« 6月24日(日) ヘイトの花嫁 | トップページ | 6月26日(火) 「ちびマルコ・ポーロちゃん」 »

2012年6月26日 (火)

6月25日(月) 「愛とまる子」

 久々の「ちびまる子」駄洒落。オスプレイの墜落事故が続いて左翼の皆さんが欠陥機だと喧しいが、基本的に軍隊というものはあからさまな欠陥がある兵器を無理やり配備したりしない。後からどえらく面倒くさいことになるのが分りきっているからだ。この実例が第二次大戦のドイツ空軍(ルフトバッフェ)にある。

 それはBF110の後継機として開発されたMe210。Bf110の実績とゲーリングの支持によって原型機の完成すら待たずに1,000機もの大量発注がなされた。ところがこれがとんだ欠陥機、1941年から実戦に参加した同機は致命的な安定性の不良(大迎え角でスピンに入りやすい)によってしばしば墜落事故を起こし、予定されていた作戦の3分の一も遂行できぬ有様であった。

 慌てたドイツ空軍は1942年にMe210の生産を中止したもののその損害は600機、3,000万マルクにも及んだのである。(この金額が今の価値にするとどのくらいになるのか分るともっと説得力が出てくるであろう。だから誰か分る人いたら教えて)。これはドイツ空軍が第二次大戦中に犯した最大のミスと言われている。

 欠陥機というものは「戦時中」という特殊な状況下においてさえ(あるいはなおさらというべきか)、その存在を許されないのだ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。午後1時過ぎ、引越しを頼んでおいた業者さんが突然、「今日やりましょう」だって(笑)。まあ、運んで貰うものをあれこれ指示して後はまかせてしまったから仕事に支障はでなかったものの、部屋をまるで片付けてなかったので作業員の人に「ゴスロリアスカ」とか見られてしまったですよ。

 食ったもの、昼飯に小笹飯店で焼肉定食。かなり待たされた「とりみそ定食」とは違ってあっという間に配膳されたのだが、ううーむ、これは微妙だなあ。かなり濃い味付けでゴハンが進むのであるが、やっぱり量が多すぎる。最初は好ましく思えたこの味付けが食べ終わる頃にはしょっぱくて仕方なくなってしまうのである。

 「とりみそ定食」の時も同じようなことを言っていたけれども、大盛りじゃなくって小盛バージョンをメニューに加えるべきですな。このオカズの量が半分になってもそのまま600円という値段でいいからお願いしますよ。

 夕食は和牛のステーキ(もちろん、安売りの)、カツオタタキ、ポテトサラダ、オクラの山芋和え。ビール500ml缶を一本飲んでゴハンを一膳。〆のコーヒーは如例。

 その後、新物件に行って部屋の中に山と運び込まれたオーディオヴィジュアル機器をレイアウト。スクリーンの枠とスタンドを組み立てスクリーン幕を張り込む。スクリーンの場所を決めたのち、5本のスピーカー(フロント×2 リア×2 サブウーファー×1)を配置する。そして鬼のように重たいヤマハGTラックを配置し、これまた鬼のように重たいプリアンプ デノン AVP-A1HD ブルーレイプレーヤー DVD-A1UDなどを乗せる。

 そしてガラステーブル(中古屋で買ってきたラグジュアリーな奴だ)や椅子、テレビ、テレビ台を運び込んだら、もう死にそうになりました(笑)。さらにベッドを組み立てたらもう瀕死になりました。

 最後の気力を振り絞ってブルーレイレコーダーとテレビのケーブルをつなぎとりあえず録画したものと、地上波デジタルを見られるようにして終了。もう午後10時近くになっていた。

 シャワーを浴びてお酒。くったくたの体にビールを流し込んだら美味しくて、美味しくてたまらなかった。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」

 ひれひれ酔って就寝午前11時半。

|

« 6月24日(日) ヘイトの花嫁 | トップページ | 6月26日(火) 「ちびマルコ・ポーロちゃん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月25日(月) 「愛とまる子」:

« 6月24日(日) ヘイトの花嫁 | トップページ | 6月26日(火) 「ちびマルコ・ポーロちゃん」 »