« 7月20日(金) 船底をがりがり齧る春の写メ | トップページ | 7月22日(日) 「ケンチャナヨチャコちゃん」 »

2012年7月22日 (日)

7月21日(土) 船底をがりがり齧るハルシオンの鮫

 どんな鮫だ。唐突に思ったこと。『コクリコ坂から』を見て、吉永小百合、浜田光夫の日活映画を強く想起したのは、ひとえに「戦争の痕跡が日常の中に色濃く存在する世界」だったからだな。太平洋戦争というと、すぐに特攻隊だの、戦艦大和だのというテーマが取り上げられるけれども、本当の戦争というものを伝えてくれるのはこうした日常の出来事だったりする。

 うん、ゴロちゃん、意外とやるじゃん。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー牛乳。昼飯は抜き。食いしん坊の私がどうして昼飯を抜いたのかというと、それは本日が屑の会、7月例会であるからだ。しかも獅子児さん 栄転の送別会で驚異のダブルヘッダー、午後5時から宴会開始だったからだ。

 第一の舞台はすし幸ビアガーデン。2,600円の90分コースだ。○○ビル屋上のビアガーデンとは違って握りたての寿司が食えるという実にデラックスなビアガーデン。いやいや、寿司だけではないぞ、各テーブルに炭火のコンロまで置いてあって肉や海産物をジュージュー焼いて食えるのだぞ。ああ、殻付ホタテまであるぞ、ひいいい、バ、バターまであるじゃないか。ホタテにバターを落として焼いて醤油をちょいとかけるともうたまらん。なんという美味しさか。殻に焦げ付いた身もこそげ落としてちびちび食べると貧乏臭いが実に良い酒のツマミとなる。寿司もネタはたいしたことがないのだが、適切な量の練りわさびの安っぽい辛さがたまらない(けなしているのではない、本当に誉めているのだ)。橋でつまむとぼろりと崩れるシャリもご愛嬌(笑)。

 飲み物はビール、ビール、ビール。午後5時だから、日が高い。つまりは非常に蒸し暑い。かてて加えてそこに各テーブルにおかれたコンロから熱気が後から前から押し寄せるのだ。ビールを飲まなければこの非国民が!とかこのアカめ!とか鳩山かお前は!と言われて投獄されかねない状況なのである。ビールがいつもの10倍の美味しさであったと言っても過言ではないのである。

 生ビールを5~6杯飲んでしまいました。仕上げにハイボールも一杯飲んでしまいました。

 午後6時半に第一ラウンド終了。そこからタクシーで馬え田に場所を移して第二ラウンド開始。でこぽんさん、でこぽん奥さん、でこぽん息子も加わって宴はたけなわ。といいつつ、さすがに一杯は食べられません(笑)。馬レバ刺し、フタエゴ刺しをつついたぐらいでもっぱら焼酎水割りを飲んでいました。

 べろんべろんに酔ったので後半の記憶は記憶があいまいである。たしか、獅子児さんの今後の活躍を祈念して胴上げしようとしたら人数が足りなくってできなかったとか、ぴんでんさんとラーメン屋に行って餃子一皿とでビール飲んでラーメン+替玉を食ったとか、歩いて帰ろうとしたら犬のうんこ踏んづけたとか、なんかいろいろあったような気がするが定かではない。

 タクシーで帰宅。どこんとベッドの倒れこみすぐに眠りの世界へ直行した。

|

« 7月20日(金) 船底をがりがり齧る春の写メ | トップページ | 7月22日(日) 「ケンチャナヨチャコちゃん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月21日(土) 船底をがりがり齧るハルシオンの鮫:

« 7月20日(金) 船底をがりがり齧る春の写メ | トップページ | 7月22日(日) 「ケンチャナヨチャコちゃん」 »