« 4月2日(火) あいあい、あいあい、おさむさんだよ | トップページ | 4月4日(木) リノレアアース »

2013年4月 4日 (木)

4月3日(水) 「チャンプルレーサー」

 沖縄出身の競輪選手が活躍する人気漫画。週刊コミックモーニングにて連載中。「サンダーバード ブルーレイボックス」が到着。さっそく2時間ごとに安全カバーを交換しないと放射能漏れで乗客が全滅してしまうという夢の原子力飛行機ファイヤーフラッシュの登場する「SOS原子旅客機」をプロジェクターによる大画面で見てみたが、このクオリティは予想以上である。

 ファイヤーフラッシュの機首部分の美しい曲線、ロンドン空港管制室のミニチュアセットなど今までのイメージすら変えてしまうほどの情報量である。スターチャンネルのHD版でもそれなりのディテールは見えていたが、このブルーレイはそのはるか上を行く。そして、放送版につきもののモザイクノイズなどは当然、まったく存在しない。ミニチュアはもちろん、よりミニチュアらしく見えてしまうのだが、それゆえに実際の映像と撮影風景のスチールとのイメージ上の乖離が初めて埋められたともいえる(笑)。今まではあんなこぢんまりしたセットで撮影されていたなんてとても信じられなかったのだ。

 この高画質化によって特撮映像の楽しさというものが一部失われてしまったかも知れない。しかし、その代わりに我々は「サンダーバード」もまた才能あふれるスタッフたちの良い作品を作ろうという“熱気”をそのまま感じ取れるようになったのである。

 本日は休み。午前8時に起床してコンビニのコーヒーを飲んでのんびり。午前9時から早くもプロジェクターを起動させてレンタルブルーレイの『ゲットバック』を見る。銀行強盗を失敗しつかまりそうになったニコラス・ケイジは奪った金を浮浪者の焚き火で焼いてしまい証拠隠滅。おかげで8年で出所できたのだがFBIや元の仲間の皆さんは彼が金をどこかに隠したと思い込んでいる。

 尾羽打ち枯らした昔の仲間が彼の娘を誘拐し、金を要求してきた!というストーリー。

 1時間30分あまりの短い時間に詰め込みすぎた感があり、つじつまの合わない部分がある。一時間半の間に二度もまんまとニコラス・ケイジに逃げられたFBIの皆さんもとても間抜けに見えてしまう(笑)。しかし、その分展開がスピーディ。あれよあれよという間に物語に飲み込まれてしまう感覚がとても気持ちよくアクション映画の良さというものを堪能することができる。

 斬新な金塊強奪場面も見ものだぞ。物凄く警戒厳重な銀行の金庫の筈なのに床下までとても便利のいい地下通路が伸びている(笑)。ニコラス・ケイジは火花を噴出す魔法の棒で床下を崩し、さらに金塊をも溶かして流れ出させることによって奪うのだ。さらに都合のいいことにこの床下には溶けた金塊を冷やすための水溜りまでできているぞ。

 ハイビジョン画質は良好。ただ、露骨なトーンジャンプが数箇所で見られた。音声はDTS-HDマスターオーディオ。音圧が低く、やや迫力不足。環境音の再現性は良く、マルディグラ祭りの喧騒がリアルである。

 終了後、事務所へ行ってあれこれ。この時前述の「サンダーバード ブルーレイボックス」が届いたのだ。

 昼食は天気が良かったのでルーフバルコニーにて。例によってチーズ、ハムを挟んだバケットを缶ビール呑みながら齧ったのである。固いパンを齧っているうちに口中を傷つけたらしく最期の方ではパンが血まみれになっていた。我ながらちょっと怖かった(少し大げさ)。

 午後3時からプロジェクターを再起動させてレンタルブルーレイの『007 スカイフォール』を見る。ジェームズ・ボンドが自分自身の影とでもいうべき元スパイと対峙する後半の出来が素晴らしい。元スパイのMに対する複雑な感情の吐露に単なる悪役以上のものが感じられて、本作がダニエル・クレイグ版007の最高傑作という評価も納得。

 ただ、前半は乗れませんでしたねえ。軍艦島が出てくるあたりまでは退屈で退屈で何度か寝オチしてしまったくらい。こらっ、貴様なんてことをとファンの人から怒られそうだが、基本的に私には007心というものがないので仕方ないのであります。

 (007心とは手っ取り早く言うと007シリーズが好きで好きで仕方のない心のこと。ブルーレイ全作セットも買いましたよという熱心なファンを指す)。

 ハイビジョン画質は凄まじいばかりの高画質。最期の舞台となるスコットランド原野のシーンでの解像度の高さは4Kの限界に挑戦していると言っても過言ではないであろう。暗部の適切な落ち込みもグッド。見えるべきものは見え、見えてはいけないものが見えないという暗部表現の理想形だ。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。銃声の鋭さ、爆発音のマッシブな力強さ、こちらもサラウンド音声としては最上級のものである。

 夕食は水炊き、鯵と鯛の刺身。ビール2缶飲んでゴハンを一膳。鯛は茶漬け用であったが、天然物だけあって刺身でもいける。いや、それどころかこの素晴らしい身のしまりはお茶漬けにはいささかもったいないと思えるほどであった。

 その後テレヴィをだらだら。午後9時すぎからお酒。お供は前述の「サンダーバード ブルーレイ」 すげーすげーと呻きながら飲んでいたらあっさりと酔っ払い午後11時半には寝てしまう。

|

« 4月2日(火) あいあい、あいあい、おさむさんだよ | トップページ | 4月4日(木) リノレアアース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月3日(水) 「チャンプルレーサー」:

« 4月2日(火) あいあい、あいあい、おさむさんだよ | トップページ | 4月4日(木) リノレアアース »