« 7月13日(金) 短小マスター | トップページ | 7月15日(日) 短小産み分け »

2012年7月15日 (日)

7月14日(土) 「短小商店会」

 伝説の○○○はじめました。一体、何を売っているんだ!タートルタブより亀が脱走。原因はおそらく14日明け方の激しい雨で、オーヴァーフローが追いつかずタブが水で一杯になってしまって亀が流された。あるいは、雨で陸場部分の覆い(カラス対策)が水面まで垂れ下がり、亀がそれをよじ登って外へでたのか。

 13日の一番雨が酷い時間帯でもタートルタブの水かさは増えていなかったので、いや、わざわざ確認したのです(笑)、おそらく後者が本当のところではないかと思うのだが。とりあえず、陸場の覆いを一部切り取って垂れ下がらないようにした。しかし、前者の可能性も否定しきれないので早いうちにオーヴァーフロー用の穴を増設しておこうと思う。

 アマゾンで購入した「誰も書かなかった反日地方紙の正体」が到着。中古本を購入したのだが、前の持ち主が鉛筆であちこちに線を引いてやがる(笑)。こんなことしなきゃ本も読めないのか、うきーっと怒ったけれども、まあ、これは自炊前に消しゴムで処理するしか仕方がないか。

 内容についてはあのイラク人質事件に対する北海道新聞の異様なテンションの高さが興味深い。いやあ、あの時は凄かったよなあ。他の2人がいい大人だったのに大して、当時18歳のI氏がありもしない劣化ウラン弾の被害を調べるために地獄の釜をひっくり返したような状況のイラクへ行ってあっという間に武装集団にとっつかまったのだからなあ。「止めろよ!行かせるなよ!周りの大人!」って思ったものだよなあ。中村敦夫参院議員(当時)がI氏からイラク行きを知らされて「リスクが伴うのは承知で行くのだから、激励も止めもしなかった」ことを知って呆れたなあ。開いた口が塞がらなかったよなあ。

 <http://www.tamurano.com/column2/column2-39.htm>

 イラク戦争も終結して劣化ウラン弾の放射線による健康被害など存在しないことがいよいよ明らかになった現在、劣化ウラン反対を叫んでいた人たちが何の責任を取ることもなく、今度はオスプレイ反対を叫ぶのだ。

 (ウランは科学的な毒性をもつ重金属である。だから決して人体に対して無害ではない。ただ、ウランだから放射能が!というのは明らかなマチガイだということ)

 本日は校区内の少年ソフトボール大会。明け方に酷い雨が降って(この時に亀が逃げたのだ)開催が危ぶまれたのだが、午前7時半の集合時間にはなんとかやんでくれた。それでもグラウンドのあちこちには水溜りが残っており、スポンジに水を吸い取らせる等の作業が必要であったが。

 とりあえず準備はできたものの、いつまた雨が降り出すか予断を許さない。元々、参加チームが4つという状況であったのだが、総当りリーグ戦を急遽トーナメントに変更。三試合を行ってなんとか優勝チームを決めたのであった。しかし、決勝戦最終回で振り出した雨で私達はずぶぬれ。さらに後片付けでいよいよびちゃびちゃになってしまった。

 午後2時半に片付けを終えて帰宅。さっとシャワーを浴び、仕事に復帰する。

 食ったもの、朝飯にコンビニのオニギリ3個。昼飯は弁当。夕食は近くの中華料理屋からの出前。餃子、鶏から揚げ、海老から揚げ。付け合せにキャベツがたっぷり。ビール2缶飲む。

 その後、シアタールームにて『カンフー・サイボーグ』の続き。なんとか、模倣の中から新しいものを創り出そうという意気込みは買うけれども、やっぱり、つまらなくってね(笑)。あのとってつけたようなラストもあまりにテキトーで途方もなくがっかりさせられた。

 画質はまったく評価できず。低解像度でもったりとした映像である。画面破綻の多さにもがっかりだ。音声はステレオ。こっちは意外とがんばっていた。もちろん、低音の迫力など望むべくもないけれども、きちんと要所、要所でサラウンドしてくれる。

 シャワーを浴びてお酒。疲れていたのであっという間に眠くなり午後11時過ぎに寝てしまった。

|

« 7月13日(金) 短小マスター | トップページ | 7月15日(日) 短小産み分け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月14日(土) 「短小商店会」:

« 7月13日(金) 短小マスター | トップページ | 7月15日(日) 短小産み分け »