« 12月22日(土) べ平連の「炎の導火線」 | トップページ | 12月24日(月) 『ビバリーヒルビリーズコップ』 »

2012年12月25日 (火)

12月23日(日) 母さんがラノベして手袋あんでくれた

 母さんがラノベするという状況が良く分からないけれども人生とはそんなものだ駄洒落。東京旅行三日目、最終日である。午前8時半に起床、朝風呂に使ってまたホテルの朝食バイキング。やっぱり飽きたよ、これは(笑)。午前9時半にチェックアウトして地下鉄で新宿駅へ。そこから某線とタクシーを利用して都下某所の弟家族宅へ到着。なお、今回、初めておみやげにケーキを持っていった。いつもはT子、Y乃にそれぞれ安いおもちゃを買っていっていたのだが、最近、あまり喜んでくれなくなっているのが丸分かりだったからだ。案の定、ケーキはおもちゃよりもよほど好評であった(笑)。

 昼飯にデリバリーのピザを食べた他はずーっと二人と遊ぶ。Y乃のピアノを聞かせて貰ったり(聞かされたり)、T子発案のお芝居をiPHONEで撮影したり、箪笥の上からダイブするY乃を受け止めたり、私の体力の限界を試されるような遊び方だ。

 また6月に来た時には自転車に乗れなかったY乃が、今回は立派に自転車を乗りこなしていた。「おじちゃんに私が自転車を乗っているところを見せるの」なんて言って私を外に連れ出そうとするのだから可愛いじゃありませんか。T子はT子で私をつついて「あの赤い本は持ってきていないの」という。あの赤い本とは「ASIOS 謎解き超常現象Ⅱ」のこと。私が持って来ていないというと「あー、もうあのパンケーキの話が読みたかったのに」というおよそ中学生一年生女子らしからぬ悔しがり方をしていた。

 パンケーキの話とはもちろん、あのサイモントンさんのことである。

 なお、私がふざけて「あの赤い本といったらなんだ、エッチな本のことか」と言ったらT子に激しく背中をどやされてしまった(笑)。

 午後5時にこの楽しい時間も終わり、車で某駅まで送ってもらう。Y乃、「えー、おじさんもう帰っちゃうの、もう少しいてよ」とか言っていたのに、いざ私が家を出ようとすると、「送るのは玄関まででいい?」なんて言いやがる。冗談なのか、本気なのかいまひとつ分からないのがこの子の面白いところだ。

 某駅から某線を使って東京駅へ。それから山手線、モノレールを使って羽田空港へ午後7時過ぎに到着。生ビールを一杯飲んで午後8時の飛行機で帰福する。

 地下鉄で天神まで出てそこからタクシーを使って帰宅した。コンビニでソーセージパンを買ってそれを夕食代わりとする。その後はちょいとお酒。酔っ払ってプロジェクターを起動させてブルーレイ『ラドン』を見る。黒は相変わらず浮いたままであるが(笑)、人物の数が増えたように見えるのが凄い。立体感もこれまでとは段違いであり鉱山のセットの作りこみの凄さが良く分かる。

 やっぱりプロジェクター DLA-X75Rとブルーレイディーガ DMR-BZT9300の組み合わせは素晴らしい。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 12月22日(土) べ平連の「炎の導火線」 | トップページ | 12月24日(月) 『ビバリーヒルビリーズコップ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月23日(日) 母さんがラノベして手袋あんでくれた:

« 12月22日(土) べ平連の「炎の導火線」 | トップページ | 12月24日(月) 『ビバリーヒルビリーズコップ』 »