« 10月11日(木) 『かりんとうの道』 | トップページ | 10月13日(土) 私のカリートは左利き »

2012年10月13日 (土)

10月12日(金) カリートの車に乗って

 映画『カリートの道』駄洒落第二弾!さて、いよいよ明日から『宇宙戦艦ヤマト 2199 第三章』のイベント上映が開始される。今回は私も劇場に見に行くつもりである。当初は、初日の夜にどどーんと押しかけて熱血鑑賞(なんだ、それは)、そのコーフンと共に酒を飲みぐたんと寝てしまう。そして、翌日の午前6時に起床して体育委員として校区の体育祭に参加する。いささかハードスケジュールだが、ヤマトを見たコーフンで乗り切れるさ・・・と思っていたのだが、さすがに年のことを考えてやめました。5年前ならいざ知らず、現在のこのよぼよぼの体でこんなことをやれば「デス!」になるのは目に見えている。もうこんな無理なことは考えずに来週の月曜か火曜の夜に見に行くつもりだ。
 
 確かに一刻も早く見たいけれども「デス!」は困りますからな。

 『魔法少女まどか☆マギカ』 レンタルDVDで見逃していた第一話を、そしてアニマックス放送の第7話を連続鑑賞。第7話はプロジェクターを作動させて大画面で見たぞ。放送形態の限界ゆえ、ブルーレイと同じとはとてもいかないけれども、なかなか綺麗だったぞ。その分、これからの悲劇の予感がひしひしと胸に迫ってきて、ちょっとまいったぞ。まさか、「人魚姫」ネタなんかじゃないよね。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。昼飯にゆきみ家で味噌ラーメン+ミニカレーのセット。美味い、美味いのだが、ミニカレーセットになると私の食欲限界のすれすれにまで達してしまう。ここはやはり小ゴハンで止めておくべきであった。夕食は鰹の刺身、すき焼き。本日もまたビール飲まず。2日続きの休肝日は久々。その分、張り切ってすき焼きを食べたらすぐに腹いっぱいになり無念なことにゴハンまでたどり着けなかった。

 その後シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『宇宙飛行士の医者』を見る。これはもうはっきり言ってしまえば観念劇。科学の最先端たるソ連のロケット基地はぐしゃぐしゃのぬかるみで、近代的なものを何も感じさせないバラックのような建物である。おまけに近くには元刑務所があって、取り壊しのために放火されたりしている。酷いことに付近に巣くっていた犬は「邪魔だ」というので次々に射殺されていく。もう、明らかに科学の美名の下ライカ犬を無理やりカプセルに乗せて宇宙へ打ち上あげたことに対する皮肉だね、これは(笑)。

 そして主人公たる医者は「危険な宇宙開発に疑問を持っている」とされるが、やたらに悩むばかりであまり仕事をしない。現地妻を作ってよろしくやっていたが、物語中盤でモスクワから妻がやってきておろおろしたりもする。そして悩みに悩んだ挙句、体調を崩してロケット打ち上げの日に唐突に死んでしまうのだ。

 このロケット基地、ひいてはロシアの宇宙開発、そして医者が置かれた立場を煉獄的な状況として描かれている。ガガーリンによる有人宇宙飛行の成功、そして医者の死は強引な宇宙開発による犠牲という罪の浄化なのである。ただし、この浄化の果てにある天国は文字通りのそれではない。米ソの冷戦にいたる地獄への扉なのだ。

 ハイビジョン画質は大変にグレイニー。ただ、白夜の広大な湿地を陰鬱に描いた映像はすばらしい。もう見ているだけで気が滅入ってくる(笑)。音声はAAC5.1チャンネル。上空を旋回するヘリコプターの存在感がピカイチであった。

 その後、前述の如く「まどか☆マギカ」を見たのである。ところで、まどかちゃんは最初っから出ているけれども、マギカちゃんはいつ出てくるんかいのう。

 シャワーを浴びてだらだらとテレヴィ。午前2時過ぎにベッドに入ったのだがどうしたことか眠れない。テレヴィの前ではうつらうつらするくせにベッドに入ると目がさえてしまう。ベッド、テレヴィの往復を何回か繰り返すうちに午前4時過ぎにようやく眠れたのだがそれでも午前6時過ぎには目が覚めてしまったという・・・。なんだか恐ろしく長い夜だった。

|

« 10月11日(木) 『かりんとうの道』 | トップページ | 10月13日(土) 私のカリートは左利き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月12日(金) カリートの車に乗って:

« 10月11日(木) 『かりんとうの道』 | トップページ | 10月13日(土) 私のカリートは左利き »