« 6月3日(日) グッチ裕三よ、熱く君を語れ | トップページ | 6月5日(火) 天本は食パンの調べ »

2012年6月 5日 (火)

6月4日(月) 玉露園のコンプガチャ

 梅コンプガチャとか。昨日の九州レプタイルフェスタで予想以上に若い女性の姿が多かったという件でとある人から「新たな出会いがあるのではないか」というご意見。いやいや、会場にいた間ずっと「てめえ、コノヤロー、どけよ、足元に置いてあるマタマタが見えないじゃないか」「お、あれはなんだ、おお、私も米国アマゾンに注文したウォーターランドタブじゃないか、あ、この野朗、立ち上がるな、見えなくなるじゃないか」という心理状況なので(笑)、そんな余裕はとてもじゃないが、持てません。

 このウォーターランドタブ、壁に立てかけるようにして展示してあったのだが、予想以上に馬鹿でかい。てっきりメガサイズだと思ってスタッフの人に聞いてみたところ、「あれはラージです。メガは軽自動車くらいのサイズになります。こんなところに持ってきたら叱られます」だって。

 そして私が頼んでいたウォーターランドタブ ミニがもう届いたという。DHL Internationalの配送とはいえ(送料が2,443円)3日で届いたのに驚愕する。またミニサイズながら梱包のでかいこと。自宅で受け取った母親が驚いて、「あんた、海外から物凄いものが届いたわよ、あんた、なにやってんの」と電話してきたくらいだ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にパックのゴハンとレトルトのカレー。夕食は生野菜(ゆでアスパラ入り)、マグロの刺身、出来合いの唐揚げ。ビール2缶飲んでゴハンを一膳。マグロは姿形こそ良いものの食ってみると水でびちゃびちゃ。まあ、づけにしてゴハンに混ぜ込むようにして食べるとあまり気にならなくなるのだが。

 その後輸入ブルーレイで『クロニクル』を見る。謎の洞窟の中にあった光り輝く物体によって超能力を身につけた3人の高校生。その力は使えば使うほど強くなりついには空を自由に飛びまわることができるようになる。最低の高校生活を送っていた主人公はこの力によって人気者になりかけるが、パーティで初体験直前に女の子にゲロかけてしまい再びどん底へ。

 その怨念が暴走し、ついに仲間の一人を殺害。もう一人と最後の対決をすることになる。

 前半は『キャリー』、後半はもろに『AKIRA』(笑)、いやだって、病院服を着て超能力で暴れまわるんだぜ、違うとは言わせないぞ、というパッチワーク的な映画であるが、デキは悪くない。母親は重病で寝たきり、元消防士の父親からは激しいDVを受けている。そして親しい人間はひとりしかおらず、それも従兄弟だったりするという主人公の侘しい生活描写が真に迫っており、後半の暴走へのしっかりとした理由付けとなっている。このあたりは高校生を描くというストーリーにおいて狂信的な母親を使った「キャリー」よりもよほどスマートだ(ごめん、キング)。

 映像の大半が主人公のビデオカメラによるものという手法はもはや目新しいものではないのだけれども、この不安定な映像が主人公の内面を現していると言っては誉めすぎになるだろうか。

 ハイビジョン画質は前述のごとく、主観ビデオカメラ映像なのでたいしたことはなし。確かにハイビジョンレベルではあるものの画素の荒さや動きへの追従性に難がある。音声はDTS-HDマスターオーディオ。マッシブな低音が楽しめるものの、美点はそこだけ。音の一つ一つが鈍く、ロスレス音声らしい鋭さが感じられない。

 終了後は事務所へ戻って原稿書き。何の原稿かは内緒(笑)。

 午後11時に帰宅してシャワーを浴びる。その後はテレヴィと読書。就寝午前2時過ぎ。

|

« 6月3日(日) グッチ裕三よ、熱く君を語れ | トップページ | 6月5日(火) 天本は食パンの調べ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月4日(月) 玉露園のコンプガチャ:

« 6月3日(日) グッチ裕三よ、熱く君を語れ | トップページ | 6月5日(火) 天本は食パンの調べ »