« 1月30日(水) メルダおやじ | トップページ | 2月1日(金) 「脱毛の子太郎」 »

2013年2月 1日 (金)

1月31日(木) ビスマルク系バンド

 元ネタはビジュアル系バンド、これももう死語なのかな駄洒落。ソファなどを買おうかなと思っている。最初はフンパツしてフットレスト付のアームチェアの高い奴がいいかなと思っていたのだけれども、それだとT子やY乃が遊びにきた時に困る。椅子が一つしかないから君たちは床に座って見なさいとか言おうものなら「えー、何言ってんの、おじちゃん」と激しい反撃を食らうに決まっている。だからと言ってそのアームチェアを2つ揃えるには予算が足りない。やはりどうしても二人掛けのソファーが必要になる。

 どうせソファを買うならできるだけオシャレな奴がいい。いい年こいて朝立ちも怪しくなったオヤジが何をカッコつけているのかと言われそうだが、あ、朝立ちは関係ないだろう、畜生、お前、お前、何をいうか、市役所の応接室にあるみたいな古臭いソファはいやだ。なんと言うか、パリジェンヌが寝そべってフランスパン齧っているみたいなそういうムードが欲しいのである(なんだ、それは)。そうなると近所のナフコではいかにも役者不足。車で1時間ほど掛かりそうだけれども、今度の休みにIKEA福岡店まで行ってくるか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯はある蕎麦屋でカツ丼とミニざる蕎麦のセット。なんと900円という北朝鮮の一般人民なら一ヶ月一家を養うにたる大変に高価な食事であった。夕食はカンパチの刺身、カラスガレイの煮付け、生野菜。ビールを2缶飲んでゴハンを一膳。

 その後シアタールームにて米国盤ブルーレイ 『A Very Harold & Kumar Christmas 3D』(2011年11月米国公開)を見る。あの『チーチ&チョン』みたいなイカレたハッパムービー。下品で馬鹿なギャグが満載で下品で馬鹿な私は大喜び(笑)。

 ハロルド(韓国系アメリカ人)とクマー(インド系アメリカ人)はつるんで馬鹿なことをやっていた悪友コンビ。しかし、それも昔の話でハロルドはハッパもやめてちゃんと就職しメキシコ系の色っぽい奥さんと結婚している。その奥さんのお父さんがダニー・トレホ(笑)。クリスマスを祝うために一族を引き連れてやってきたダニー・トレホは自分で8年掛けて育て上げたクリスマスツリーをハロルドの家に運び込み「クリスマスを盛大に祝うのは我が一族の伝統である!」と若本規夫みたいな声で宣言。ところがクマーがこのクリスマスツリーを燃やしてしまった。真っ青になった二人は代わりのクリスマスツリーを求めて駈けずり回ることになる。

 この新味のない(笑)ストーリーで以下のようなギャグが炸裂するのだ。

 クマーの悪友が二人を連れて行ったのはロシア人のクリスマスパーティ。そこの娘が携帯でセックス相手を募集していたのである。やる気まんまんの悪友であるがその娘はなんとロシアンマフィアのボスの娘であった。そこにボスとその部下が戻ってきて「娘に何をする」拳銃をバンバンぶっぱなす。その弾がコカインの袋に命中して部屋中に白い粉がばら撒かれる。流れるBGMはもちろんビング・クロスビーの「ホワイトクリスマス」 

 このコカインを吸ってしまってラリった二人が見る世界はなぜかクレイアニメ。

 劇中に登場するワッフルを自動的に作ってくれるロボット、ワッフルボット。その口癖は「パンケーキなんて最低!」である。

 ユダヤ人の友人が二人。一人はカソリックに改宗しておりユダヤ教の悪口言いまくり(笑)。もう一人のユダヤ人はいらいらして「いくら改宗したからといってお前がユダヤ人であることに変わりはないんだぞ」彼の言うとおりカソリックのユダヤ人はハロルドとクマーに「おい、勘定の87セント払っていけよ!」

 『スターシップ・トルーパーズ』のカールこと二ール・パトリック・ハウスが登場。彼は前作で撃たれて死んだことになっていたのだが、天国のバーであまりにもモテるものだから嫉妬したキリストがパパである神に頼んで地上に送り返したという(笑)。彼は天国のバーでおっぱい出している女の子たちに「うふふ、知ってる?おれ、二ール・パトリック・ハウス、『スターシップ・トルーパーズ』でカールやってたんだ」

 そのニール・パトリック・ハウスは表向きはゲイということになっている。実際の彼もゲイであり2011年には同姓のパートナーと婚約している。

 ロシアンマフィアに捕まったハロルドとクマー。鉄の柱に裸で縛り付けられてしまう。ワッフルボットの活躍でロシアンマフィアをやっつけるのだが、ハロルドにはもうひとつ別のピンチが待っていた。なんとチンチンが冷たい鉄の柱に凍り付いてしまったのだ。「暖かいものがあれば取れるんだ」と叫ぶハロルドにクマーが「唾ぬってみようか」「わあ、やめろう」「じゃ、おしっこ引っ掛ける?」「それもやめろう」

 ロシアンマフィアから逃げ出した二人、しかし、自分たちがどこにいるか分からない。「ショットガンを撃てば誰か気づいてくれるだろう」とロシアンマフィアから奪ったショットガンを空に向けてズドン!サンタクロースが落っこちてきた。

 世の中の映画がみんなこんな風になっちまったら困りますが(笑)なくなってしまったらもっと困るというタイプの映画ですな。

 ハイビジョン3D映画はとにかく飛び出し重視。いろんなものががんがん飛び出してくる。果てはハロルドのチンコまで飛び出してくる(笑)。音声はDTS-HDマスターオーディオ。映画の内容にぴったりあった狂騒的なサラウンドが楽しい。

 シャワーを浴びてテレヴィと読書。

 就寝午前3時過ぎ。

|

« 1月30日(水) メルダおやじ | トップページ | 2月1日(金) 「脱毛の子太郎」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月31日(木) ビスマルク系バンド:

« 1月30日(水) メルダおやじ | トップページ | 2月1日(金) 「脱毛の子太郎」 »