« 2月1日(金) 「脱毛の子太郎」 | トップページ | 2月3日(日) 「カフェインの忍者赤影」 »

2013年2月 3日 (日)

2月2日(土) 『オネエよ銃をとれ』

 元ネタの『アニーよ銃をとれ』はジュディ・ガーランドのアウトテイク 「アイム・アン・インディアン・トゥ」しか見たことがないよ駄洒落。電源ケーブル DEVICE1 SEを使ってみた。DEVICE1の上位ケーブルといってもその価格差はたかだか3万円、たいした性能の違いはないとたかをくくっていたのだが、音を出した瞬間、「わあ、スッゲ!」 DEVICE1の低域の伸びや高域のきらびやかさが過剰に装飾されることなく、細かい音を掘り起こしてくる解像感の高さ、響きの美しさで音全体の質を高めるという特徴をそのまま保ちながら、これをさらにグレードアップさせている。音の響きがより美しくなる。音の余韻も外部の音質コントロール機材でリバーブを掛けたのかと勘違いしかねないほど長く続く。今まではこの余韻の終わり部分が他の音にマスクされていたのだ。

 そしてもうひとつ驚かされたのが音の躍動感。なんと言えばいいか、DEVICE1で底上げされた音がさらに新たなエネルギーを注入されて活性化したというべきか。

 映像においてもDEVICE1との違いは顕著であった。DEVICE1は『アバター 3D』のコントラスト、発色を大きく改善させたが、DEVICE1 SEではそこに画面のすべらかさという要素が加算される。この3Dはまさに圧倒的であってここまで深い映像への没入感は初体験だ。

 あー、もうメーカーさん、困りますよ、DEVICE1の試聴を頼んだのにDEVICE1 SEも一緒に送ってきちゃ。やっぱりこんな結果になっちゃったじゃないですか。もうSEを体験したらこれを買うしかなくなっちゃうじゃないですか(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にゆきみ家で味噌ラーメンとミニカレーのセット。夕食は出来合いの牡蠣フライ、生野菜、鯖の干物。ビール2缶飲んでお茶漬けでゴハンを一膳。

 その後 シアタールームにて電源ケーブル DEVICE1 SEのテストをして、うひゃー、うひーと喜んだのである(笑)。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びて録画しておいた「ゴリパラ見聞録」を見たりする。後は資料本の読み込み。安部司はまだ実験動物のことを「ネズミ、ネズミ」と言うておるのかいのう(笑)。

 午後11時からプロジェクターを再起動。チャンネルNECOハイビジョン録画の『関東刑務所帰り』を1時間ほど。珍しく深江章喜が善玉。非道なヤクザにこれでもかと嫌がらせをうける大阪志郎の代貸しを勤めている。なんだか物凄く裏切りそうである。

 その深江章喜と対照的なのが非道なヤクザの親分をやっている葉山良二。いつもとイメージと随分違うなあ、だいたいこの人は良い人役ばっかりなのだがなあ(笑)。なお、この葉山良二は「これからのヤクザは腕っ節ばかりじゃねえ、頭よ」なんて言うのだけれども、その手口は目当ての縄張りを持っている親分さんを夜道でいきなり襲って切り殺し指をつかんで書類に拇印させるという荒っぽいもの。どこが頭なんだか。

 ハイビジョン画質はやっぱりDEVICE1 SEのおかげで向上している。映像の光量が上がっているためか画面の見通しがこれまで以上に良くなっており、画面の奥の小さな提灯の光まではっきり見ることができるのだ。

 後はテレヴィと読書。就寝午前2時半。

|

« 2月1日(金) 「脱毛の子太郎」 | トップページ | 2月3日(日) 「カフェインの忍者赤影」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月2日(土) 『オネエよ銃をとれ』:

« 2月1日(金) 「脱毛の子太郎」 | トップページ | 2月3日(日) 「カフェインの忍者赤影」 »