヨークを席捲。今度はニューニューヨークごと隔離されてしまったのであった。そしてニクソンとウェムストーム教授によってさらにヒドイことが計画される。何と、ブラニガンの戦艦ニンバスの光線砲でニューニューヨークを地球から切り取り太陽へ放り込んでしまおうというのだ。

 ファーンズワース教授も教授でフライを細かい肉片にしオリジナルの風邪ウィルスを探そうとする。それがあればワクチンの製造が可能になるからだ。しかし、フライは1988年の科学コンテストのことを思い出した。あれはロケットで宇宙へ打ち上げられた筈だ。あれを見つければ風邪のワクチンを作ることが出来る!

 ニューニューヨークを脱出したプラネットエクスプレスシップ。フライたちは土星の衛星エンケラドゥスでカプセルを発見。ここで1988年に戻って科学コンテストで優勝したのはフライではなくJosh Gedgieであることが語られる。カプセルの中に残されていたのは彼の風邪ウィルスであった。ファーンズワース教授はこれを使ってワクチンを製造。風邪はおさまりニューニューヨークも元に戻った。

 リーラはフライを慰める。「結局、あなたがたくさんの人たちを救ったのよ、あなたのパパがどうであれ、あなたは自分を誇りに思うべきだわ」

 最後にもう一度1988年へ。湖から引き上げられた直後である。父親はフライに言う。「がみがみ怒ったけど、それはお前に強くなって欲しいからだ、愛しているぞ、息子よ」 

 ちょっと感動的な〆でした(笑)。
 

  仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー牛乳。昼飯は納豆ぶっかけうどん。5玉200円の冷凍うどんも冷たくして食べるとなかなかいけますな。また今度、買って来ましょう。夕食は茹でホタルイカ、生野菜、出来合いの鶏のガーリック焼き。ビール2缶飲んでゴハンを一膳。ホタルイカのワタが美味しい。ぷちぷちとした目玉の食感も素敵だ。〆のコーヒーは如例。

 その後『大木家の楽しい旅行 新婚地獄編』を見る。長い同棲生活のあとでやっと結婚にいたった新婚カップル。しかし、結婚したとは言っても特別新しいことがあるわけでもなく今までの生活がそのまま続いていくだけだ。そんなある日、2人はひょんなことから地獄旅行をすることになる。まあ、この経緯は面倒くさいのでネットで検索でもしてみてください(笑)。

 細かいギャグでとりとめなく綴られる地獄旅行の雰囲気は悪いものではないのだが、いかんせん単調に過ぎたか。もっとも、これはこの映画が荒川良々、片桐はいり、樹木希林等の役者から想像されるイメージとかけ離れたものであった故の印象かもしれない。

 関係が断絶してしまう赤の人、青の人(地獄へくると人間はこの二種類に分かれてしまうのです)が新婚早々倦怠期みたいになっていた2人の関係のメタファーであるとか、明らかに輪廻転生を思わせる少女の台詞など深いものもあるが、これも私の好みからさらに遠く離れてしまうのであった。

 ハイビジョン画質は暗部のノイズがヒドイ。色調はかなり意図的にいじられており、古臭い画質になっている。音声はAACステレオ。台詞の通りが非常に宜しい。サラウンド感も豊かであり、リア音場の定位もピンポイントで決めてくれる。

 その後は部屋の片付け。シャワーを浴びてテレヴィと読書。キングの「リーシーの物語 上」を読む。就寝午前2時過ぎ。

|

« 5月9日(水) 「ノイタミナ・カンタービレ」 | トップページ | 5月11日(金) 「ドワーフ大爆笑」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月10日(木) 昔、脂身の偉いお坊さんが:

« 5月9日(水) 「ノイタミナ・カンタービレ」 | トップページ | 5月11日(金) 「ドワーフ大爆笑」 »