« 7月2日(月) 「巨泉のクリトリスダービー」 | トップページ | 7月4日(水) 『くびれないの豚』 »

2012年7月 4日 (水)

7月3日(火) 『オキュパイバレー』

 大飯をオキュパイして再稼動を阻止したらおっぱい見せてあげる!なんだ、この駄洒落は(笑)。ウォーターランドタブ スモールサイズをアメリカのショップに注文。うししし、これで一週間あれば届くわい、送料含めたって国内販売店の約半額じゃわいと喜んでいたのですが、注文から一夜明けた今日、メールが届きました。

 「すんません、このタブのサイズが大きすぎて日本に出荷できませんよって注文をキャンセルさせて貰います。もちろん、代金の引き落としもありません。どうか堪忍してください」だって。

 あー、もうだったら注文時に弾けよなあ、なんだよう、ぬか喜びさせやがって。

 もう一回アマゾンからミニサイズのタブを買うか、それとも当初の予定通りジャンボプラ舟みたいなものをつかうか。さあ、どうしよう。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食べたもの、昼飯に残り飯を使って作った炒飯。飯の量に比して玉ねぎが多すぎたのか(およそ半個)、大変に玉ねぎくさい炒飯となった。まあ、私の料理の腕なんざこんなもんですよ。なお、この炒飯は仕上げに「花のズボラ飯」の教えどおりにめんつゆを使っている。そのおかげで玉ねぎくさい炒飯でも結構食えるのであった。

 夕食は鰤の刺身、生野菜、豚ならぬ肉団子を使った酢豚。珍しくビールは飲まずに完全禁酒。ならばゴハンを2膳と思ったのだが、食欲が今ひとつ。これまた珍しいことに一膳で終わってしまった。

 その後、シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『ウソから始まる恋と仕事の成功術』を見る。ウソという概念を持たぬまま進化した人類という架空世界を使って、ひょんなことからウソをつく能力を会得した男が、いつのまにやらキリストの役目を担わされるという発想が秀逸。

 目前の死に怯える母親を慰めるためについつい「誰もが幸せに暮らせる死後の世界」をでっち上げてしまった男。全世界はこれを「ウソ(というよりは想像力か)を持たぬ人類」ならではの熱心さで信じ込むのである。大衆にせがまれて一晩で「聖書」みたいなものを作り上げた男。彼に浴びせられる細かな質問のひとつひとつが初歩的ながら、かなり的を射た宗教問答になっているのが本当に上手い。

 一般的にはあまり語られることのない「宗教大国」としてのアメリカの姿をこの映画は見事に具現化してみせたと言えよう。。

 ハイビジョン画質はややノイジーながら見るものを引き込んでしまうような奥行き感を体験させてくれる。音はAAC5.1チャンネル。リアチャンネルは背後を行き交う車の音をきちんと表現してくれた。してみると、以前感じたプロジェクター台による悪影響は気のせいであったか。

 その後、今までちびちび見ていたチャンネルNECOHD録画の『山田村ワルツ』を最後まで。過疎の村で女に飢えた青年団と彼らに嫁をあてがおうと画策するオヤジたち。今ではあまり見られなかった「村の青年団」コメディだ。そのアイデア自体はまあ、たいしたことがないのだが、集団見合いのシークエンスで繰り出される悪意が籠もっているとさえ思えるギャグの数々がいい。

 どんなブス、人三化七でもOKなので全国から彼氏がブスな彼女を捨てに来るとか、集団見合いで暴徒と化して青年団を追い回すブスの女達とか、いいのか、これ(笑)。

 美貌の女性作家(小沢なつき!)の村、自然化運動(村の電気製品を全てぶっ壊すみたいな奴)に惑わされて外部との接触を立つためにトンネルを爆破する青年団。この爆発がとてもこの規模の映画とは思えぬほどの凄さで、思わず「上手い」と手を叩いてしまった。

 実際の火薬量などはたいしたことはないのだろうが、カメラアングルや爆風・爆煙の使い方で爆発を大きく見せているのである。

 この映画は液晶テレビ ブラビアEX32にて観賞。よって画質・音質の評価はなし。

 シャワーを浴びてパソコンを弄る。あのデータを映したり、電子書籍の新規分を他のHDDに移したり。

 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動。「総天然色 ウルトラQ ゴーガの像」を見る。やはりこのカラライズは飛行機や車といったメカ描写に絶大な威力を発揮する。冒頭 羽田へ到着する旅客機、謎のエージェントや万城目たちが乗り回すスポーツカーなど、あまりにもリアル。特に後者ではボンネットへの風景の映り込みまで丁寧に彩色されている!

 女エージェントを演じた田原久子の衣装もカラライズによってより印象的になった。あのなんというんでしょうか、体にぴったりしたチャイナドレス風スーツなど金色で何だか、とってもSHADOしています。ワンダ・ベンサム演じるバージニア・レイク大佐みたいです。

 終了後はだらだらとテレヴィ。就寝午前2時過ぎ。

|

« 7月2日(月) 「巨泉のクリトリスダービー」 | トップページ | 7月4日(水) 『くびれないの豚』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月3日(火) 『オキュパイバレー』:

« 7月2日(月) 「巨泉のクリトリスダービー」 | トップページ | 7月4日(水) 『くびれないの豚』 »