« 12月30日(日) 嫌中は最後の武器だ | トップページ | 1月1日(火) アンティークの猪木 »

2013年1月 2日 (水)

12月31日(月) 嫌韓をやめて

 二人を止めて私(従軍慰安婦)のために争わないで、もうこれ以上。と学会のイデオロギー的駄洒落。なお、この駄洒落から私が従軍慰安婦という存在を容認していると思ったりする人は、まあ、悪いことは言いません。この日記を読んでいると腹が立つばかりです。もう読むのをやめた方がいいです。今までどうもありがとうございました。

 今年もいよいよ大晦日。今年はやはり新物件完成とそれに伴う業務の管理会社委譲の一年であった。新物件に関しては周囲からいろいろ言われたり(私の人格云々までどうのこうの言う人がいてしかも当人は悪口を言っていることをまったく自覚していない)したけれども、これは一族の10年越しの宿願がようやくかなったものである。そんなものはどうでもいいのである。

 後は末弟の快挙だなあ。こんな駄目な男の弟とは信じ難いばかりの快挙なのである。具体的に大いに自慢したいのであるが、プライバシーの観点からそういう訳にもいかない。お前、えらい、お前、えらいと2,056回繰り返させて貰うばかりだ。

 午前中に事務所の窓ガラス吹き、各物件の郵便受けの整理などして午後から映画。

 見たものは3Dブルーレイの『アベンジャーズ』だ。ウウーム、ストーリーは良く練りこまれているのだが、このお祭り映画にこれほどの精緻な設定が必要であったか。あんなにカッコいい飛行空母(止まりかけたエンジンの再始動にアイアンマンことトニー・スタークがやたら頑張っていた)とか、ヒーロー勢ぞろいの美味しい絵とか、理屈ぬきに良い場面が目白押しだったのだから、ここはもう少し、『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』のような能天気な方向に振っても良かったのではないかと思うのである。

 3D映像はもう私ごときが批評できるものではない。各キャラクターの素早い動きにもきちんと追随し、暗部のハンデをものともしない立体感はもう立派に映像表現の1ジャンルになり得ている。こんな映像を自分の部屋で見られる私は幸せものだ。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。こちらは音圧が低くて今ひとつ。もう少しヴォリュームを上げればよかったかなあ。

 食ったもの、昼飯に五島うどん。乾麺を茹でて鍋ごと食卓に出し、その茹で汁で薄めためんつゆで食べるのである。柚子胡椒を多めに入れると(多めにといっても柚子胡椒のことであるから、せいぜい小指の先ぐらい)と味が引き締まって大変に美味しい。しかもついでに体が温まってぽかぽか。

 夕食は数の子、生野菜、年越し蕎麦。ビール2缶呑む。子供の頃、蕎麦が美味しく感じられなかった。どうして大晦日という特別の日に、こんな味の薄い年寄り臭いものを食わなければならないのだと憤慨していた。どうせならうどんを食いたいとも思っていた。

 そんな中、もう具体的なタイトルは思い出せないけれども、「夕食の後に、午前12時頃に蕎麦を食べる、しかも暖かい汁蕎麦ではなくてざるそば」という漫画を読んで仰天した覚えがある。思えばあれが地域ごとの慣習の違いを始めて意識した記憶ではないかなあ。

 後はシアタールームでチャンネルNECOハイビジョン録画の『タナトス』を1時間ほど。

 それからシャワーを浴びてだらだら。年越しもさしたる感慨もなく過ごし、午前2時半に就寝する。

|

« 12月30日(日) 嫌中は最後の武器だ | トップページ | 1月1日(火) アンティークの猪木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月31日(月) 嫌韓をやめて:

« 12月30日(日) 嫌中は最後の武器だ | トップページ | 1月1日(火) アンティークの猪木 »