« 1月19日(土) タジン行儀 | トップページ | 1月21日(月) 「みつばちマヤの冒険」 »

2013年1月21日 (月)

1月20日(日) 「アンガールズと厨子王」

 ちょっと無理があるかも知れないけれども勘弁してね駄洒落。山本会長の「UFOはもう来ない」読了。人類とはメンタリティがまったく違う異星生命体の創出は今まで何度も試みられてきたことであると思うけれども(えー、間違いがあったら勘弁してください)、あの非科学的な(笑)蛸型宇宙人を仮想的なリアリティをもって現実化せしめた功績は大きいと言わねばなるまい。異星人がいかに自分たちの偵察行動が元になっているとはいえ、いびつな形で積み上げられてきた地球人の「空飛ぶ円盤」神話にあきれ返っていたり、科学的整合性のある円盤墜落ストーリー等々UFOギャグ(というべきか)も秀逸、秀逸。

 サイモントンさんが宇宙人からパンケーキ貰ったとか、ジェリー状の宇宙人に襲われたとか、小人宇宙人に花束をひったくられたとか、そういう間抜けな話が大好きな人に(いや、そんなの私以外にいるのか)是非読んでもらいたい作品である。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー牛乳。昼飯はサッポロ一番塩ラーメン。例によってカレーパウダーでカレーラーメン化。さらに昨日のすき焼きの残り材料である白菜を小さく刻んで炒めたものをのっける。白菜は塩コショウしてちょっぴり醤油をかけたのだがこれが驚くほど美味しい。甘みがましてカレーの強い味にぴったり合うのだ。

 夕食は近くの中華料理店からの出前。唐揚げと餃子、野菜炒めである。3日ぶりのビール2缶を楽しみつつ料理をつつく。特に野菜炒めはちびちびつまむとビールのつまみにぴったりだ。後は鶏唐揚げにレモン汁と醤油をかけておかずとし、ゴハン一膳を食べる。

 その後シアタールームにて音楽を聞きながら読書。この時に前述の「UFOはもう来ない」を読了したのである。

 午後9時すぎからシャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「そこまで言って委員会」 宮崎哲弥氏が「青少年の殺人件数は戦後以来最低」と言っていたのにも関わらず「昔は良かった、今は駄目だ!」の大合唱。果てはあのなつかしのリセット理論 「今の少年はゲームでリセットすれば何もかも元通りになると考えている。人を殺してもリセットすれば大丈夫と思っているから凶悪犯罪が起こる」で残虐なゲームや映画を規制しろとまで言い出した。

 ゲームでリセットとかもう何年前からやっていると思っているんだ。ドラクエでもみんな、やられたらリセットしていたぞ。

 ざこば師匠の「みんな、チャンバラやってないからや」という発言も悲しかったなあ。だって、読書が大好きで本を読んでさえいれば幸せだった子供時代のオレを完全に否定されてしまうのだから。それに、師匠、宮崎さんがおっしゃったように今の青少年の凶悪犯罪は「みんながチャンバラやっていた」時代よりよっぽど少なくなっているんですよ。

 こんな根拠のない通俗的な思い込みの方がよほど「残虐な映画やゲーム」よりも有害だと思います、はい。

 見ていてとても悲しくなってきたので視聴中止、削除の刑に処する。

 その後、「ウルトラセブン ハイビジョンリマスター #38」を見る。クレージーゴンの複雑な体色が見事に表現されていて驚く。ハイビジョンの高画質はこうしたスタッフの努力や工夫を如実に映し出すのである。

 いい具合に酔っ払ってきて、さて、何か映画でもと思ったのだが、ここ数日の睡眠不足がたたったのか、いつの間にかソファの上で熟睡。気がついたら午前3時すぎであった。ふみいと可愛らしくうめいてベッドに入って寝なおし。

|

« 1月19日(土) タジン行儀 | トップページ | 1月21日(月) 「みつばちマヤの冒険」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月20日(日) 「アンガールズと厨子王」:

« 1月19日(土) タジン行儀 | トップページ | 1月21日(月) 「みつばちマヤの冒険」 »