« 6月13日(水) 月のザオリク | トップページ | 6月15日(金) 「バービーケーンポリマー」 »

2012年6月15日 (金)

6月14日(木) 「ノルディックの墓」

 民さんは宇宙人のような人だ。懸案のウォーターランドタブ・スモール問題であるけれども、検索してみたら海外発送してくれるショップが見つかった。ここで注文すると本体が153ドル、送料が59ドルで合計212ドル。なんと16,833円で購入できるのである。国内の販売店だと34,000円(+送料)だから、半額以下で手に入る訳だ。このウォーターランドタブ・スモールはリクガメ用であるから、底に水抜きの穴を開けるだけで宜しい。カラス対策の網もバーベキュー用の金網を何枚か組み合わせれば十分だ。

 という訳で来月の購入枠で買うことにしました。米国盤ブルーレイは来月もおあずけです(笑)。

 今度の休みにはルーフバルコニーでワインなどを飲る(やると読む)つもりである。とはいえ、安易にワイングラスなどを使っては台無しだ。ルーフバルコニー上でいい年した男がワイングラスを傾けるなぞ、あまり見られた絵でないからである。ここは、フツーの大振りのグラスが宜しい。そういうのに無造作にワインをついでちびちびとやるのである。傍らにダイアン・キートンはいないけれども、気分はもう『アニー・ホール』なのだ。

 そんなことを考えてにやにやしながらワインを飲んでいる私の下に字幕が出て「ばっかみたい」 いやいや、ますます楽しそうですなあ。
 (字幕云々の意味がお分かりにならないかと思いますが、これは『アニー・ホール』を見てくださればいいのです)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー牛乳。昼飯は冷凍食品の醤油ラーメンとオニギリ一個。夕食は出来合いの寿司、鉄火巻、生野菜。あまりに暑かったので喉がからからで死にそうだった私はビールを3缶も飲んでしまいましたとさ。〆のコーヒーは如例。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『愛のメモリー』を見る。ヒッチコックに今ひとつなじめない私にとって、『めまい』からの引用などどうでも宜しい(笑)。私にとって、この映画の全てはジョン・リスゴーである。彼の発する凄まじい悪意、物語自体を破壊してしまいかねないほどの底知れぬ憎悪が私を強く魅了したのである。

 「自分が全ての黒幕だ」と主人公に告白する場面はまさにストーリー中の白眉というべきものであるが、ジョン・リスゴーは明らかに言い過ぎている。主人公を十分にやりこめているのに、余計なことを言って終いには殺されてしまう。でも、ジョン・リスゴーは後悔しない。

 「だって、オレ、言いたかったんだもん、ずーっと16年ぐらい言いたいのを我慢していたんだもん」という彼の心の叫びが聞こえてくるようだ(私の耳には)。

 おしむらくはあのラスト。主人公が娘を殺していれば、この“言い過ぎ”でさえ、ジョン・リスゴーの計画の一部となっていたのに。

 ハイビジョン画質はまあ、駄目ですな(笑)。ハイライトが飽和しているし、暗部諧調情報も貧弱である。音声はAAC5.1チャンネル。サラウンドの妙味はあまりないものの、BGMの音質が思いのほか良い。バーナード・ハーマンの印象的なスコアが朗々と鳴ってくれる。

 終了後、シャワーを浴びて自炊作業。あー、HiViの5月号もいい加減自炊しなくちゃなあ。事務所からフラットベッドスキャナを持ってくるか。

 その後はだらだらとテレヴィと読書。就寝午前2時過ぎ。

|

« 6月13日(水) 月のザオリク | トップページ | 6月15日(金) 「バービーケーンポリマー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月14日(木) 「ノルディックの墓」:

« 6月13日(水) 月のザオリク | トップページ | 6月15日(金) 「バービーケーンポリマー」 »