« 9月29日(土) 「ドルリー・レーン先生アフリカ行き」 | トップページ | 10月1日(火) 「みにくいあびるの子」 »

2012年10月 1日 (月)

9月30日(日) 前戯の第三者

 自分でやるのは挿入だけです。久々にプロジェクターの大画面で『大怪獣空中決戦 ガメラ対ギャオス』を鑑賞。劇中で双発大型ヘリがギャオスの超音波光線に真っ二つにされ、科学者の人がえいやっと飛び降りる爆笑場面。実はこのヘリコプターはボーイング V107バートル しらさぎ、沖縄へのオスプレイ配備問題で再び注目を浴びているCH46ヘリコプターの同型機であったりする。つまり、1967年の怪獣映画に登場したような古い機体が沖縄ではいまだに飛んでいるのだ。

 これでは性能的に物足りないし、老朽化も心配だということで、MV-22オスプレイに更新しようとしているのだけれども、沖縄県知事からして「オスプレイの安全性に懸念あり」というデマを元に反対しているという・・・。あれあれ、「沖縄の負担」を増やしているのはどっちなのでありましょうか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に冷凍うどんとレトルトカレーを使ったカレーうどん。出来上がったうどんにカレーをぼたりと入れる簡易型。やっぱりこっちの方がんめー、あんまり美味かったので麺の後に昨晩の残り飯を入れて雑炊にしちゃったい。

 夕食はアメリカ牛のステーキ。こんなに分厚い肉が500円で食べられるのがありがたい。後はカンパチの刺身、ステーキを焼いた後に残った肉汁でいためたえのきだけ。ビールを2缶飲んでゴハンを一膳。

 その後前述のごとくWOWOWハイビジョン放送録画の『ガメラ対ギャオス』を見たのである。ギャオスとガメラの戦いは最近の怪獣映画に比べるとさすがにのんびりしているのだけれども、やっぱりこの映画が私にとってのNO1怪獣映画であることは変わらない。ちなみにNO2は『三大怪獣地球最大の決戦』 NO3は『ゴジラ対メカゴジラ』(笑)。

 この映画にはオトナの視点というものがある。だが、これはオトナが大真面目に怪獣退治に取り組むとか、怪獣を出汁に「環境問題」を語ったりするという類のものではない。この映画でのオトナの視点とは怪獣とはまったく関係のない「立ち退きの補償問題」なのである。これらのオトナたちは怪獣などまったく関心はない。ギャオスの出現にこそ驚くものの、彼らにとってはそれすらも「補償金がどうなるのか」ということにしか結びつかないのである。

 ラストでギャオスが倒されてこのオトナたちもわーいわーいと喜んでいるが、この喜びは栄一少年の「ギャオスをやっつけた、ガメラありがとう」とはまったく別のもの。「ギャオスがいなくなって高速道路の工事が再開される、コースも変わらない。これで補償金をがっぽりだ」なのだ(笑)。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供はもちろん、録画しておいた「大食い」だ(笑)。昼に放送されていた予選がこの大会ではなく数年前の再放送だったのに一度は激怒したものの(そんなに怒ることはないよねえ)本大会の面白さにたちまち機嫌を直してしまう。前大会から採用された数種のメニューを食べつくすという趣向が退屈さを感じさせないし、男女混合戦なので、変に個性的な女性大食い選手がいないのもいい。数年ぶり出場のアンジェラ佐藤さんも美人度がますますアップ。もっとも、カッコもそれに比例して派手になってきていて、まるで西洋の妖怪のようだ(笑)。

 酔っ払ってきたので国内最終戦でストップ。後は明日のお楽しみ。

就寝午前1時過ぎ。

|

« 9月29日(土) 「ドルリー・レーン先生アフリカ行き」 | トップページ | 10月1日(火) 「みにくいあびるの子」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月30日(日) 前戯の第三者:

» ガメラ:昭和(湯浅)版視聴記など 2012/10/02 [ガメラ医師のBlog]
 本日四本目の更新です。 一本目「 特撮博物館でガメラ /10/02 」はこちら。 二本目「 ライヴガメラ /10/02 」にはこちらから。 三本目「 豊郷小学校にガメラ /12/09 」は、こちらより。 「大怪獣ガメラ」から「宇宙怪獣ガメラ」まで、昭和の大映ガメラシリーズ8作品の鑑賞記...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 2日 (火) 17時41分

« 9月29日(土) 「ドルリー・レーン先生アフリカ行き」 | トップページ | 10月1日(火) 「みにくいあびるの子」 »