« 9月24日(月) 「1・2の安保!! 」 | トップページ | 9月26日(水) カインとアベする »

2012年9月27日 (木)

9月25日(火) 「剽軽の自由」

 これまた民主主義の根幹なり駄洒落。図らずも数週間(ぐらい)ゴキブリと同居することになったマルギナータリクガメ。ゴキブリの影響によって体調が悪くなったのではないかと心配していたが、今のところ特に異常は認められないようである。いや、何しろ、中学生の頃、図書館で借りた高田榮一氏(元椎名誠の上司)の本にこんなエピソードがあったのだ。

 動物園で飼育されていたゾウガメの体調が急速に悪化。なんと、腹甲の隙間からゴキブリが入り込んで肉をむさぼっていたのである。腹甲をはがすと無数のゴキブリがわらわらと・・・。これと同じことが起こらなくって、ほら、亀というのはのんびりしていてぼけーっと寝ているから手足を齧られたりしそうだから、本当に良かった。これからはもっと気をつけますので、このだらしない飼い主をどうか許してくださいな。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に「小久保」という新規開店のラーメン屋で豚骨ラーメン+おにぎりで500円のランチ。もちろん、これで足りるはずもなく替え玉100円しましたよ。この「小久保」のラーメンは意外に出来が良い。麺は加水率の低いぽきぽきした極細麺で私の好みにぴったりだし、スープにもいやな臭みなど一切無い。ちょいと上品すぎるかなとも思われたけれどもこれはカウンターに常備してあるラーメンのたれを入れれば大丈夫。

 ただ、気になったのは午後12時半過ぎという時間だったのにも関わらずお客が私一人だったこと(笑)。心配だなあ、こんな好みのラーメン屋は繁盛して欲しいのだがなあ。

 夕食は秋刀魚、かつおの刺身。生野菜、がめ煮。秋刀魚はしょうが醤油で、カツオは戻り鰹の強烈な脂に対抗するためにわさび醤油+マヨネーズで。どちらも大変に美味しかった。鰹はめんつゆに漬け込んだ奴(途中で醤油が足りなくなってしまったんですの)をお茶漬けにするとちょっと生臭かったけど(笑)これまた美味かった。

 その後シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『ザ・ウォード/監禁病棟』を見る。ジョン・カーペンター 10年ぶりの新作は精神病院の監禁病棟(つまりとびっきりの○○○イを収容するところ)に巣くう“何者か”を描いたホラーである。

 まあ、オチは早い段階で分かってしまうものの、いや、あれだけ餌を撒かれたらどんなに鈍い俺だってさすがに分かりますよ(笑)、監禁病棟に収容されているのが一人を除いてみんな美少女というのが宜しい。この人たちはアレなのだけれども(○○人○)、それぞれにしっかりした性格付けがなされており、物語世界をより複雑に、面白くしてくれる。

 あれがどーん、どーんと現れる古風なホラー演出にはうんざりさせられたけれども、これだけ派手なことをやりながら「謎めいた雰囲気」を最後まで持続させてしまうのが、カーペンターの職人芸というやつか。

 ハイビジョン画質は良好。これでもう少し黒が沈んでいればブルーレイも顔負けとなっただろう。音声はAAC5.1チャンネル。どーん、びくっ、どーん、びくっの繰り返しが大変に心臓に悪いドッキリサラウンドであった。

 シャワーを浴びて読書。荻原浩 「屋根裏のちよ」を読了。でも押入れからおかっぱ頭で着物の少女が出てきたら、やっぱり怖いよな。つまみの残りのビーフジャーキーを盗み食いしたり、飲んでいたカルピスウォーターを驚いた拍子に噴出したりが可愛い!なんて描写をされているけれども、そんなのじゃおっつかないよ。

 午後11時半からプロジェクターを再起動。二谷秀明、宍戸錠、浅丘ルリ子の『アジア秘密警察』を一時間ほど。奇妙なアクセントの日本語をしゃべる宍戸錠がいい。二谷の罠に掛かって爆死した女に「女が死んだ、私におびえているばかりの女が死んだ」と呟くのにしびれた。この存在感はやっぱり二谷秀明を完全に食ってしまっている。

 就寝午前3時半過ぎ。

|

« 9月24日(月) 「1・2の安保!! 」 | トップページ | 9月26日(水) カインとアベする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月25日(火) 「剽軽の自由」:

« 9月24日(月) 「1・2の安保!! 」 | トップページ | 9月26日(水) カインとアベする »