« 12月4日(火) 板門店や三度笠 | トップページ | 12月6日(木) 「明日にかけるアシ」 »

2012年12月 6日 (木)

12月5日(水) モー娘や、モー娘や

 みんな小美人にしてしまえ! 「トンデモ本の新世界 世界滅亡編」重刷決定!アマゾンで誰もコメントをつけてくれないので心配していたのだが(笑)、順調に売れているようである。自分が関わった本の増刷は初体験で人の目がなければ道路へ飛び出して踊り狂いたいほど嬉しい(笑)。

 お買い上げ下さった方々、本当に、本当にありがとうございます。エロの冒険者はこのご恩を一生忘れません。

 現在のシアタールームはLDKである。スクリーンやプロジェクター設置のために特注でキッチンを壁に寄せた設計になっているのだが、これがどうにも25年前の当時、お洒落だと思われていて実はそうでもなかったワンルームマンションを思い出させて落ち着かない。またコンロの近くにリアスピーカーを置いているので煮炊きするのも駄目。スピーカーが蒸気や油で痛んだらたまらないからである。

 その対策としてキッチンとシアター部分をパーティションで仕切ることにした。ネットで検索してみると天井と床でつっぱり設置するタイプのパーティションが一枚、8,000円程度からあるようだ。キッチンを隠すためには3~4枚必要なのであるが一度に買う必要はない。毎月、一枚ずつ増やしていけばよろしい。

 本日は休み。ということは朝から映画である(笑)。まずはレンタルブルーレイの『バットマン ダークナイト・ライジング』 単なる正義のヒーローとヴィランの戦いに留まらず、ゴッサムシティという現実のカルカチュアを改変せしめ、そしてその過程を通してバットマンという存在の意義を改めて問いかけるという試みは見事に成功している。バットマンはもはや単なる正義の具現者としてではなく、新しい神話へと昇華したのである。

 ただ、その一方でここまでまじめになるとどうも調子が狂うな、ティム・バートン版『バットマン』の愉快な悪役、ジョーカーが懐かしいなと思ってしまう私がいるわけで(笑)。

 ハイビジョン画質は仮想現実といえそうなほどの立体感・奥行き感を体験させてくれる。発色も端正であり最新ブルーレイらしい鮮烈な映像を楽しませてくれる。音声はDTS-HD マスターオーディオ。パパパというサブマシンガンの銃声の迫力に驚かされる。爆発に伴う低音の音圧にも大満足。

 終了後、車で出かけてゆきみ家で味噌ラーメン+ミニカレーのセット。それから本屋へ寄ってようやく「食の軍師 2」を購入。帰宅後、事務所でちょっとした仕事と亀の世話。

 午後2時半から再び映画。今度はWOWOWハイビジョン録画の『哀しき獣』だ。長い映画(2時間半)だったけれども、全編を覆い尽くす陰惨なヴァイオレンスにもう目が釘付け。包丁、鉈、果ては太い牛骨を駆使して繰り広げる殺人宴会は見る人を選ぶだろう(笑)。ストーリーの細かな整合性すら無視して最後までつっぱしった男気にしびれるべき映画である。

 ハイビジョン画質は良好。深い闇の描写が映画の内容にことのほか良くあっている。音声はAAC5.1チャンネル。ずちゃ、ぐちゃっという人体を壊す音がリアル、リアル。ちょっとキモチ悪くなってしまうくらい(笑)。その反面、カーチェイスでの激突音などは今ひとつ。ここでサブウーファーを駆使せずにどうするのってなものですよ。

 夕食は出来合いのヒレカツ、カンパチ刺身、生野菜。カンパチは養殖であるが身が新鮮でしかもあめ色。天然ものに負けぬ美味さであった。ビールを2缶飲んでゴハンを一膳。

 その後はさすがに映画は見ずにテレヴィと本で過ごしました。

 午後9時からシャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」。アジアアロワナの水槽がごまんとある豪邸に仰天。マニアとかいう以前に本当にお金持ちなんだなあと嘆息したのである。

 就寝午前12時過ぎ。

|

« 12月4日(火) 板門店や三度笠 | トップページ | 12月6日(木) 「明日にかけるアシ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月5日(水) モー娘や、モー娘や:

« 12月4日(火) 板門店や三度笠 | トップページ | 12月6日(木) 「明日にかけるアシ」 »