« 2月5日(火) 『憲兵とヴァルハラ死美人』 | トップページ | 2月7日(木) コーエンデビュー »

2013年2月 7日 (木)

2月6日(水) 二コラ・ステマ

 二コラ・テスラは100年前に宇宙エネルギーを開発していた!何かステマの使い方が間違っていませんか駄洒落。冷蔵庫到着。昨日の模様変えで空いたスペースにぴったり収まった。冷蔵庫とキッチンシンクの奥行きがほとんど同じでまるであつらえたみたい。冷蔵庫とブルーレイソフトラック(元本棚)の間にテーブルと椅子を置くことができたので将来的にはここを食事のスペースにすることができるぞ。

 まあ、当分、冷蔵庫に入れるのは酒関係ばかりになりますけどね(笑)。

 本日は休み。午前9時に起床してセブンイレブンで買ってきたコーヒーを飲みながら昨日ダウンロードした上原ひろみの「MOVE」を聞く。午前11時に事務所へ出てもろもろの仕事。終了後、これまたセブンイレブンで買ったマカロニサラダ、酢モツを肴に昼酒、ビール500ml缶を飲んだのである。仕上げは昨日に引き続き冷凍のうどんを使った釜揚げうどん。

 午前1時過ぎに冷蔵庫が到着。前述のごとくにやにやと喜んだのである。それからプロジェクターを起動。WOWOWハイビジョン録画の『ポルノスターへの道』を見る。いやあ、やはりニック・スゥードソンのキャラクターはイタすぎるなあと(笑)。特にハリウッドへ着いてからのあれこれはもうイタすぎてギャグにならず、笑うどころかドン引きしてしまったくらいだ。ポルノ男優のディック・シャドウにプールへ突き落とされる場面など見ていられなかった。

 ただ、この悪印象は彼の主演したポルノ映画がなぜかヒットしてしまうあたりからがらりと変わってくる。短小というか極小のチンチンでセックスどころかオナニーの経験さえほとんどなしというカッコ悪い青年がポルノの大スターに!というありえない展開に監督の喜劇的想像力が大爆発!あのポルノのアカデミー賞でやたらに賞を取ってしまう件には大笑いさせられた。

 また、ヒロインのクリスティーナ・リッチとの恋模様も見もの。こんな内容なのに実に可愛らしくそしてロマンチックなのである。そして当然、クリスティーナ・リッチは豪奢なドレスよりもさえないダイナーのウェイトレス姿の方が100倍似合う。これも彼女の人徳のなせる業であろう(笑)。しつこく口説いてくるディック・シャドウに「うるさい、黙れ」(「Shut your mouth!」ならぬ「Shut your dick!」)と叫ぶギャグも最高だ。

 ハイビジョン画質は昨日の『ミッドナイト・イン・パリ』と同じく暗部に猛烈なノイズが乗る。音声はAAC 5.1チャンネル。リアの派手な動きが楽しい。

 夕食は鰹の叩き、生野菜、カレー。ビールを2缶飲んでカレーを一皿。

 その後プロジェクターを再起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ピクニック・アット・ハンギング・ロック』を見る。ええと、すいません、この映画、私には何がなんだかさっぱり分かりません(笑)。冷静に考えれば竪穴に落っこちたのではないかと思われるのだけれども、探す描写はないし、一週間後一人だけ見つかった少女も記憶喪失とかで何の手がかりにもなりゃしない。いやいや、それどころかあの総督の息子が怪しい行動を見せたり、あの下男と女生徒の一人が兄妹であると仄めかされたりと謎は増える一方なのである。そしてラストの女生徒と校長の相次ぐ転落死、最期の最期まで私はぽかーんとしたままであった。

 あの女学校が下界(近くの町)とは隔絶された別世界であり、その中で起こった不思議で不気味な出来事がテーマになっているのだと思うが、ここまで訳が分からないとストーリーそのものが破綻してしまう。映像美という言葉で語られることの多い作品であるけれども、ちょっと私には向かなかったようだ。

 この映画は実際に起きた事件がモティーフになっているとよく言われるが、それは間違い。1967年に発表された小説が原作である。この小説は徹底したドキュメントタッチ(何分読んでいないもので具体的にどういう手法かはわかりかねる、あしからず)で書かれており、それが後の誤解を生むことになったのだろう。

 ハイビジョン画質は評価外。発色が薄く非常にノイジーである。音声はAAC5.1チャンネル。1975年という製作年度の割りに環境音の広がりが宜しい。

 シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」 なんかミス世界の人には「恋愛駄目」「結婚とか駄目」という契約条項があるらしくって、AKBの人もそんな風にしたらいいのにと思いました。

 就寝午前12時過ぎ。

|

« 2月5日(火) 『憲兵とヴァルハラ死美人』 | トップページ | 2月7日(木) コーエンデビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月6日(水) 二コラ・ステマ:

« 2月5日(火) 『憲兵とヴァルハラ死美人』 | トップページ | 2月7日(木) コーエンデビュー »