« 1月9日(水) ペニーワイズ蟹 | トップページ | 1月11日(金) この外務省なし! »

2013年1月11日 (金)

1月8日(木) コンチネンタル・おんぶ

 ハードボイルド駄洒落。名無しのおんぶとか。西日本新聞の九電叩き記事があんまりひどいのでご報告。<2013年1月9日31面より抜粋して引用>危険作業 請負任せ 報告書によると、直近の1年度で玄海原発の総労働者数は4265人。このうち九電社員が535人で、年間の被ばく量は平均で0.1ミリシーベルト。3730人と圧倒的に多い請負労働者は0.7ミリシーベルトで社員の7倍だった。

 川内原発の総労働者数は11年度で3016人。九電社員が295人で0.2ミリシーベルトなのに対し、請負労働者は2721人で1.2ミリシーベルトと6倍。09年度には13倍と、5年間で最も大きく開いた。

 請負の中でも、原発メーカーなどの常駐者に比べ、放射性物質の付着した配管近くなどで作業を強いられる、定期検査に入った労働者が最大で3倍の高線量だった。

 原子炉等規制法が定めた、放射線業務従事者の被ばく量の上限は1年間で50ミリシーベルト(5年間で100ミリシーベルト)。九電の請負労働者の被ばく量はこれを下回っているが、原発労働者の疫学調査に詳しい福岡女子大の吉村健清教授(公衆衛生学)は「低線量の長期の被ばくが及ぼす健康影響はまだはっきり分かってない」と指摘する。<引用終了>

 請負のみじめな労働者が曝される放射線は九電社員様の7倍だ、6倍だ、13倍だ、差別だ、格差だ、蟹工船だ、富岡製糸場だ、けしからん、のび太のくせに!という記事。社員が0.1ミリシーベルトで請負労働者が0.7ミリシーベルトだ、7倍だといったところで元の数字が少ないのだから何の問題があるものか。記事でいかにも重大なことのように挙げられている川内原発の09年度の13倍という数字も、社員が0.1ミリシーベルト、請負労働者が1.3ミリシーベルトなのである。

 2007年から2011年でもっとも被ばく量の多かったのは2008年の川内原発請負労働者の1.8ミリシーベルトであるけれども、この最大量でさえ自然放射線とあわせて年間3ミリシーベルト弱の被ばくに過ぎない。これで差別だ、格差だ、蟹工船だ、富岡製糸場だ、プロレタリアートだ、『キューポラのある街』だ、おばさんは絶対北朝鮮に行くべきよと騒ぐのなら年間約3ミリシーベルト被ばくすると言われている成田-ニューヨーク間を搭乗する航空機乗務員(年に800-900時間搭乗)はどうなるのか。1日あたり1ミリシーベルト被ばくする国際宇宙ステーション滞在中の宇宙飛行士など、人権もへったくれもない奴隷労働ということになりはしないか(笑)。

 いくら九電や原発が憎いからといって(笑)こんな印象操作丸出しの記事を書くんじゃない。

 (註 自然放射線の世界平均は年2.4ミリシーベルト 日本のそれは年1.4ミリシーベルト、玄海原発がある福岡県は1.1ミリシーベルト)

 (註2 世界にはラムサール(イラン) 10.2 ガラパリ(ブラジル) 5.5 ケララ(インド) 3.8 陽江(中国) 3.5 年/ミリシーベルト という日本とは比べ物にならない高放射線地域が存在する。しかし、いずれの地域でも疫学調査において対照地域との有意な差は認められていない)

 (註3 自然放射線と原発からでる人工放射線は違うという反論は勘弁してください。馬鹿馬鹿しいだけだから)

 (註4 低線量の影響は良く分かっていない」というのが、放射線の危険性を煽る文脈でよく使われるが「何が起きるのかさっぱり分からない」ではなく「影響が小さすぎて正確な計算ができない」という意味である)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー牛乳。昼飯はインスタントラーメンしょうゆ味。これにカレーパウダーを多めに入れてカレーラーメンにする。これが簡単にできて意外に美味しい。今度はチャーハンでもやってみよう。

 夕食は天然ぶり、まぐろの刺身。レトルトのハンバーグ、生野菜たっぷり。ビール500ml缶一本を飲む。後はゴハンを一膳。

 その後シアタールームにて『プロメテウス』を再見。このソフトはプロジェクター X75RのMPC映像プロファイルの「高解像度」を使うと印象が一変する。プロメテウス号の船体外壁のディテールなどあまりに凄すぎて少しおしっこを漏らしてしまったくらいであった(ウソ)。

 シャワーを浴びていろいろ。就寝午前3時過ぎ。

|

« 1月9日(水) ペニーワイズ蟹 | トップページ | 1月11日(金) この外務省なし! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月8日(木) コンチネンタル・おんぶ:

« 1月9日(水) ペニーワイズ蟹 | トップページ | 1月11日(金) この外務省なし! »