« 6月12日(水) マイレージ・ブルー | トップページ | 6月14日(金) 「赤ディルドゥ鈴之助」 »

2013年6月14日 (金)

6月13日(木) 本気と書いてマイレージと読む

 元ネタの「本気と書いてマジと読む」は中森明菜の自伝のタイトルだったと思うのだが。まあ、間違っていたらすみません。中森明菜といえば六本木のバーからべろんべろんになって出てきてそのまま路上駐車の車に乗り込み運転して帰ったという連続写真を写真週刊誌で見て仰天したことがあるなあ。いくらなんでもこれはマズイだろと思ったものなあ。中森明菜の親父や妹の中森明穂(笑)が駐車場でマスコミ相手に大暴れしたという記事よりびっくりしたよなあ。あ、この時の中森明菜の親父はたしかコンクリートの台座がついた交通標識を振り回していたのではなかったかなあ。

 いよいよ明後日15日から「宇宙戦艦ヤマト 2199 第6章」が公開。これを記念して「せんかんやまとのまめちしき」をお送りしましょう。

 ・大和級戦艦の煙突には直径約180mmの穴がたくさん開いた蜂の巣型鋼鈑)がはめ込まれていた。敵戦艦の主砲弾が煙突に中に飛び込んでくるのを防ぐため。

 ・大和が魚雷攻撃などによって浸水した場合、その反対側に水を注水してバランスを取る。

 ・大和がその生涯において敵艦に向けて主砲弾(三式弾にあらず)を放ったのは一度だけ。レイテ沖海戦のサマール島沖で敵護衛空母(商船改造空母)艦隊に対して主砲弾を104発発射したとされる。なお、大和ではこの護衛空母艦隊を「正規空母」と誤認していた。

 戦艦と空母の会敵はヨーロッパでも発生している。1940年6月8日のノルウェー沖海戦である。この時はドイツ軍海軍の巡洋戦艦シャルンホルスト、グナイゼナウがイギリス海軍空母 グローリアスを撃沈している。

 ・戦艦が空母に勝るところは人に「かっけえ、でっけえ、強そう」と思われること。冗談ではなくて本当なんです、これ。

 まだまだ続きます。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。昼飯はレトルトのカレーライス。本当はまたマルタイ棒ラーメンを使ったカレーつけ麺にしようと思っていたのだが、たまたまゴハンがあまっていたのでストレートにカレーライスにしたのである。

 夕食は母親が出かけていたので出来合い飯。チラシ寿司とコロッケ、ポテトサラダと生野菜。チラシ寿司はイカの刺身がびっくりするほど不味かった(笑)。チラシ寿司自体は上品な味付けで美味しかったのだが、なんでこんなものをのっけるかと思う。ビール2缶飲む。

 その後シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『セクレタリアト/奇跡のサラブレッド』を見る。ヒロインが赤字続きの牧場を立て直そうとしたり、相続税が大変でセクレタリアトを売ろうと兄さんにさとされたりするあたりの苦労話は面白かったのだが、その後が順風満帆に過ぎて逆に興をそがれてしまう。あの必要以上に濃いキャラが気になったライバル馬の馬主もセクレタリアトに妨害工作したりしない、単に記者会見で「あの女、我慢できねー」とヒロインに対して怒ったりするくらいである。

 フツーだったら飼葉に何か入れたり(笑)、馬の近くでフラッシュ炊いて脅かしたり(笑)、いろいろやるだろ。一応、史実を元にしたセミドキュメンタリーの映画なのだから無茶はできないというのはわかっているけれども、それでももう一盛り上がりが欲しいじゃないか。

 ハイビジョン画質は今ひとつ。ノイジーで解像度も低め。音声はAAC5.1チャンネル。背後を駆け抜けていく馬が凄くリアルだ。

 その後シャワーを浴びてあれこれ。

 午後11時過ぎからプロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『おいしい生活』(ウディ・アレン)を50分ほど。

 就寝午前2時半過ぎ。

|

« 6月12日(水) マイレージ・ブルー | トップページ | 6月14日(金) 「赤ディルドゥ鈴之助」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月13日(木) 本気と書いてマイレージと読む:

« 6月12日(水) マイレージ・ブルー | トップページ | 6月14日(金) 「赤ディルドゥ鈴之助」 »