« 6月7日(金) 原爆ラブラブ病 | トップページ | 6月9日(日) 「アンノウンが噛んだ小指が痛い」 »

2013年6月11日 (火)

6月8日(土) 「火星のフリーセックス」

 ターザナに住んでいる人たちに怒られそうな駄洒落。いや、ターザナという町はいまでも存在しているのかしらん。さて、本日は2013年日本トンデモ本大賞である。今回はスタッフや物販売り子などはお役御免、単なる一観客としての参加だから開場時間の午前一時までに行けばいい。ゆっくりと午前9時まで寝かせて貰う。そしてホテルの洋食バイキングをたっぷりと食って、たっぷりと脱糞。お風呂にゆっくり使って午前11時に出発する。

 新宿駅まで行って初体験の「りんかい線」に乗る。りんかい線がJR線ということを知らなかった私は多少まごついたが(やっぱりですな、案内にはJRりんかい線としておくべきですな。でないと私のような人間が迷っちゃうから)、駅員さんに聞いてなんとかホームまでたどり着いたのだ。

 東京テレポート駅で下車。思ったより早かった、これなら12時くらいに着いちゃうなと思ったのだが、サイトの案内に従って開場であるカルチャー・カルチャーへ行ってみると、あれ、あれあれあれ、もう午後1時近くになっているぞ。ほぼ1時間、記憶の空白があるぞ、これはあれだ、真昼間からUFOにアプダクトされて身体検査をされてしまったのだ。下手したら体に何か怪しいものをインプラントされたのかも知れない。ああっ、左手首の裏側にそれらしき傷跡が・・・。

 まあ、もちろんそんなことはなくって単なる出発時間の勘違いでしょうな。手首の傷跡というのも虫刺されでございます(笑)。

 開場入り口にいたぴんでんさんと合流。ほぼ最後尾で入場する。おかげで舞台から遠く離れた隅っこの席というまことに良いなポジションを得ることができたのだった。

 さて、今回のトンデモ本大賞はお酒や料理を飲みながらという趣向である。私もさっそく生ビールを注文。美味しかったのでもう一杯注文。昼間の二杯の生ビール、これはまさしく「幸せへのゲシュタム・ジャンプ」(別名 「幸せへのパスポート」)だって言っていることが昨日とまったく同じですな。

 二杯の生ビールは私の頭をゆるゆるに弛緩させてしまった。いつもなら各種発表についてメモを取ったりするのだが、今年はその気力まるでなし。ですから、今年は大会の詳細レポートはと学会公式サイトをご覧下さいませ。私も後から自分の記憶を掘り起こして補足していきますから。

 とりあえず、これだけは書いておきます。2013年のトンデモ本大賞は「ポストメディア編集部編『お城でBL』(一迅社)」に決定いたしました。また発表では原田実さんの「江戸しぐさ」が良かったです。洗練を極めた「江戸しぐさ」が廃れてしまったのはなぜか。それは薩長政府による「江戸っ子狩り」が行われたからだ!。

 私は江戸っ子狩り隊に追われて「てやんでぃ、べらぼうめ」「てやんでぃ、べらぼうめ」と叫びながら逃げ惑う江戸っ子たちの姿を想像して思わず噴出してしまいましたぞ。本当にこんなことがあったと信じている人なんかいるのかと思ったら本当にいたぁ<http://orange.ap.teacup.com/yukikokajikawa/48.html) って、この人は元広島県会議員の梶川ゆきこさんではないの。数々のアレな発言で話題を集めたトンデモ議員だ<http://matome.naver.jp/odai/2130361238287586901>

 そういう人だから「江戸っ子狩り」なんてものを本気にしてしまうのも無理はないか。

 本当にみんななぜそんなに江戸が好きなのかねえ。江戸の人々は凄くエコなくらしをしていたとやたらに持ち上げる人がいるけれども、長屋の便所の大便はたしかに再利用されていたけれども小便は垂れ流しだったんだぞ。人口は多かったけれども、女が少なかったから貧乏な男は嫁の来てがなかなかなかったんだぞ(この性比の不均衡は江戸自体を通じて改善されていき末期にはほぼ一対一になったとされている)。

 だからみんな花魁に憧れたのだ。紺屋の久蔵みたいなことがないかと本気で思っていたのだぞ(あー、このへん、ウソ入ってます)。

 終了後は当夜祭。まあ、平たく言えば今までなら二次会でわいわい飲んでしゃべっていたところに一般のお客さんにも参加してもらいあまつさえみんなで発表しちゃおうかという催しである。ヴァイキング形式なので一般のお客様を優先、と学会員には15分のハンデが付与された(笑)。

 まあ、一般のお客様が気を使ってくださってと学会会員分の料理も持ってきてくれたけれども。

 そして開始後まもなく当夜祭開始。と学会員O氏の司会でと学会員 すなむしさんから発表が始まる。私の発表はエド・ウッドが脚本を書いたという(少し怪しい)恐竜ポルノ映画『変態百万年』、そしてサムシングウィアードのDVDに同時収録されていた巨大猿映画『マイティ・ゴーガ』のあまりにもひどい特撮場面と、自宅近くで偶然に見つけた「有限会社○リー・○○ソン」の看板。

 どちらも既出ネタだけれども、一般のお客様はご存じないので問題なし。結構受けてたと思うよ。

 一般参加の人たちのネタも面白かった。特に感動させられたのはテスラポッドという巨大なコクピット型ゲーム(というんですかいの)が何台も部屋においているという人。その画像はまさに圧巻というべきであった。

 この楽しい会も午後9時にお開き。皆さんにご挨拶して帰宅・・・の筈がない(笑)。新田五郎さん、0E4さんらと学会有志4人で新宿に行ったのであった。0E4氏ご推薦の居酒屋、店構えは思いっきり老舗の料亭風なのに中にはいると若い人ばっかりの格安居酒屋なのである。

 そこで午後11時過ぎまでちびちび飲みながらあれやこれやの話。皆さん、私からお誘いしておきながら終盤、口数が少なくなってしまって申し訳ありませんでした。ひそかに財布の中身の心配をしていたのであります(笑)。

 まあ、カードを使ったので結局、金欠という最悪の事態は避けられたのですが。

 新宿駅手前でみなさんとお別れ。タクシーにてホテルへ。

 就寝午前12時過ぎ。

|

« 6月7日(金) 原爆ラブラブ病 | トップページ | 6月9日(日) 「アンノウンが噛んだ小指が痛い」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月8日(土) 「火星のフリーセックス」:

« 6月7日(金) 原爆ラブラブ病 | トップページ | 6月9日(日) 「アンノウンが噛んだ小指が痛い」 »