« 6月28日(木) 乙羽 信子の階段昇る君はまだシンデレラさ | トップページ |  6月30日(土) 『水からのデブゴン』 »

2012年6月30日 (土)

6月29日(金) 「ビートたけしのお笑いウルトラクリトリス」

 どうです、普段のつまらない駄洒落(笑)を我慢して読み続けているとたまにはこんな面白いのに当るんですよ。福岡で生レバー販売禁止前に駆け込み食中毒が出たけれども、実はこの中毒者たちは明日から食べられなくなるというので、今のうちにとたらふく食べたんだったりして。フツーの量なら何でもなかったのに、たくさん食べたから症状が出たりして・・・。

 憶測です。たんなる憶測です。一刻も早い回復をお祈りしています。

 しかし、生レバーを禁止するということは、アメリカの禁酒法みたいなもので、人間、食べるなと言われてなかなか、はい、食べませんとなるものではない。生レバー食が地下に潜るのは目に見えている。闇の生レバを非合法に食べさせる店がでてくるだろう。あるいは暴力団の資金源になったりするかも知れない。

 取り締まりはますます厳しくなる。警察庁に専門の部署ができ生レバー特別捜査官が任命されるかもしれない。彼らは全国各地に派遣されて闇の生レバー店を監視・取り締まるのだ。見たまえ、生レバー特別捜査官たちが地元警察の協力を得て非合法生レバー販売店に突入していくぞ。この店では今夜、秘密の生レバーパーティが行われているのだ。

 ドアを叩き破って突入する捜査官たち。生レバーを食べていた人々は驚きのあまり固まってしまう。中には食べかけの生レバーを口からはみ出させている者もいるぞ。「生レバー捜査官だ、動くな、生レバー違食(違法食の略)の疑いで逮捕する!」

 一年後にはこんな風景が日常のものになっているかもしれない。

 くれぐれも本気にするなよ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。朝飯にコンビニの調理パン、コーヒー牛乳。昼飯にインスタントラーメン。博多万能ネギをたっぷり入れたので十分なヴァイタミンを補給することができた。夕食はカンパチ、鯛の刺身、生野菜、後は肉そば。ビール2缶飲んで蕎麦を一杯。刺身がフツーのパックの奴なのに無闇に美味かった。カンパチなんか先日食べた天然ものと同じようなあめ色をしていたぜ。〆のコーヒーは如例。

 その後はシアタールームにてサブウーファーの制振作業。作業自体は園芸用のコンクリート枠を二つ並べてタイルカーペットを敷きその上にサブウーファーを乗せるという単純なものなのだが、サブウーファーの大重量が問題をややこしくする。気軽に持ち上げることなどとてもできぬ。まるで力士の取り組みの如くぐっと腰を下ろして両腕でサブウーファーを抱えるようにしないと駄目である。大変に苦労して作業を終えた時にはもう全身汗まみれになっていたくらいだ。

 ただ、その甲斐あって、重低音の振動がそのまま床に伝わることはなくなったようだ。ブルーレイの『スターウォーズ エピソード3 冒頭』や『トランスフォーマー ダークサイドムーン』(予断ながら、たぶんこれが私が持っているソフトの中でも一番五月蝿い奴である)を-25ぐらいで鳴らしても隣室や階下の部屋ではまったくサブウーファーの存在を感知することができなかった。

 これで一安心である。

 シャワーを浴びてお酒。お供は日テレ+で録画しておいた「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」である。

 その後午後11時過ぎからプロジェクターを再起動して「天然色ウルトラQ #26 燃えろ栄光」を見る。このエピソードでの見ものは何と言ってもダイナマイト・ジョーのピエロメイク。毛穴や皮膚の表現が極めてリアルであり、カラライズ技術の高さに驚かされる。またプールの水面に映る照明のカラー映像もまったく違和感がない。どうやってこのゆらゆらと揺れ動く映像にこれほど正確な色を乗せることができたのだろうか。フィルムグレインはかなり目立つ。人によってはノイジーだと感じられるかもしれない。

 終了後、久しぶりにブルーレイ 「マクロスF #1」を見たりしたのであった。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 6月28日(木) 乙羽 信子の階段昇る君はまだシンデレラさ | トップページ |  6月30日(土) 『水からのデブゴン』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月29日(金) 「ビートたけしのお笑いウルトラクリトリス」:

« 6月28日(木) 乙羽 信子の階段昇る君はまだシンデレラさ | トップページ |  6月30日(土) 『水からのデブゴン』 »