« 2月14日(木) 街の赤狩りがとても綺麗ね横浜 | トップページ | 2月16日(土) 「おれとカーネルやん」 »

2013年2月16日 (土)

2月15日(金) 『一日一膳宇宙の旅』

 何回も読むとそのうち駄洒落に思えてくるよ駄洒落。米アマゾンよりブルーレイ 『大魔神 三部作』が到着。送料込みで1,245円である。このソフトは日本アマゾンでも販売されているが、その値段は1,980円。オレは勝った!と思いましたね(笑)。

 アウタースリーブ付のケースに2枚のブルーレイソフトを収納。DISC1には『大魔神』と『大魔神怒る』 DISC2には『大魔神逆襲』、「特典映像」がそれぞれ収録されている。特典映像はカメラマンの森田富士郎氏による解説&インタビューと予告編。音声仕様はDTS-HDマスターオーディオステレオ オリジナル日本語音声 吹き替え英語音声収録。英語字幕を表示させることも可能。日本国内版のブルーレイボックスは特典が一部共通、そして片面一層で音声がリニアPCMモノラルということを考えると大変にお買い得。何しろ、国内版はアマゾンで現在、8,881円もしますからなあ。

 『平成ガメラ三部作』米国盤ブルーレイも安かったけれども、こちらは音声がロッシーのDTS-HDハイレゾリューションであり、音質・画質的には国内版の方が勝っていた。今回の『大魔神 三部作』米国盤は少なくともスペック的には同等であり、誰にでもお勧めできる逸品となっている。

 まあ、他の人はとっくに買ってたりしているのですがね(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に膳でラーメン+替え玉。出汁が良く出ていてここ半年で一番美味しかったのではないかと思ったくらい。夕食はイサキの刺身、焼き鳥、塩じゃけ。後はたっぷりの生キャベツやにんじんや油揚げの炊き合わせ。ビール2缶飲んでゴハンを一膳。久々に塩じゃけでゴハンが一杯美味しく食べられてオレは幸せだ。

 その後シアタールームにて本日届いたばかりの米国盤ブルーレイの中から『All Superheroes Must Die』をチョイス、プロジェクターによる大画面にて楽しむ。

 この『All Superheroes Must Die 』は『キック・アス』と『SAW』を組み合わせたような映画と聞いていたが、実際はそんなカッコいいものでは絶対にない。いきなり夜の街で意識を回復する4人のスーパーヒーローたち。彼らの手首には注射痕があり、おそらくその注射によってスーパーヒーローたる特殊能力が封印されてしまったらしい。

 彼らを誘拐したヴィランはテレビを通じてこの街にはまったく関係のない人々が集められて残酷な死を待っていると告げる。4人のスーパーヒーローは彼らを救うために様々な死のゲームに勝ち残らねばならない!というのがだいたいのプロットなのだけれども、このゲームというのがいかにもいい加減でねえ(笑)。檻の中にいるおっさんを倒せば3人助かる!と言われていたのに実際倒してみてもやっぱり爆発、3人がぐちゃぐちゃになってしまう。おまけに仲間の一人がナイフで腹をえぐられて死んじゃった。次のゲームはもっと単純になって、無実の人を助けたければ自殺せよというのである。「どうだ、単純だろ、おれは単純なのが好きなのだ」と笑うヴィラン、なんだ、お前は。

 『SAW』的な知恵を絞ればなんとかなるという仕掛けはまったくなし。苦慮した挙句スーパーヒーローたちのリーダーは拳銃を取り上げて無実の人質三人を射殺してしまうのだ。

 そして第3のゲームでは妹を人質に取られたスーパーヒーローに「2人の仲間のうち、どちらかを殺せ!」と身も蓋もない指示が下され、仲間割れ。「なんだ、この野郎」「うるさい、拳銃よこせ」「もう、やめなさいよ」「死ね」「あ、畜生、のび太のくせに!」と人質取られたスーパーヒーローが射殺されてしまうという・・・。もちろん、人質の妹も爆死だ。

 公開前というか、まあ良くてDVDスルーだな(笑)の映画なのでこれ以上のネタばれは避けるけれども、これほどカタルシスがなくってフラストレーションがたまるばかりのスーパーヒーローものは初めてですよ。そして、この4人にもいまひとつやる気がなくってヴィランに「よし、次のゲームは街のどこそこあそこだ。5分以内に来い、さもないと人質が死ぬぞ」と言われたのにも関わらずぺちゃくちゃ喋りながらのんべんだらりと歩いていくのである。特殊能力もヴィランによって封印されているという設定なので、よわっちいことこのうえない。あれでは変なカッコをしたフツーのおにいちゃん、おねえちゃんだ。

 まあ、面白いですけどね(笑)。

 ハイビジョン画質は良好。きっちりと沈んだ黒が心地良い。音声はDTS-HDマスターオーディオ 5.1チャンネル。音質自体は悪くないのだが音数が少なくて非常にビンボーなサラウンド音場だ。ここまでリアの情報が少ない映画も久しぶりである。

 終了後、シャワーを浴びて原稿書き。

 午後11時過ぎから前述の米国盤ブルーレイ『大魔神 三部作』から『大魔神』を鑑賞。画質・音質チェックのつもりだったのだが面白かったのでついつい最期まで見てしまう(笑)。画質は暗部に弱点アリ。ノイズが発生し諧調情報が失われてぺったりとなってしまう場面が散見された。ただ、明るい場面は間違いなく日本映画専門チャンネルハイビジョン録画版を上回る。とにかく水しぶきや炎の場面で画面破綻がないので安心してみていられるのだ。

 音声はさすがロスレスだけあって重心が低く伊福部昭の音楽に魔神の魂が乗り移ったかのようだ!大魔神の足音の響きも今までとは違う迫力で、部屋がゆれる、ゆれる、わあ、ついにはマンションそのものがぐらぐらゆれ出した(ウソ)。

 終了後は原稿書きの続き、ダビング作業など。

 就寝午前3時過ぎ。

|

« 2月14日(木) 街の赤狩りがとても綺麗ね横浜 | トップページ | 2月16日(土) 「おれとカーネルやん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月15日(金) 『一日一膳宇宙の旅』:

« 2月14日(木) 街の赤狩りがとても綺麗ね横浜 | トップページ | 2月16日(土) 「おれとカーネルやん」 »