« 5月5日(日) 「ガッツと豆の木」 | トップページ | 5月7日(火) 『ミゼットとの遭遇』 »

2013年5月 7日 (火)

5月6日(月) 妊婦眼鏡っ子世にはばかる

 妊婦眼鏡っ子って何?手持ちの10万ほどの余裕をルーフバルコニー改造に当てようと思っていた。ルーフバルコニーにタートル・トータスサンクチュアリ、つまり亀の楽園(そのままやんけ!)を出現させようと目論んでいたのである。しかし、ここに来て新たな計画が持ち上がってきた。今年の12月でプロジェクター DLA-X3のローンが終わる。このローン金額と手持ちの10万円を合わせれば5年ローンでニューフォースのパワーアンプ Reference18が導入できるではないか。

 亀たちにはもう1、2年辛抱して貰って先にシアターシステムの拡充を図るのだ。亀に我慢をして貰うというけれどもそれぞれリクガメには120センチ水槽をあてがっているのである。甲長30センチ近くになるマルギナータはともかくホルスフィールドリクガメには十分な筈。マルギナータだってまだまだ小さいからそんなにあわてることもない。

 ウウーム、どうしよう、どうしよう。

 こうして7ヶ月も先のことを考えてにやにやにやにや30分も時間を潰せる。これも私のあまり役に立たない特技のひとつなのだ。

 本日は仕事。本来なら今日が連休最終日なのだが、バーベキュー大会であんなに贅沢をさせて貰ったのだ、これ以上休んでいたらバチが当たる。それにあんまり長く物件を放っておくのも心配だしねということで午前9時から事務所へ出たのである。

 ただ、取引先等は当然ながら休み。私は午前中からしこしこと物件の掃除をやることになったのである。

 食ったもの、朝飯にコンビニの調理パン・コーヒー。昼飯はマルタイ棒ラーメン 豚骨味。夕食はイカ・鯛の刺身、生野菜たっぷり、そしてカレー。ビール2缶飲んでカレーを一皿。

 その後シアタールームにてレンタルブルーレイの『アウトレイジ ビヨンド』を見る。前作以上にヤクザという世界のねじくれたルールの中で悪戦苦闘する男たちが描かれるのだが、それは奇妙に一般企業ジャンルの創作物を想起させる。術策権謀を尽くしてのし上がろうというのはヤクザもサラリーマンも一緒であり、そこに暴力が存在するかしないかの違いしかない。多分、こんなことを考えたのは日本で私一人かも知れないけれども、この物語は前作を含めてヤクザの世界を使って構築した『サラリーマン忠臣蔵』、『続サラリーマン忠臣蔵』のリメイクなのである(本気にするなよ)。

 ハイビジョン画質は室内場面においてコントラストが不足する傾向があった。解像度は申し分なく暑苦しいオヤヂたちの顔がよりいっそううっとおしくなるようだ。音声はDTS-HDマスターオーディオ。強烈な銃声による鼓膜のマッサージが心地よい(笑)。でも防音じゃなかったら絶対迷惑だな、これは。サラウンドの音にも実在感があって右後方に足音が遠ざかってドアがばたんとあき、そして閉められるといった場面に威力を発揮。驚くほどのリアルさだ。これをホラーでやられたら冗談抜きで心臓が止まってしまうのではないか(笑)。

 終了後、シャワーを浴びていろんなダビング作業。後は読書。キンドルに入れた「黒いトランク」をがいがいずいずいと読み進む。

 就寝午前3時過ぎ。

|

« 5月5日(日) 「ガッツと豆の木」 | トップページ | 5月7日(火) 『ミゼットとの遭遇』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月6日(月) 妊婦眼鏡っ子世にはばかる:

« 5月5日(日) 「ガッツと豆の木」 | トップページ | 5月7日(火) 『ミゼットとの遭遇』 »