« 9月1日(土) スペースジョッキー系男子 | トップページ | 9月3日(月) 文鮮明のカステラ »

2012年9月 3日 (月)

9月2日(日) 「天皇の李 承晩」

 竹島奪還駄祈願洒落。オスプレイの中小事故率は平均より多い、だから危ない!<http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-08-12/2012081201_01_1.html>という主張が一部でなされている。しかし、その事故が具体的にどのようなものになるかというと・・・。

 オスプレイの海兵隊MV-22B事故リスト(クラスC 損害額5万ドル以上20万ドル未満で作業員が1日以上従事できなくなった事故 2006年11月より2011年12月6日まで 22件)

 ○2008年 エンジンナセルのブロワーが故障 
 ○2008年2月5日 整備作業で左エンジンナセルの角度を変えている時にプロップローター・ブレード一枚を損傷 
 ○2008年3月14日 飛行訓練のため右エンジンを始動した際に出火 海兵隊員2名が病院へ搬送 
 ○2009年9月30日 駐機中に膠着装置が引き込まれる 
 ○2009年7月18日 飛行後点検中に中央翼火災警報装置と主翼及びプロップローターブレード折り畳み警報灯が点灯 
 ○2010年3月25日 昼間の飛行訓練中にハードランディング 負傷者あり 機体に大きな損傷なし 
 ○2010年5月18日 夜間訓練飛行時に未舗装面着陸で機体に損傷を受ける 
 ○2010年7月13日 飛行訓練中にブラウンアウト状態となり着陸時に左エンジンナセル底部 左主脚に損傷 
 ○2010年7月21日 地上での整備作業中にエンジンナセルの点検プラットフォームから整備士が落下、負傷 
 ○2010年11月1日 地上での整備作業中にエンジンナセルの点検プラットフォームから整備士が落下、負傷(またかい!) 
 ○2010年11月9日 夜間訓練飛行中、視界を落としての着陸訓練時に前脚を損傷 
 ○
2010年12月3日 夜間整備時に整備士がエンジンナセルから落下。 
 ○2010年12月16日 昼間訓練飛行時に前脚、前方監視赤外線装置を損傷 
 ○2010年12月21日 昼間訓練飛行中にプロップローターのスピナー・ドームが落下 
 ○2010年12月25日 昼間飛行訓練中に未舗装ゾーンへ激しい着陸をしたため機体を損傷 
 ○2011年4月14日 整備のために地上でエンジン角度変更中に火災が発生 
 ○2011年5月2日 整備作業中に駆動システムに損傷 
 ○2011年7月22日 エンジンナセルに立てかけてあったはしごが倒れ回転中のプロップローターにぶつかる 
 ○2011年8月5日 昼間の特殊パトロール進入/離脱作戦訓練中に海兵隊員が負傷 
 ○2011年8月5日 降着装置上げ状態のまま着陸 
 ○2011年8月27日 整備作業中に駆動システムに損傷

 <Jウィング 2012年10月号 48、49ページ>

 22件のクラスC事故のうち、重大事故につながる可能性があったのは2件のエンジン火災と2010年12月の飛行中のスピナードーム落下ぐらいだろうか。この事故事例をもって、オスプレイが危ない航空機であると言うのはさすがに無理があるというものだ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に小笹飯店で鳥味噌定食。夕食は事情があってコンビニ飯。枝豆、酢もつ、レトルトの豚肉しょうが焼き。後は冷蔵庫にあった生野菜、オクラと山芋の和え物。すげえ野菜ばっかりだ(笑)。ビール2缶飲んでゴハンを一膳。

 その後シアタールームにて『ゴーストライター』の続き。主人公のユアン・マクレガーに特定の名前を設定せず観客に普遍的な視点を与えるテクニックや巧みな会話術などどれをとっても一級品。特に道路に原稿が舞い散るラストは鳥肌がたってしまったほどであった。

 ただ、ストーリーそのものは「まぬけな陰謀論映画」の域を一歩も脱してはいない。奥さんを通じて優秀な人材を政界へ送り込み首相にまで出世させ(笑)、アメリカの国益になるような決定をさせるというのはいかにCIAといえども遠大すぎるというもの。それにそんなヤバい秘密があるのなら、ゴーストライターをやとって自叙伝書かせるな。前任者を秘密を守るために殺しておきながら、2人目(ユアン・マクレガー)を雇わせるなどどうかしている。

 戦慄のラストも実際の手順を考えたらもうギャグにしかならない。CIAがユアン・マクレガーをずっと監視していて(でも重大な秘密が隠されているはずの原稿の行方は気にしない)、それ、奴が秘密に気づいたぞ!と外でずっと待機していた車に連絡。そして外に出てきたマクレガーを跳ね飛ばす。あー、面倒くさい(笑)。

 そんな手間を掛けるのだったら、最初からブチ殺してしまえという当然至極のツッコミから逃れるのはいかに才人 ロマン・ポランスキーと言えども容易ではなかったようである。

 ハイビジョン画質は良好。落ち着いた暗部が好ましい。音声はAACステレオ。やっぱりBGMの音がいいなあ、このところ急にWOWOWハイビジョン映画の音質が良くなったと感じるのは気のせいだろうか。

 シャワーを浴びてお酒。電子化した漫画をへれへれ読みながらハイボールを飲んだ。就寝午前1時過ぎ。

|

« 9月1日(土) スペースジョッキー系男子 | トップページ | 9月3日(月) 文鮮明のカステラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月2日(日) 「天皇の李 承晩」:

« 9月1日(土) スペースジョッキー系男子 | トップページ | 9月3日(月) 文鮮明のカステラ »