« 1月23日(水) アセンション女優 | トップページ | 1月25日(金) 「かりゆしを着たウルトラマン」 »

2013年1月25日 (金)

1月24日(木) 「雪やこんこん番長」

 元ネタは「夕焼け番長」だが、こんなの駄洒落じゃないだろう、いやいや、オレの苦労も考えてくれよ駄洒落。飯島真理師匠の「sudden kiss」を96khz-24bit、192kHz-24bitにアップコンバートしたWAVEファイルの音質比較をやってみた。96khz-24bitでは「ウウーム、少し音が太くなったかな、ちょっとヴォーカルがたくましくなったか」 192kHz-24bitでは「あれあれ、逆に音が細くてか弱くなってしまったぞ」

 まあ、手っ取り早く言えばオリジナルと比較してあまり音質的なアドヴァンテージはなかったということで(笑)。これにて私のアップコンバートプロジェクトも終了でございます。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー牛乳。昼飯は昨晩の水炊きのスープを使った雑炊・・・と思ったら冷蔵庫に卵がなかった。だから雑炊というより水炊きのスープを使ったお茶漬けみたいになってしまった。これはこれでそれなりに美味しかったけどね。

 夕食は鮭のソテー、生野菜。カンパチの刺身。ビール2缶飲んでゴハンはなし。

 その後シアタールームにてレンタルブルーレイの『崖っぷちの男』を見る。ストーリーにかなり穴があってご都合主義もいいところなのだが(笑)巧みな演出で最後までぐいぐいと引っ張られてしまう。主人公がいきなりホテルの窓から外に出て飛び降り自殺寸前!という衝撃的な絵を見せておいて、過去と現在の時制を行き来することによって次第に真実を明らかにしていく構成も見事。

 佳作という評価がこれほど当てはまる映画もめったにあるまい。

 しかし、なんですなあ、なんでこの手の映画では金庫前に見張りを一人置いておかないのでしょうなあ。センサーをごまかしたら後はやりたい放題というパターンが多すぎますなあ。見張りを一人、何、そんな有能な奴でなくて一向に構いません、鼻くそほじくろうが、あくびをしていようが、漫画読んでいようが、ドーナツを食っていようが、とにかくそこにいづだけでいいのです。30分ごとに連絡を入れさせるようにしておけば、主人公たちの計画がそれだけでおじゃんになるんです。

 この疑問に正面から答えてくれる映画ってのはないものですかね。

 ハイビジョン画質は今ひとつ。とにかくグレイニーでありMPC映像プロファイルの「フィルム」を使わざるを得なかった。音声はDTS-HDマスターオーディオ。サラウンドの音がとにかくリアル。列車が後ろを通り過ぎていった時にはあまりに真に迫っていたので思わず振り返ってしまったほどだ。

 シャワーを浴びてパソコンを使ってCDのリッピング作業。もちろん外付けのブルーレイライターをHiViの特別付録のAINのUSBケーブルで接続しましたよ。いやあ、音質的には何のメリットもない事は分かっていますが、これも縁起物ですからな、仕方ないのです。

 終了後はだらだらとテレヴィ。就寝午前3時過ぎ。

|

« 1月23日(水) アセンション女優 | トップページ | 1月25日(金) 「かりゆしを着たウルトラマン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月24日(木) 「雪やこんこん番長」:

« 1月23日(水) アセンション女優 | トップページ | 1月25日(金) 「かりゆしを着たウルトラマン」 »