« 6月6日(水) 甘党はショパンの調べ | トップページ | 6月8日(金) メーデー親父 »

2012年6月11日 (月)

6月7日(木) 三つのしもべにメーデーだ

 バビル三世の労働争議。<「全員撤退」意図せずと認定=官邸の過剰介入批判―福島原発事故・国会事故調時事通信 6月9日(土)16時57分配信  東京電力福島第1原発事故を検証する国会の事故調査委員会(黒川清委員長)は9日、公開で委員会を開き、今月末の報告書作成に向け論点整理を行った。この中で、東電の清水正孝前社長による「撤退」申し入れについて、「東電が全員撤退を決めたとは認められず、官邸が東電の撤退を阻止した事実はない」と認定した。 昨年3月14日夜から翌15日未明にかけての撤退申し入れをめぐっては、第1原発からの「全員撤退」と解釈した菅直人前首相ら官邸側と、「一部要員を残すつもりだった」とする東電側の主張が対立していた。 事故調は菅氏や清水氏らの証言などを基に、「全員撤退の意思はなかった」とした上で、その後の対応について「原子炉の状況を最も把握していた現場の使命感がポイントだった」と指摘。「官邸が現場と直接やりとりする想定していない方法で介入し、頻繁に電話が入るような事態が起きた」と官邸を批判した。  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120609-00000085-jij-sociより引用>

 東電撤退を阻止したのがこの震災における管直人の最大の手柄ではなかったのか。首相・官邸自体がデマをふりまいていたとはさすがの私も想像できなかった。これほど「無能な働き者」のレッテルが似合う首相が今までいたか?

 ちなみに鳩山元首相は「無能な働き者」ではなく、「狂気の働き者」である。みなさん、そこのところを勘違いしないように。

 本日、いよいよ新マンションの引渡し。午後1時半より関係各社よりの機材説明を受ける。仕事が終わった後、ビール一缶を買い込んで屋上のルーフバルコニーへ。眼下に広がる雄大な景色を肴にビールをぐいと飲る(やると読む)。このビールの美味さを生涯忘れることはないであろう。

 食ったもの、昼飯にコンビニの冷やしごぼう天うどん。薬味のネギ・しょうがの新鮮さには驚かされるが、その分、うどんが今ひとつ。まだまだ家庭で茹でたものには敵わない。夕食はカツオの叩き、生野菜、鶏の唐揚げ ビール2缶飲んでゴハンはなし。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『血の伯爵夫人』を見る。もう血と伯爵夫人の組み合わせときたら、エリザベート・バートリ以外にはありえない(笑)。映画も必要以上に残酷で、縛り付けた罪人の頭を大ハンマーで力任せにぶったたいて飛ばしてしまう処刑法や、血を抜かれて衰弱していくかわいそうな下女など、私の趣味を大変に満足させてくれるものであった(三国一の変態)。

 ただ、バートリの異常性癖の原因が若い男との恋愛関係だったというのはちょっと頂けない。100年に一度の大殺戮があまりに卑俗な枠の中に留められてしまうからである。若い恋人のために永遠の美貌を願ったという当たり前すぎる動機では(一説によれば)600人の大虐殺という事象にとうてい釣り合わない。

 ハイビジョン画質は良好。暗部にノイズが目立ったけれども、柔らかな風合いの画調は悪いものではない。音声はAAC5.1チャンネル。サラウンド効果はさほどでもなかったが、台詞の定位が抜群。BGMの品位も高い。

 シャワーを浴びて明日の旅行のための荷造り。

 後は自炊などして午前3時過ぎに就寝。

|

« 6月6日(水) 甘党はショパンの調べ | トップページ | 6月8日(金) メーデー親父 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月7日(木) 三つのしもべにメーデーだ:

« 6月6日(水) 甘党はショパンの調べ | トップページ | 6月8日(金) メーデー親父 »