« 5月18日(金) ヤミリー・キリーの渡し | トップページ | 5月20日(日) アーコフと驚くタメゴロー »

2012年5月20日 (日)

5月19日(土) 「スマホの器」

 2004年版のドラマ「砂の器」では親子の放浪が子供だけになっており、その理由がダム工事に賛成票を投じたことで集落の中で村八分にされた結果、妻が病死したことに憤怒した父親が放火で村人30人を殺害したためと設定されているそうな。

 『ヒックとドラゴン 3D』を見た。冒頭のドラゴン襲撃場面で画面が暗くて何が起こっているか良く分らず(笑)またクロストークも出ていたので「なんじゃこりゃ」とがっかりしたのだが、ヒックがドラゴンと飛ぶようになってからその不満は跡形もなく吹き飛んでしまった。

 遠景では相変わらずクロストークが目立つもののドラゴンの浮遊感、スピード感が例えようもなく素晴らしい。ドラゴンが宙返りしてヒックを中心にして画面がぐるりと回る場面では飛行機に乗っているわけでもないのにヴァーティゴ(空間識失調 パイロットが一時的に平衡感覚を失う現象。つまり、わて、上昇してんのか、降下してんのか、いや、それより地面はどっちや、こらかなわんわという状態に陥ることでしばしば航空機事故の原因となる)に陥りそうになったほどであったって、ちょっと大げさですか(笑)。

 雲海の中で多数のドラゴンたちと合流する場面でも3Dの良さが際立つ。2D観賞ではひとつひとつの点に過ぎなかったドラゴンたちだが、3Dによって彼らに命の息ぶきが与えられ、画面の中でその存在をはっきりと主張し始めるのである。

 この作品は2Dで見ても大変に面白いのだけれども、それでも私は言いたい。これは万難を排して3Dで見るべきだと。3Dなしでこの映画の本質は語ることなんてできやしないのだ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にゆきみ家のラーメン。とはいえ、今日は珍しく醤油ラーメンとミニカレーのセットにした。これも大変に美味しいけれども私はやっぱり味噌ラーメンの方が好みであるな。夕食はイカの刺身、出来合いの天ぷら、ざるそば。ビール2缶を飲んで蕎麦をずるずる。〆のコーヒーは如例。

 その後プロジェクターを起動させて前述の『ヒックとドラゴン 3D』を見たわけでして。

 終了後、部屋の片付け。押入れ上段に放り込んでいた昔の(もちろん20年くらい前のもの)熱帯魚用品、フィルターだのライトだの、小型水槽だのの箱を片付ける。本体はとっくに処分しているっていうのに、こんな箱をなぜ後生大事に取っておく、お前、いい加減にせえやと20年前のお説教というのはもはやお約束ですな。

 箱はカッターと手でばらばらにしてゴミ袋へ放り込んだ。20年前の箱だから埃まみれでやたらにクシャミが出た。終わってシャワーを浴びたら流れるお湯が真っ黒になってしまったほどであったとまた大げさ極まることを(笑)。

 後は読書とテレヴィ。酒を飲んだ訳でもないのに急速に眠くなってきて珍しく午前12時過ぎにベッドに入る。どうせ、途中で目が覚めてしまうのだろうと思いきや、数度のトイレを経て無事朝まで眠ることができたのであった。まあ、トイレにおきるたびに同じような夢を何回も見続けたけどね。

 高級ホテルに泊まって一番嬉しかったのがホテル内の書店でやっていた古書市で「一本包丁満太郎」の広島お好み焼き対決の巻を見つけたこと、という夢を見た時にゃ、私しゃ心底自分が情けなくなりましたですよ。

|

« 5月18日(金) ヤミリー・キリーの渡し | トップページ | 5月20日(日) アーコフと驚くタメゴロー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月19日(土) 「スマホの器」:

« 5月18日(金) ヤミリー・キリーの渡し | トップページ | 5月20日(日) アーコフと驚くタメゴロー »