« 7月20日(土) 「大正やおい娘」 | トップページ | 7月22日(月) 『ちゃいまんなシンドローム』 »

2013年7月22日 (月)

7月21日(日) 西表ヤハウェイ猫

 どんな猫だ。味の素の冷凍食品 「水と油のいらない餃子」を作ってみた。中火で蓋をして蒸し焼き5分、蓋をとって1~2分で好みの焼き目をつければできあがり、ちゃんちゃかちゃーん!という製品なのだが、指示通りに、時間も携帯のストップウォッチで計って正確にやったのにちゃんとした焦げ目がついていなかった。あまつさえ、生焼けの部分すらあった。これは中火の火加減が弱すぎたのだ、もっと思い切ってぐいっと火力を強くすればぱりぱりの焼き上がりになったはずなのだ。ああ、こんなところでも俺の優柔不断が現れる。ああ、俺は決められない男なのだ・・・。

 うっとおしいモノローグは放っておいて(笑)、こんな時には電子レンジで加熱してやればよろしい。一分もあっためれば生焼けも完全解消だ。ところがなんということであろう。単なる失地回復の手段であったはずの電子レンジによる加熱が餃子をすばらしく美味しいものに変えてしまったのだ。

 ぱりぱり感こそあまりないが、かみ締めると美味しい肉汁がじゅうわあと口の中にあふれてくる。豚肉の旨み、野菜の甘さが絶妙のハーモニーをなし、私の口の中で美味しさの交響楽を奏でてくれるのだ。正直に言おう、この餃子は私が今まで食べてきたものの中で一番の美味しさだ。冷凍食品はもとより、餃子の名店だって敵わない。これさえあれば世の中から餃子店がなくなったって構わないぞ(極論)。

 昨今のこうした冷凍食品、チェーン店、コンビニ惣菜の進歩をみると、あと10年もしたら小さな個人営業の店は名店といわれるようなところでも味で負けてしまうようなことになるのではないか。
 
 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に素麺2把、夕食は豚のしょうが焼き、生野菜、ポテトサラダ、炒飯。ビール2缶飲む。

 その後シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『アニマル・キングダム』をみる。母親が麻薬の過剰摂取で死亡、息子のジョシュアは叔母に引き取られることになったのだが、そこはさまざまな犯罪に一家で手を染めている犯罪家族であった。警察により彼らの犯罪仲間が射殺される。長男ポープは次男と三男と共に復讐として警官二人を射殺。ジョシュアはいやおうなしに彼らの犯行に巻き込まれてしまう。

 犯罪一家の日常をほのぼのと描くファミリームービーかと思いきや、まったくそんなことはなく(当たり前だ)、友人の死をきっかけにタブーであるはずの警官殺しに身を染める兄弟と、彼らを守るためにジョシュアさえ悪徳警官に殺させようとするママ。犯罪が日常と化した家族の行動をエスカレーションさせることによって新たなる非日常を作り出すたテクニックが出色であり、異様なまでのリアリティを感じさせる。

 実際の犯罪者一家が本当にあんな風なのかは知りませんが(笑)。

 ハイビジョン画質は良好。柔らかなフィルムグレインがきちんと圧縮されている。音声はAAC5.1チャンネル。全体の音質が非常に良い。BGMなど聞きほれてしまうくらいである。

 シャワーを浴びてテレヴィの選挙速報をザッピング。自民党大勝は当たり前であって、いや、こんなのは予想ともいえん(笑)、なんと、あの山本太郎が当選していた。あんたら、パーか!と憤る。世の中間違っとるよー、誠に遺憾にぞんじますと歌ったりもする。

 アントニオ猪木の当選も噴飯もの。もういい加減に「一芸議員」というのはやめようよ、本当に。

 馬鹿馬鹿しくなってプロジェクターを再起動。スーパーテレビHDで録画しておいた『サンダーバード 劇場版』を30分ほど。ハイビジョンリマスター、大画面で見る「ゼロ X号」の組み立て場面はやっぱり素晴らしい。巨大感の表現も従来のLDやDVD、テレヴィ放送版とは大違いで、これでやっと最初にLDを買ったときの「マスターが現存しないのでトリミング版で発売します。今後もノートリミング版は発売されないでしょう。ってやっぱり後からノートリミング出たやんけ!」のくやしさを晴らすことが出来た。

 あんたはずいぶん、長い間悔しがっていたのですな(笑)。

 就寝午前2時過ぎ。

|

« 7月20日(土) 「大正やおい娘」 | トップページ | 7月22日(月) 『ちゃいまんなシンドローム』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月21日(日) 西表ヤハウェイ猫:

« 7月20日(土) 「大正やおい娘」 | トップページ | 7月22日(月) 『ちゃいまんなシンドローム』 »