« 11月15日(木) 『プライベート ラエリアン』 | トップページ | 11月17日(土) 孫悟空・猪八戒・索状痕 »

2012年11月17日 (土)

11月16日(金) オリハルコン通り

 昔、福岡のあるところに近くに予備校があって浪人生が集まってくることから「親不孝通り」という誠に情緒豊かな通称名をつけられた通りがあった。しかし、その後夜の繁華街に変貌して行き犯罪件数も増加。名称の元となった予備校も少子化の影響などで営業を停止してしまう。

 大学受験浪人のことを「親不孝」と称して(し、失礼な!)自然発生的に生まれた通称名であったが、予備校閉校後にその意味を知らない世代の若者に曲解され、「親不孝通り」という名称がイメージが悪く犯罪の誘発の一因となっているという声が上がった。そして本来の「天神万町通り」の名称を浸透させようと福岡市や通り沿いの商店が頑張ったものの、まったく普及せず、2000年に「おやふこう」の発音を残した「親富孝通り」という当たりさわりのない名前に改称された。

 どうです、駄洒落ひとつにも歴史ありなんですよ。

 野田首相の決断により衆議院解散決定。もうこの人は明らかに現体制での“民主党政権”に見切りをつけて後のカタチを整えようとしているのだなあ。この解散決定により予想通り民主党から逃げ出す議員多数、中には「僕を自民党に入れて下さい!」(第14使途襲来でネルフ本部へ戻ってきたシンジ君がゲンドウに懇願する場面のイメージで)と言い出す長尾敬氏みたいな人も出てきて大笑い。

 いや、愉快、愉快。

 九州のある選挙区で「幸福実現党」と「太陽の党」が並んだのにも噴出してしまった。「幸福実現党」と「太陽の党」の組み合わせって間違えて大川劉法出てきたらどうするんだ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に膳でラーメン+替え玉。夕食は出来合いの天ぷらに刺身盛り合わせ。ビール2缶飲んでゴハンはなし。

 その後シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『チェイシング/追跡』を見る。両親を殺害した少年、明らかな破滅願望のある少女、この二人が奇妙な旅をすることになる。実は両親の他に数人の少女を殺害している少年とその現場を目撃していながら、自ら彼の手に掛かって果てることを望んでいる少女の危うい関係が見もの。
 
 この緊張感はただごとではなく、実際、少年が少女の殺害を実行しかける場面では異様なサスペンスが感じられた。まあ、その分、ラストは肩透かしとしか言いようがなかったけれども(笑)。

 ハイビジョン画質は良好。画面の破綻が早いけれども、今まで私を散々苦しめてくれた暗部の点滅が最近ではほとんどなくなった。音声はAACステレオ。画面から浮き出してくるようなBGMの立体感がいい。

 終了後、シャワーを浴びていろいろ。

 そして午後11時過ぎからプロジェクターを起動させて「金曜ロードショー 『ヱヴァンゲリヲン 破』のおまけ 『ヱヴァンゲリヲン Q』冒頭6分を見たのである。一度、セットトップボックスで録画、BD-RにコピーしたものをDVD-A1UDで再生。

 一応ネタバレ警告。ネタバレがいやな人はこれ以上読み進んではいけません。うっかり読んじゃったなどという苦情も受け付けません。筋違いなので接骨院へ行きましょう。

 「ああ、いきなり隻眼アスカかよ!」「あれ、いつの間にマリが仲間に!」とかわずか6分という短い映像だがその密度の濃さに驚愕する。ああ、これは本編が早く見たいですなあ。

 終了後はチャンネルNECO HD録画の新東宝映画『爆弾を抱く女怪盗』を40分ほど。沼田庸一が会社社長に!もちろん、彼のことだからまともな会社であるはずはないのだけれども、こんなに良い役(なのか)は初めてではないか。サングラスにちょび髭というスタイルも素晴らしい。彼がぱっとサングラスを取った場面ではあまりのいかがわしさに大笑いしてしまったよ。

 就寝午前3時。

|

« 11月15日(木) 『プライベート ラエリアン』 | トップページ | 11月17日(土) 孫悟空・猪八戒・索状痕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月16日(金) オリハルコン通り:

« 11月15日(木) 『プライベート ラエリアン』 | トップページ | 11月17日(土) 孫悟空・猪八戒・索状痕 »