« 5月25日(金) オーラル三人娘 | トップページ | 5月27日(日) 早見優法典 »

2012年5月27日 (日)

5月26日(土) 河合奈保子には旅をさせろ

 往年のアイドル駄洒落。相変わらずのK川ゆきこ、血液が放射能汚染されたと抜かす桐生市議、北九州でがれき搬入を阻止しようとした中核派じゃなかった市民団体、その瓦礫焼却で放射能が心配だからと北九州への修学旅行を延期した某小学校、×カがバスに乗り遅れまいと我先に「自分がどんなに凄い×カか」を懸命にアピール。「私はバ×です」「僕も×カだ」「あたしなんてもっとバ×よ」「おれの×カの方が凄いぞ」

 特に瓦礫搬入を妨害した中核派じゃなかった市民団体は凄い。わざわざ妊婦を連れていったり(http://www.zenshin-s.org/zenshin-s/sokuhou/2012/05/post-1601.html)、その前日のデモでは市長との面会を求めて秘書室前を占拠、さらに1階ロビーを子供を乗せた乳母車10台で埋め尽くしたのだとか。

 反対と闘争がごっちゃになっているのは、まあ、こういう団体の分り易すぎる特徴。放射能が危ない!妊婦や子供が心配だ!と反対しているのに、搬入の現場に妊婦を連れていってどうするか。

 「11/22/63」のアマゾンカスタマーレビュー #3

 この本のためになされた調査のレベルの高さはインクレディブル。

 魅力的な設定が作者の過去とノスタルジアへの拘りで台無しにされてしまった。

 これはキングの最高の作品だ。もしキングがあの事故で両手両足を失っていたら、彼は鼻を使って文字をタイプするだろう。我々が呼吸するのと同じくらい、キングは書くことを必要としている。

 The problem is the extremely long middle of the novel - the bridge between the setup and the conclusion.

 主人公とオズワルドの部分が長すぎる!

 カスタマーレビューを2ページまで。しかし、本当はケネディ暗殺の陰謀があった、キングは間違っている!なんて評価は出てこないなあ。やはりアメリカ人でも陰謀説を信じている人は少なくなっているということか、それとも純粋にフィクションとして見られているということなのか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にゆきみ家の味噌ラーメンとミニカレーのセット。最初は小ゴハンとのセットにしようと思っていたのだが、いつの間にかシステムが変わっていたようで「その組み合わせは平日だけです!」と言われてしまった。

 夕食はカンパチ刺身、コンビニのほうれん草バター炒め、マカロニサラダ。これでビールを2缶飲んでざる蕎麦で仕上げ。〆のコーヒーは如例。

 その後、日本映画専門チャンネルで録画した『大怪獣バラン』を見る。初のハイビジョン放送であるが、画質は今ひとつ。フォーカスが甘く目障りなノイズも多い。暗部はきっちり沈んでいるものの、黒潰れがあり会長情報も失われてしまっている。

 まあ、それでもハイビジョンはハイビジョン。画面の奥行き感がDVDに比べて格段に向上したことにより、あの洋上の激戦が見ごたえ倍増。急降下しつつロケット弾を叩き込むP2J、前足を伸ばしてそれを叩き落すバラン、機雷網を使った集中爆雷攻撃の水柱等々LDやDVDとは比べ物にならぬ迫力である。

 まあ、水しぶきやバランの起した風で揺れる草原などで、どうしてもモザイクノイズが出てしまうのだけれども(笑)。

 しかし、なんですなあ、バランという怪獣は実は凄い奴なんじゃないかと。陸上はもとより、水中でもかなりの運動性を発揮するし、その上になお、空を飛ぶことができるのだ。あの「照明弾を飲み込む」という残念な習性さえなければ、怪獣王となったのはゴジラではなく、このバランだったのではないか。

 この悲運の怪獣、バランの再評価が望まれますな。

 終了後、シャワーを浴びて借りてきたレンタルCDをリッピング、USBメモリに収める。何を借りてきたのかは、秘密(笑)。

 その後だらだらとテレヴィ。就寝午前2時過ぎ。

|

« 5月25日(金) オーラル三人娘 | トップページ | 5月27日(日) 早見優法典 »

コメント

僕は、もともと、アニメをみてたのですが、80年代アイドルを応援はじめたきっかけは、奈保子さんが、登場し始めたころ、小川宏ショウで、デビューして、間もない、奈保子さん、芳恵ちゃん、を見ました、テレビに、くぎづけになりました、そのうち、だんだん、奈保子さんに、引かれて、ファンに、なりました、暮れの、大賞レースで、トシちゃん聖子さんを初めてしりました、こんなタレントいたのかと?当時、おもいました、レースは、トシ、聖子の、争いに、なりましたが、僕の中では、奈保子さんが、一番輝いて、オーラが、出手間下、あの歌声は、もうみられないかとおもうとさびしいきがします。

投稿: yukimaro | 2013年6月 9日 (日) 07時15分

下の文字部分読みの字をなおします、オーラが、出てました、あの歌声は、もう見られないかと、思うと、淋しい気がします。

投稿: yukimaro | 2013年6月 9日 (日) 07時34分

もし有希子さんが、サンミュージックでなく芸映だったら、シミュレーションを  して見ます。              こうなるのでは、まず芸映に入っていたら、本名の佐藤佳代でデビューすることに、なるはずです、新人の佳代さんを紹介してもらい事務所の先輩と晴れ着(着物)撮影をします。             そこで、憧れの奈保子さん声をかけられるデパートの屋上サイン会奈保子さんと行動を一緒に回るはずです。           2年目から佳代さんが、いそがしくなって、一人で、活動することが、増えて、 ここからが、問題で、個人で活動すると、 悩みが、出たときに、マネージャーと行動することが、多くなり、サンミュージックと変わらないのでは、たまに番組で、奈保子さんと一緒になると、声をかけて、しゃべるぐらいですよ、悩みの相談しないかぎりわからないと、思う普通の会話で、終わってしまう、 そのとき、自殺道に、なるかとどまるか自殺をして、しまったらサンミュージックと変わらない、でも芸映だったら一年目は、楽しくやってたかも、しれないね。         

投稿: yukimaro | 2013年6月14日 (金) 19時53分

yukimaroです、            すきまのところシミュレーションですが、当時学業と芸能掛け持ちしてた。 

投稿: yukimaro | 2013年6月15日 (土) 05時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月26日(土) 河合奈保子には旅をさせろ:

« 5月25日(金) オーラル三人娘 | トップページ | 5月27日(日) 早見優法典 »