« 7月22日(日) 「ケンチャナヨチャコちゃん」 | トップページ | 7月24日(火) ウルティマの星 »

2012年7月24日 (火)

7月23日(月) 『ケンチャナヨ無頼帖 抜き射ちの竜』

 と学会のイデオロギー駄洒落。赤木圭一郎の拳銃無頼帖シリーズが韓国でリメイク!実は新居には冷蔵庫がない(笑)。置くスペースといや、これがまあ、第一なのだけれども、お金がないのである。酒を飲むときは近くのコンビニで調達すればいいのだが、飲まない日はちょっと困る。夜中に起きて冷たい水で喉を潤すということができないのだ。そりゃ、水は出ますよ、台所でも洗面台でも、いざとなればトイレの手洗いでも(笑)。でも当然ながら水道の水は生ぬるくて不味い。じゃあ、ミネラルウォーターはどうかと思ったけれども、この季節にこの生ぬるさはやっぱりしんどい。

 何かいい方法はないかと考えていたのだが(ホームセンターでクーラーボックスを買ってくることまで考えた)、やっと解決策が見つかった。コンビニで売られている氷結させたお茶だ。これなら朝まで冷たいお茶が飲める。お値段も157円程度だから、そう懐に響くこともない。ああ、良かった、良かったと思ったのですが・・・、このお茶、恐ろしく味が濃くてねえ。苦味もきついのでがぶがぶ飲むと余計喉が渇くような気がするくらいだ。でもまさか、氷結のカルピスウォーターなどを飲む訳にもいかない。歯にも悪いし、なによりメタボがますます進行しそうだ。

 氷結のミネラルウォーターがあれば一番良いのだが。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、コンビニで調理パンとコーヒー牛乳。昼飯にサンポー焼き豚ラーメン。夕食はまた出来合いの寿司と生野菜。ビール2缶飲む。

 その後、シアタールームにて随分長いことほったらかしにしていた邦画『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』(日本映画専門チャンネルHD録画)を最後まで。この映画は半年ほど前、途中でいたたまれなくなって視聴を中止してしまった経緯がある。その後もなかなか見る気になれなかったのだが昨晩、やっと勇気を振り絞って視聴を再開した次第。

 原作を読んでおらず、また前述のような観賞形態だったので、評価は差し控えさせて頂く。ただ、ラスト近くで「うそ」の意味が分かると同時に、事件の全貌がぱっと明らかになる鮮やかな展開の仕方は最近の邦画らしからぬ上手さといえよう。

 ハイビジョン画質は日本映画専門チャンネルには珍しく抜けのよいハイコントラストの映像。ただ、暗部はもやついているし、何より画面破綻が酷い。音声はAACステレオ。フロント、リアがきちんと分離しており、背後からの台詞が明快に定位する。

 その後、シャワーを浴びて自炊作業。

 終了後、WOWOWハイビジョン録画の『ピラニア』(笑)などをまとめてダビングしたりする。

 就寝午前2時半過ぎ。

|

« 7月22日(日) 「ケンチャナヨチャコちゃん」 | トップページ | 7月24日(火) ウルティマの星 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月23日(月) 『ケンチャナヨ無頼帖 抜き射ちの竜』:

« 7月22日(日) 「ケンチャナヨチャコちゃん」 | トップページ | 7月24日(火) ウルティマの星 »