« 5月11日(金) 「ドワーフ大爆笑」 | トップページ | 5月13日(日) ユグドラシルで逢いましょう »

2012年5月13日 (日)

5月12日(土) 接してモバイルせず

 業界初!貝原益軒駄洒落(笑)。ちょくちょく読んでいる食べ歩き系のブログ。ブログ主はある魚の店に行って海鮮丼を食べたのだが、この店は若い女性の客が大変多いのだという。ブログ主の来店時も99パーセントが若い女性客だった。ブログ主は妙に喜び「綺麗な女性をチラチラと見ながら(美味しい海鮮丼を)食べるのは最高だね!」

 おっさん、何言うてまんねん(大笑い)。

 ユーモアのつもりなのは良く分るけれども、これじゃやりすぎだ、エロ親父になってしまうよ。
 
 エロという言葉には二つの意味があって、まずひとつは“性的衝動を誘引する視覚・聴覚情報”、手っ取り早く言うとエロいものですな。そしてもう一つはこのエロイものに反応して性的衝動を覚える人格。スケベと言い換えれば分りやすいかもしれない。この相関関係は外界からの視覚的刺激、そしてその刺激を受け取る受容体としての目、あるいは目の網膜に例えることができる。ただ、エロという言葉の概念は“刺激”と“受容体”とを同様に扱っており、これが混乱の元となっているのは否めない。

 前者のエロはそうでもないのだけれども、これが後者となるととたんに「グフフ系」の親父臭くなってしまう。とても上品なユーモアの対象となり得ないのである。このブログ主のような勘違いを避けるためにもエロという概念にもっとはっきりとした違いを確立させることが我々日本人の急務となるであろう。

 (この文章後半はエロという言葉からどれだけ意味のないたわごとをつむぎだせるかといういわば、言語的実験であるので、本気にしちゃいけないよ!)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯は義妹とK太郎が持ってきてくれた寿司や刺身で食事会。夕食は牛肉たっぷりの肉野菜炒め。これでビール2缶を飲む。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『LOFT ロフト』を見る。あやしい隣家の住人、1,000年前の木乃伊、ちらちらと現れる謎の女性の影等々を用いて現実と幻想の境界を限りなく曖昧にしようとした試みは評価できるものの、いかんせん、現実への架け橋である西島秀俊の退場が早すぎた。彼の退場により映画の求心力となっていた様々な謎が一気呵成に明かされ、後は幻想が全てを浸蝕してしまう。

 邦画の人はあまりこうした幻想性というものを持ち上げてはいけないと思うのだが(笑)。

 ハイビジョン画質は暗部の乱れがありフィルムモードでの観賞を余儀なくされる。ただ、発色は良く、特に中谷美紀の透き通るような肌と草花の透明感溢れた緑に驚かされた。音声はAACステレオ。サラウンド感、リア音場の情報量が豊富で大変におっかなかった(笑)。森の中をごうごうと駆け抜ける風の音もリアリティたっぷりで本当にその場にいるような気分にさせてくれる。

 その後ドタバタと片付け。衣装ケースを開けたら自分でもその存在を忘れていたビデオテープがどさと出てきた。『ヤング・フランケンシュタイン』とか『我輩はカモである』(多分、東京在住の友達に頼んでテレヴィ放映を録画してもらったもの)などであるが、そのタイトル文字を自分なりにデザインしてヘンな具合に書いている。『ヤングフランケンシュタイン』は文字を恐ろしげに、『我輩はカモである』は水玉模様を散らしてユーモアたっぷりに・・・ああ、若気のいたりとはいえすっげえ恥ずかしい。

 片付け終了後、シャワーを浴びて読書とテレヴィ。「お笑いウルトラクイズ #8」 「#7」(差しさわりがあって再放送されず)で優勝した上島の竜ちゃん、前回で使ったのとそっくりなモーターボートのへさきに縛り付けられ、これまた前回と同じくダミーの船に突撃、大爆発。「いやー、やれやれ」と上がってきた竜ちゃん、たけしに「ほんと大変でしたよ、前回の終わりからずっと海の上走ってましたよ」

 たけし、「ウソつけ、飛行機の中で一緒だったじゃねえか」 このやりとりを聞いてまだまだ初々しかった永井美奈子アナウンサーが受けること、受けること。腹を抱えて大笑いしていました。

 就寝午前2時半過ぎと思ったら午前4時半に目が醒めてしまいベッドの上でもぞもぞ。たまらず置きだして1時間ほどテレヴィを見てようやく再就寝。もう5時過ぎだよ、直ぐ起きる時間になっちゃうよ。

|

« 5月11日(金) 「ドワーフ大爆笑」 | トップページ | 5月13日(日) ユグドラシルで逢いましょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月12日(土) 接してモバイルせず:

« 5月11日(金) 「ドワーフ大爆笑」 | トップページ | 5月13日(日) ユグドラシルで逢いましょう »