« 11月20日(火) 「フィギュア王の結婚」 | トップページ | 11月22日(木) 博多エプロン »

2012年11月22日 (木)

11月21日(水) アレクサンドル・デマ

 「三銃士」は実は女だったとか。漫画家 さかもと未明の騒動。「赤ちゃんが泣き叫び通しだったのにブチ切れてしまったのだ。だって、客室乗務員さんが母親と一緒にあやしても泣きやむ気配はないし、逃げ込む場所もないんだもん」として、さらに泣き続ける赤ちゃんに耐えられなくなったのか、『もうやだ、降りる、飛び降りる!』と、着陸準備中にシートベルトを外して出口に向かって走った」

 乗客マナーのあり方にに一石を投じたなどというものもいるが、この行動はそんな上等なものではない。単にキチ×イババアが暴れただけだ(笑)。確かに泣き叫ぶ赤ん坊というのはうるさいし、メーワクでもある(だからこそ、親は一生懸命に泣き止ませようとするのだ)。でも、しょうがないじゃん、相手は赤ん坊なんだから。親が赤ん坊の尻をばしばしぶってわざと泣かせているわけじゃないんだからさ(笑)。

 またこの人は飛行機ばかりではなく、<http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20121122/Cyzowoman_201211_post_283.html?_p=2>によれば<「今回だけでなく、以前にも新幹線で同じような騒動を起こして、鉄道警察から事情聴取を受けたこともあったそうです。ご主人も、さかもとの突発的な行動には困り果てているようです」(週刊誌編集者)>なんだそうな。

 もうこういう人をテレヴィに出すな。メディアもこんな人を相手にするな。

 あ、でも『スターウォーズ エピソード2』公開の劇場、しかも午後9時過ぎの回、に赤ん坊連れてきて泣いても出て行かないというのは論外だからね(笑)。

 本日は休み。昨日、テレヴィで明日は小春日和になるでしょうと言っていたので朝から布団を干して昼飯はルーフバルコニーで、と楽しみにしていたのだが、午後12時過ぎから雲が多くなってきてうす曇の状態になってしまった。こうなると布団干しはともかく、ルーフバルコニーでの昼飯など寒くてかなわない。でも本当に昨日から楽しみにしていたので、震えながらバタールのサンドイッチを食べましたよ。缶ビールも一本飲みましたよ。

 夕食は鶏、鱈、ショウサイフグの鍋。ビール2缶を飲みつつがばがばと食べる。鍋の汁をゴハンにかけて簡易雑炊にしてこれまたがばがば。大満足である。

 で、本日の休みに何をやったのかというと、いつものごとく映画を見ていたわけでして(笑)。午前中はレンタルブルーレイの『ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して』、午後は昨日の『レッドバロン』の敵討ちで同じ第一次世界大戦に材をとった『フライ・ボーイズ』(米国盤ブルーレイ)、そして夜にWOWOWハイビジョン録画の『小悪魔はなぜモテる?!』

 『ビッグ・ボーイズ』は探鳥コンテスト(全米で目撃した鳥の種類の数を競う)に命を懸けた三人の男、ジャック・ブラック、スティーブ・マーティン、オーウェン・ウィルソンの悲喜こもごもの騒動を描く秀作コメディ。余人には分からぬあるものへの情熱で四分の三くらい人生を踏み外している人というのは、この私自身がそうであるから(笑)良く分かる。この映画はその「分かる、分かる、ジャンルこそ違うけれども、オレも似たようなことをする」という部分の描写がバツグンに上手いのである。

 ただ、結局、オーウェン・ウィルソンを除いて「でも人生はやっぱり家庭が大事だよな」という結論に落ち着いてしまうのは大いに不満。いや、人間としてそうあるべきというのは良く分かる。でもせっかくの才人 三人の競演なのだ、もっとこうキョーレツなものが欲しくなるではないですか。

 ハイビジョン画質は今ひとつ。立体感・奥行き感の表現は素晴らしいのだが、全体的にノイジーに過ぎる。音声はDTS-HD マスターオーディオ。 空間の広がりが心地よい。
 
 『小悪魔はなぜモテる?!』は学園もの=アメリカ社会の縮図というありふれた方法論の映画だけれども、宗教キチガイのあっけらかんとした使い方が気に入った。ヒロインの親友があることがきっかけになってそれまでは激しく馬鹿にして嫌っていた宗教派に鞍替えするあたりの人間理解の深さよ。また通常ならばマイノリティの弱者である、ゲイ、オタクが妙に強気な立場にあるのも良し。

 まあ、ヒロインのエマ・ストーンはあのような屈折した考え方をするには綺麗で賢すぎるのがちょっと気になるけれども。
 

 ハイビジョン画質は今ひとつ。とにかく画像の破綻が多い。チアガールがポンポンを振るだけで細かいモザイクノイズが発生してしまう。音声はAAC5.1チャンネル。品位の高いBGMが楽しめる。

 その後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 11月20日(火) 「フィギュア王の結婚」 | トップページ | 11月22日(木) 博多エプロン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月21日(水) アレクサンドル・デマ:

« 11月20日(火) 「フィギュア王の結婚」 | トップページ | 11月22日(木) 博多エプロン »