« 10月3日(水) アニメニモマケズ | トップページ | 10月5日(金) 『ドンキーコング対ゴジラ』 »

2012年10月 5日 (金)

10月4日(木) 真珠郎と真珠郎まいと

 犯人は由美である。ネタバレ駄洒落。昔、読んだベーブ・ルースの伝記に彼のホームランによって足の不自由だった少年が歩けるようになったというエピソードがあったと思う。だが、それ以上の記憶がどうにもあいまいで、何がどうなって少年が歩けるようになったのか良く分からないのである。

 ベーブ・ルースが入院中の少年を見舞い、「次の試合で君のためにホームランを打つよ」と約束。ベーブ・ルースはその約束どおり次の試合でホームランをかっ飛ばした。大喜びの少年は興奮のあまりいつの間にかベッドから立ち上がっていたのだ!であったか、

 それとも、少年がお医者さんの許可をようやく貰って憧れのベーブ・ルーの試合を外野スタンドで観戦。果たしてベーブ・ルースがホームランをかっ飛ばした。美しい弧を描いた打球は偶然にも少年の頭を直撃。少年は気絶してしまう。病院へ運ばれ手当てを受ける。ベーブ・ルースも心配そうに付き添っているぞ。そして手当ての甲斐あって少年が意識を取り戻した。彼は目の前にルースがいることに気づいて仰天、思わずベッドから立ち上がったのだ!どうやら、直撃した打球が少年の脳に影響を与え麻痺していた足が動くようになったらしい、であったか、

 皆さん、覚えていらっしゃいますか。いや、ネットで調べればすぐ分かると思うのですが、それではちょっと面白みがありませんので。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのカレーパンとコーヒー牛乳。昼飯は冷凍のさぬきうどん。出来上がったところに昨日の残りのカレーを入れてずるずる。ウウーム、カレーが薄かったせいか、それほどカレーうどんらしくならなかったなあ。

 夕食は鯛とイカの刺身、出来合いのコロッケ、生野菜たっぷり。ビールを2缶飲んでイカの刺身でゴハンを一膳。

 その後シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『ランパート 汚れた刑事』を見る。ベトナム戦争のPTSDを言い訳に(笑)犯罪者相手に必要以上の暴力を奮い、必要とあらば命を奪うことさえ辞さない男。そして離婚した妻の妹と再婚、なぜか、前の妻とその娘、今の妻とその娘を一軒家に住まわせているという奇妙な私生活を考え合わせると、これは悪徳警官というよりも一般社会からはみ出した男という方が適当ではないかと思われる。この男は自分がはみ出したことにより一般の人間より上位にあると思い込んでいるのだが、その実、自分が陥りかけている孤独と絶望に気づいていない。

 映画は男が内部監察班(アイス・キューブはさすがに似合わないと思う)に追い詰められていくさまを苦いユーモアを交えて描き、八方塞の状況に追い込んでいくことで「本当の絶望」というものを浮き彫りにしていくのである。自業自得ではあるけれども、この「世界のどこにも自分の居場所」がない状況は想像が及ばぬほど恐ろしい。

 ハイビジョン画質は良好。深い闇とカリフォルニアの馬鹿陽気な晴天という二つの相反する映像を苦もなく描き分けて見せるのは立派。ノイズも少なく非常に画面の見通しが良いのも好印象。音声はAAC5.1チャンネル。街中の生活環境音の描写がぴか一。私のシアタールームがいながらにしてLAに変貌する!

 シャワーを浴びてプロジェクターを再起動。WOWOWハイビジョン録画の『アパートの鍵貸します』を1時間ほど。その後はだらだらと読書。就寝午前2時半過ぎ。

|

« 10月3日(水) アニメニモマケズ | トップページ | 10月5日(金) 『ドンキーコング対ゴジラ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月4日(木) 真珠郎と真珠郎まいと:

« 10月3日(水) アニメニモマケズ | トップページ | 10月5日(金) 『ドンキーコング対ゴジラ』 »