« 10月13日(土) 私のカリートは左利き | トップページ | 10月15日(月) 初夜の梅酒 »

2012年10月15日 (月)

10月14日(日) 医者の不夜城

 インフルエンザが流行っていた時のウチの前の小児科がまさにこんな感じだった。さて、本日は校区体育祭である。午前6時にふがふがと起きてシャワーを浴びて身支度をこしらえる。そして事務所でコーヒーを一杯飲んで大きくため息をついてから(笑)出動。午前7時の集合のち、直ちに準備に取り掛かる。延々とパイプ椅子を運んだり、延々とテーブルを運んだり、延々と平均台などの用具を運んだり、とにかく延々づくし。準備が終わって開会式のあと、恒例のラジオ体操が行われるのだが、もうこの時点ですでに体が悲鳴を上げているという(笑)。

 実際の競技が開始されるとその悲鳴を上げている体に今度はさらに「腰の痛み」という大問題が降りかかってくる。オレはもう紛うことなきおじいさんだ、コンチクショー。

 まあ、そういう私の心の叫びに関係なく(笑)淡々と体育祭は進行する。今年は子供の数が少ないためか、掛け持ちでさまざまな競技に出ている児童がいて、「いったいいつまでやればいいんだろう」とボヤいていた。私は親切にもその児童に答えてやった。「それは君が血を吐いてぶっ倒れるまでさ」 児童は私の明快なる答えに大変な感銘を受けたようで目に涙を浮かべていた。

 昼飯はまあ、弁当。今年はお茶の数が少なく面倒くさかったのでお茶なしで詰め込む。そして休憩時間を利用して家に戻り缶コーヒー 無糖でのどを潤した。

 午後1時から競技再開。曇り空で暑さはさほどのことはなかったのだが、参ったのは砂埃。入場紋に集合した児童が砂遊びをしたり足でけったりするからである。あまりにも酷かったので「××の×××をナイフで×××ってその×で地面を濡らし砂埃がたたなくなるようにしようか」と思ったくらいであった。

 そして午後3時半、ついに体育祭終了。それからまたつらいつらい片付け(笑)。朝からの労働でくたくたになった身でテントの骨組みを運んだ時は体がばらばらになるかと思ったほど(ウソ)、あ、指が2本抜けちゃった(やっぱりウソ)。

 片づけを終了してから恒例の打ち上げ。近くの中華料理屋で生ビールをぐいっとやり、ハイボールをぐいっとやり、餃子やマーボーイカ、皿うどんなどを食べまくる。午後6時すぎにお開きとなって帰宅。酔いと疲れで服を脱ぐのがやっと。体育祭が終わってホッとしたから明日に備えて「宇宙戦艦ヤマト 2199」を見るかなどと思っていたのだがソファに座るなり寝てしまったらしい。

 ハッと気づくと午前一時。さすがにこんな時間から「ヤマト」もなかろうとそのままベッドへ直行。再び眠り込む。

|

« 10月13日(土) 私のカリートは左利き | トップページ | 10月15日(月) 初夜の梅酒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月14日(日) 医者の不夜城:

« 10月13日(土) 私のカリートは左利き | トップページ | 10月15日(月) 初夜の梅酒 »