« 1月4日(金) 下ネタネギ | トップページ | 1月6日(日) 降霊会社会 »

2013年1月 6日 (日)

1月5日(土) 慇懃無礼にさりげなく

 そいつがオレのやり方ってどんな歌だ駄洒落。(昨日からの続き)民主党の人材は藤田、蓮舫、管、鳩山だけではないぞ(笑)。

 首藤信彦という民主党所属議員は自分のブログで追悼を装って死去した人を誹謗していた。<2009年10月4日http://blog.goo.ne.jp/sutoband/e/101c102bf15058f2a15aa924ccf5d239より引用>中川元財務・金融担当大臣が自宅で死亡した。外傷なく、うっ血無く、遺書無く、したがって自殺の可能性は乏しい...というような警察報道(本当かな)がすぐ流された。しかし、体調悪く自宅で寝ている人間がなぜ、ポロシャツで短パンなのか?夜の9時に帰宅した妻が、上半身をベッドにもたれて寝ている同氏を発見というが、普通なら足をもちあげてベッドに寝かせたり、風邪引かないように毛布をかけてあげたりするものだろう。物理的には自然な死でも、状況から見れば不自然という死は政治の世界ではよくある。しかし、松岡農水大臣の自殺(?)も含め、政治家の不自然な死は多く「金」の問題と関係があると言っても過言ではないだろう。財務・金融担当という巨大な権力を振り回した者の死は徹底的に原因究明してほしいものだ。明らかになっている真実はただ一つ。中川氏が死去したことだ。ご冥福をお祈りしたい。>

 何の根拠もなく謀殺を匂わせる最低の文章。特に<財務・金融担当という巨大な権力を振り回した者の死は徹底的に原因究明してほしいものだ。>は故人があたかも自分の地位を利用して何かあくどいことをしていたのだと言わんばかりである。

 はい、ブログが炎上。あっというまに409の非難コメントがつきました(笑)。

 でもこの人の辞書に「懲りる」という言葉はない。その後、わずか8日後の日記でこれまた死去した軍事評論家 江畑謙介氏をまったく何の根拠もない思い込みでこれまた中傷誹謗。氏を擬似専門家だの、自民党への傾斜が激しいだの、自民党べったりになってきただの、政治家になりたかったのではないかだの、文筆だけでは生活が苦しかっただのと言いたい放題。

 これまた、ブログが炎上。あっというまに1999の非難コメントがつきました(笑)。

 政治的中立を堅守することで知られていた江畑氏、政治家から依頼されたレクチャーの謝礼を「多すぎる」といって返却した江畑氏、そういう人に対してよくもまあ、こんな低俗な悪口がいえた物だ。

 そしてちゃんちゃらおかしいのは「同じ専門分野だからもちろん良く知っている」というくだり。自分は2003年11月29日にイラクで起きた「日本外交官射殺事件」を米軍の誤射と主張したり、国際連合安全保障理事会決議1718という根拠があるのに「対北朝鮮経済制裁は国際法違反だ」と主張したり、戦車を廃止して装輪装甲車を配備しろと主張したり(参考 http://obiekt.seesaa.net/article/130144515.html)妄想のようなことしか言ってないくせに。専門家が聞いて呆れる。

 そしてこの人は日本の外交官を米軍が誤射して隠蔽した!と言うくらいだから、もちろん、陰謀体質である。2009年9月11日の同ブログで< http://blog.goo.ne.jp/sutoband/e/4516cbddc5e7c12883b96625f371b411。部屋に飛び込んでスイッチを入れたら、つぎつぎと旅客機が突入する画面が流れた...そしてあの大崩壊。いまになっても、航空機がビル上部に衝突したことで、あのような構造の高層ビルが崩落することは信じられない。多段爆破のように崩落するビル、ペンタゴンに突っ込んだ旅客機の残骸の有無、途中で墜落した機の墜落原因など、あの事件はいまになっても不明な点ばかりだ。オバマ政権誕生と同時に、市民団体が真相究明のために訴訟を起こすと言われていたが、民主党政権になっても、新事実公表で、「テロとの戦い」にアメリカ国民を駆り立てた事件の真相究明を行うことは、あまりにも政治的に危険な行為なのだろう。>

 この人は2012年の衆院選で落選した。むべなるかな。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー牛乳。昼飯はレトルトを使った中華丼。うずらの卵が2個も入っているのはちょっとやりすぎだけど(笑)なかなかに美味しい。夕食はカンパチの刺身と天ぷら。ビール2缶飲む。

 その後、シアタールームにて『アンダルシア 女神の報復』と「猫物語」の続き。『アンダルシア』はストーリーと意外な真相が乖離しており、織田裕二がせっかく丁寧に説明しているのに、それがストレートに面白さに反映されないという(笑)。結局、この映画の面白さは豪華な舞台装置、金の掛かったロケーション、ヨーロッパ各地の雄大で美しい風景というあたりに収斂されてしまっている。

 映画としてこういうやり方もアリだと思うのだが・・・。

 ハイビジョン画質は良好。「フィルムモード」でノイズ感のないハイコントラストな映像が楽しめる。AAC5.1チャンネルは満点の出来。派手さはないものの落ち着いた環境音の再現がいかにもヨーロッパっぽくて宜しい。まあ、ヨーロッパぽいっていうのは単なる思い込みですが(笑)、ヨーロッパに行ったことなんてないですが。

 「猫物語」 ここまで羽川翼の人間性が深く描かれると後の展開が非常にイタくなっちまうな。「化物語」が素直に楽しめなくなってしまいそうだ。

 その後シャワーを浴びていろいろ。

 午前11時から昨日に引き続き「ハイビジョンリマスター ウルトラマン」の編集、ダビング作業。それから本日放映されていた「女性大食い地方予選」を見ながら「イット」をずっと読んでいました。あまりに「イット」に夢中になっちゃったもので、頭がコーフンしたのか全然眠れない。何度もチャレンジして眠りの世界に入り込めたのは午前5時過ぎであった。

|

« 1月4日(金) 下ネタネギ | トップページ | 1月6日(日) 降霊会社会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月5日(土) 慇懃無礼にさりげなく:

« 1月4日(金) 下ネタネギ | トップページ | 1月6日(日) 降霊会社会 »