« 3月5日(火) ばってんアムール川 | トップページ | 3月7日(木) 『ゴジラ対妾馬ゴジラ』 »

2013年3月 7日 (木)

3月6日(水) 『築地のキャットウーマン』

 忙しいからそんなの相手にしてらんないよ!ディーン・クーンツ 『汚辱のゲーム 下』読了。悪役のアーリーマン博士は非常にナルシスティックで恐ろしく頭が良いのだが、どこか大事なところが抜けていて結局最期には自分が馬鹿にしていた女性患者に顔面を吹っ飛ばされてしまう。このあたりの人物造詣は後のフランケンシュタイン博士(「フランケンシュタインシリーズ」)の原型になっているのであろう。

 この人は日本の俳句から天啓を得たという設定なのだが、折々に披露される自作の俳句は大変にひどいもの。クーンツ作品の悪役で思わず笑ってしまったのはこの人が始めてではあるまいか。

 本日は休み。素晴らしく良い天気で暖かい。亀も2頭揃ってバスキングのために陸場へ上がってきた。私も彼らに習ってルーフバルコニーで日向ぼっこだ。まあ、私のことですからただの日向ぼっこではありません。スーパーで買ってきた鰹の叩き(細かく切って味ポンで合え博多万能ねぎ、おろししょうが、レタスを添えた)、調理パン(エッグマヨネーズ 明太子フランス)を肴にビールを飲んだのでございます。しかし、なんですなあ、このスーパーの明太子フランスは正直いってあまり美味しいものではありませんなあ。明太子やバターの類はフランスパンの味を生かしてほんのちょっと付け足すぐらいでいいのに、このパンは中にたっぷり明太子が詰まっていますからなあ、フランスパンの味なんかもうあったものじゃない。なんだか、ゴハンのおかずになりそうなくらい味が濃いですからなあ。

 その合間に前述の「汚辱のゲーム 下」をぐいぐいがいがいと読んでいったのである。キンドルは電子ペーパーだからこんな日差しの中でもらくらくと読めるのだ。

 映画は輸入ブルーレイ 『サラマンダー』と国内版『バイオハザード 3D』を再見。いやー、進歩した画質・音質で見る『サラマンダー』はやっぱりいい。マシュー・マコノヒーの威張った軍人さんの駄目さ加減が150パーセント増し(当社比)だ!

 もー、この人ったら、「オレたちはドラゴンを何匹もやっつけてきたんだ。ヘリから飛び降りて金属製のネットをかぶせて落っことすんだ、どうだ、カッコいいだろう」とクリスチャン・ベイルたちに向かって自慢するのだが、肝心のドラゴン退治ではこの戦法がまったく通用せず、それどころか3人もの死者が出る始末。ドラゴンを最終的にやっつけるものの、それもクリスチャン・ベイルを囮にして捕鯨用のモリをブッ刺すという力技。ヘリとか、金属製のネットとかまったく関係ないのである。

 しまいには「よし、ロンドン行って雄のドラゴンをやっつけるぞ」 行儀良く隊列組んで行軍していたらその雄のドラゴンがやってきて何もかも焼き尽くされてしまう。やっぱり駄目じゃん!

 まあ、オレはこんな映画が大好きなんだけどね。

 食ったもの、昼飯は前述の鰹叩きとパン。夕食はマグロとカンパチの刺身、茄子と油揚げの味噌汁。ビールを2缶飲んでゴハンを一膳。

 その後は音楽。さらに「汚辱のゲーム 下」をぐいぐいがいがいごんごんと読んでいってついに読了したのであった。

 シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」 良い加減に酔っ払ったところでプロジェクターを再起動。クライテリオン版『ゴジラ』を30分ほど。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 3月5日(火) ばってんアムール川 | トップページ | 3月7日(木) 『ゴジラ対妾馬ゴジラ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月6日(水) 『築地のキャットウーマン』:

« 3月5日(火) ばってんアムール川 | トップページ | 3月7日(木) 『ゴジラ対妾馬ゴジラ』 »