« 2月26日(火) 「独ソ戦!女の60分」 | トップページ | 2月28日(木) 「リニューアル鬼ごっこ」 »

2013年2月28日 (木)

2月27日(水) 『テキストと五人の仲間』

 どんな映画だ。ブルーレイソフト『キングコング エクステンデッド・エディション』を再見。前回試聴時よりAVシステムが大幅な進化を遂げているので、まるで別物。もう理屈もなにもあったものではない。圧倒されてただ、「凄い、凄い」と呟くばかりである。

 なんだか、タイタニックみたいな馬鹿でかい超豪華客船のような映画になっちゃったよ。もちろん、この豪華客船はただ豪華なだけではない、ちゃーんと秋葉原みたいなオタク街があってあんまり見目麗しいとはいえないおにいちゃんたちやメイドさんたちが闊歩しているのだ。

 本日は休み。午前8時半に起床。大変に暖かで気持ちの良い朝だったのでルーフバルコニーにわざわざ出てモーニングコーヒーを楽しむ。端からみると中年のおっさんが隣のマンションの高層階から丸見えのルーフバルコニーに立ってセブンイレブンの煎れたてコーヒー 150円(ラージ)を飲んでいるだけなのだが、当人はニューヨークのペントハウスにいるセレブ気分だったりする(笑)。コーヒーカップは1客2万円のマイセン(本当はプラスチックのカップ)、そしてコーヒー豆は百グラム2,000円のコピ・ルアックだ(本当の値段は知らん!)。

 午前9時すぎから映画。レンタルブルーレイの『ボーン・レガシー』である。私はオリジナルの『ボーン シリーズ』は全作見たものの、どこが面白いか良く分からずもうストーリーも全部忘れてしまったという男であるが(笑)、この映画は楽しめた。ジェレミー・レナーの冷徹な超人ぶりがとにかくカッコいいのである。またヒロインのレイチェル・ワイズも最高。厳重に隔離された実験室の中で同僚にいきなり射殺されそうになったり、事件後、事情聴取にきたCIAにいきなり自殺を装って殺されそうになったりするという典型的な巻き込まれキャラで、「ひいひい」と怯える様が私の好き心というものを巧みに刺激するのである(笑)。

 ああ、これが巷で語られる「萌え」という奴であろうか(多分違うと思う)。

 陰謀が明るみにでそうになって慌てたどこぞの組織の奴らが配下の強化人間(ブーステッドマン)を次々と始末していったのに、なぜかNO3だけが生かされていたり、そのNO3がラストでジェレミー・レナーと肉弾戦やるのかと思いきやバイクが事故ってあっさり退場とか、納得のできない箇所もあったけれども、多分、これは続編へのあんまり上手くない伏線なのでありましょう。

 ハイビジョン画質はとにかく解像度が高い。大都会の俯瞰映像など、息を呑んでしまったくらいである。音声はDTS-HDマスターオーディオ。こちらも映像に負けず劣らずの素晴らしさ。フロントとリアが綺麗に繋がってどこにも隙間がない。

 昼飯はまたまたルーフバルコニーにて。ニューヨークのセレブ氏はルーフバルコニーにキャンプ用の折り畳み椅子を持ち出して(セレブはそんなもの使わない)、BSアンテナの基部をテーブル代わりにして(だからセレブはそんなものを使わないって)ビールを飲み、チーズとハムを挟んだバタールを食べたのだ。食後、キンドルで読書を楽しむ。そして訪れた睡魔に身をゆだねて30分ほどまどろんだのであった。

 それからプロジェクターを起動させて前述の『キングコング』を見たのである。

 夕食はカンパチの刺身(またかい!)と出来合いの白身フライ、生野菜。ビール2缶飲んでゴハンはなし。ニューヨークのセレブ氏は昼に食べたバタールがまだお腹に残っていたのだ。

 その後シアタールームにて三度プロジェクターを起動。昨日に引き続いて『ハリーポッターと賢者の石』を見たのだが、何しろエクステンデッドエディションなので長い、長い。最期まで行けずロンのチェス合戦のところまででストップ。

 終了後はお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 2月26日(火) 「独ソ戦!女の60分」 | トップページ | 2月28日(木) 「リニューアル鬼ごっこ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月27日(水) 『テキストと五人の仲間』:

« 2月26日(火) 「独ソ戦!女の60分」 | トップページ | 2月28日(木) 「リニューアル鬼ごっこ」 »