« 4月8日(月) 「地球攻撃命令 ゴジラ対クワイ=ガン」 | トップページ | 4月10日(水) 「空手アカ一代」 »

2013年4月11日 (木)

4月9日(火) 「カフェラテバカ一代」

 極真カフェラテを世界に広めるのだ。なんだ、極真カフェラテって。レンタルブルーレイで『黄金を抱いて翔べ』を見たのだが、これがまたひどい映画でさあ(笑)。銀行強盗のために警察の目をひきつけておく必要がある。ならばある建物を爆破すればいい、じゃあダイナマイトを扱える奴を探さなきゃということで北朝鮮の当局から追われている脱北者を仲間に入れるという・・・。いくらなんでもそんなヤバイ奴、仲間に入れるなあ。そして銀行強盗という大事を控えているのに、地元ヤクザとの抗争を無意味に拡大する主犯格の浅野忠信も理解できない。挙句の果てにはヤクザに浅野の妻子がひき殺される。そしてその復讐に仲間の一人であった浅野の弟が殴りこみを掛けて少なくともヤクザを一人殺害してしまうのである。

 こんなことしていたら警察にマークされるに決まっているだろ!お前ら、本当に銀行強盗やる気があるのか。

 でもそれでも銀行強盗はやるの(笑)。弟がヤクザ襲撃で重傷を負って入院、脱北者はやっぱり当局に射殺されてしまう。最初の5人が3人に目減りしてしまった。重い金塊を運ばなきゃナと言っていた浅野忠信、人数の目減りは計画そのものを破綻させかねない大事なのにまったく気にする様子がない。

 そして極めつけなのが実際の銀行強盗。警備員を一人、一人ぶん殴って侵入というのはまあ、いいんですわ、コントみたいだけど。こいつらは銀行のビル機能を麻痺させるために爆弾どかーん!二重になっている金庫室のドアを破壊するためにまたどかーん、どかーん!ビルの中にいたほかの会社の人たちがびっくりして携帯で警察に連絡するのである。でも駆けつけてきた警察官はたったの二人。

 いくら他の場所で爆発があって警官が出っ張っているとはいえ、200億の金塊がおいてある銀行ビルからの通報なのだぞ、そんなことがありえるか。しかもこの警官二人は銀行施設を調べようともしない。「消防が来るまでわしらには何もできんズラ」とかなんとか言って入り口付近をうろうろしているだけなのである。

 これはクライムサスペンスという類のものではない。作った人の頭の中で物事が都合よく都合よく進んでいくクライムファンタジーとでも呼ぶべき映画である。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。昼飯は冷凍食品のラーメン。メンマ・チャーシューなどの具が入っているという目新しさで買ってみたものの、味はさほどのものではなし。麺が絡んでいて食べにくかったのも大きなマイナスポイントである。

 夕食は珍しく焼肉。ビールを2缶飲んでゴハンを一膳。

 その後シアタールームにて前述の『黄金を抱いて翔べ』を見てズッコケたのだ(笑)。ハイビジョン画質も微妙。精細感が乏しくうすぼんやりした印象である。音声のDTS-HDマスターオーディオだけが頑張っていた。邦画らしからぬスケールの大きなサラウンド音場を楽しめた。

 その後シャワーを浴びて原稿直し作業。

 終了後はだらだらとテレヴィと読書。就寝午前2時半。

|

« 4月8日(月) 「地球攻撃命令 ゴジラ対クワイ=ガン」 | トップページ | 4月10日(水) 「空手アカ一代」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月9日(火) 「カフェラテバカ一代」:

« 4月8日(月) 「地球攻撃命令 ゴジラ対クワイ=ガン」 | トップページ | 4月10日(水) 「空手アカ一代」 »