« 10月8日(月) うなぎのガガ焼き | トップページ | 10月10日(水) 「サスペンス1999」 »

2012年10月11日 (木)

10月9日(火) 練馬が夜空に光ってる

 スペクトルマン駄洒落。いや、これはさすがに分かりにくいだろう(笑)。ベランダ飼育していたホルスフィールドリクガメだが、やっぱり餌をくわん。水槽飼育の時よりもっと食わなくなった。荒療治と思ってウォーターランドタブから出してベランダを歩き回らせてみたけれどもこれでも食わん。さすがに心配になって水槽飼育に戻したらぱくぱくとは行かないけれどもちょこちょこと餌を食ってくれるようになった。ウーン、お前は人が見ていないと餌を食わんのか。

 もうこのまま水槽飼育を続けるつもりなのだけれども、残ったウォーターランドタブをどうしようか。冬眠するタイプの水亀を新たに購入して飼うことにしようか。でもリクガメ用に土をいっぱい入れているからなあ。この処理がまた面倒くさそうなんだよなあ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。昼飯はある蕎麦屋でミニざるとカツ丼のセット。ここの蕎麦は意外に美味しいのだが、なぜかつゆがやたらに辛かった。途中で蕎麦湯を入れて味を調整しなければならなかったほどであった。この店でこんな体験は初めて。味のブレなんていうものを大きく逸脱している。

 夕食は鯛の刺身と鶏の鍋。ビール2缶飲んでゴハンを一膳。

 その後、シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『少女たちの羅針盤』を見る。うーん、ううーん、オレは不思議だ。なぜ半そでの女子高生たちの中にコートを着ている女がいてアリバイ工作のためにポケットに手を入れて何かをもぞもぞやっているというアホな映像が許容されるのか。なぜ、一応はローカルタレントなのにあんなに暇なのか。売れていないというのは分かるけれどもなんであんなにどこにでも顔を出せるんだ。おまけに凄くマメでネットで荒らしもしちゃうし、自分で警察に通報したりもするぞ。。

 誰か、カントク、これはおかしいっすよと言わなかったのか。

 少女たちの劇団が"伝説”になる件もその過程を丁寧に描いていないか非常にウソくさい。寂れた商店街でストリート演劇をやったら評判になる。まあ、ここまではいい。でも一回の挫折もなくとんとん拍子で出世(というのか)大きな演劇コンクールに招かれてスタンディングオベーションというのではご都合主義にもほどがある。メンバーの一人を中学時代にいじめていた女たちも一回登場したっきりっであとはまったく関係なしというのには心底あきれてしまった。

 唯一、良かった点は成海璃子がかなりすっきりとしていたこと。うん、太い、まだ太いのだけれども少なくとも走る場面の効果音が「タタタッ」になった。2009年の『罪とか罰とか』ではあんまり太っていたので「タタタッ」じゃなくて「ドスドス」というイメージだったからな(笑)。

 それでも劇中劇で彼氏にラーメンを誘われて「うーん、カロリーが」と悩む成海璃子に、「うん、君はカロリーに気をつけたほうがいい」と大きくうなずいてしまったけれども。

 ハイビジョン画質は良好。特に暗部の”黒さ”が印象的。音声はAACステレオ。5.1チャンネルに負けないくらいサラウンドしてくれる。これでフロントとリアの音場の繋がりがもう少し緊密であったら満点だったのだが。

 シャワーを浴びてだらだらと読書。午後11時半からプロジェクターを再起動させて『妖星ゴラス』の続き。あの南極基地建造場面に息を呑んでしまった。ハイビジョンであらが出るどころか、ミニチュアのディテールが良く見えるために実写・特撮の区別を越えた"凄み”が感じられる。南極ロケットの炎、海水の奔流などでどうしても画像が破綻してしまうけれども、この"凄み”はDVDでは絶対に味わえないものであろう。

 金井が記憶を失ってぼうっとなったところで終了。楽しみはなるったけ引き伸ばさないとなりませんからな。

 就寝御膳2時過ぎ。

|

« 10月8日(月) うなぎのガガ焼き | トップページ | 10月10日(水) 「サスペンス1999」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月9日(火) 練馬が夜空に光ってる:

« 10月8日(月) うなぎのガガ焼き | トップページ | 10月10日(水) 「サスペンス1999」 »