« 7月24日(水) 「ロドファールーム」 | トップページ | 7月26日(金) 谷ナオミさんは野菊のような人だ »

2013年7月26日 (金)

7月25日(木) 松のロドファー

 吉良殿、吉良殿、お願いでござる、今一度、このフィルムをごらんくだされ、さすれば円盤の、宇宙人の存在をご理解いただける筈、お願いでござる。ええい、そんなインチキなものをわざわざ見るか、時間の無駄じゃ、ええい、どけどけ。吉良殿、そこをなんとかお願いでござる。ええい、鮒め、鮒め、鮒侍め!カッ、カッ、カッ、ペッ・・・。

 覚え書き CIA-ヒューミント 主にスパイによる諜報活動。NSA-シギント 電子装置による情報収集 「ねえ、CIAとNSAってどう違うの?」と聞かれてこう即答できたらカッコいいと思いませんか。何か、こう物の分かったオトナという感じで、私はそういう人になりたいのです。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。昼飯はサッポロ一番味噌ラーメン。麺を茹でるでざるに開け、別に沸かしておいたお湯でスープを溶くという手法で驚くほど美味しくなった。スープ用のお湯の沸騰と麺上げのタイミングが合わず、少々伸びてしまったけれども(笑)それが気にならないほどのスープの味であった。昨日の鳥わさに使ったねぎの残りをしこたま、ほぼねぎラーメンレベル、入れたので栄養的にも万全だ。

 夕食は肉野菜炒め、マグロの刺身、生野菜。ビールを2缶飲んで炊き込みゴハンを一膳。

 その後 シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『プレイ 獲物』を見る。いやいや、久々の大物キチガイ犯罪者のキャラクターに私は大喜び(笑)。十数人の女性を手にかけた連続殺人鬼で捕まって刑務所に入れられたけれども上手くごまかして釈放。そしてたまたま同室になった主人公、銀行強盗で服役中で奪った金をどこかに隠している、に巧みに取り入って妻の潜伏先を聞き出してしまうのだ。

 主人公の毛髪などを採取して出所したキチガイはその足で主人公の奥さんをぶち殺して言語障害でしゃべれない幼い娘と金を奪うのである。しかも彼の悪行はこれに留まらない。主人公の遺留品を前に殺して隠しておいた死体のそばに置き、今までの連続殺人事件の罪を押し付けようとする!

 いや、かなり無理がないか?と思うけれども(笑)そうしたストーリーの荒さを目立たなくしてしまうのが、この男の発するすさまじいまでの悪意なのである。

 そしてことの真相に気づき、刑務所を脱獄してまで追う主人公もまた実に魅力的。襲ってきた囚人3人を逆にコテンパンに叩きのめし、いや、1人は喉を噛み破られて死んだな、あれは(笑)、その機会を逃さずに脱走。一発や二発の銃弾をものともせず、警官隊の囲みを突破するタフネスぶりにただただ感服。ここまでくるともう小ざかしい理屈など必要なし。我々は何も考えずにこの追跡劇を楽しめばいいのである。

 ハイビジョン画質もまた優秀。透明感のある発色、高い解像度によってもたらされる奥行き感。どれをとっても放送レベルでは最上級のものと言えるだろう。音声はAAC5.1チャンネル。前後の移動感描写が出色。警察に追われた主人公が走ってくる車列に突っ込む場面ではあまりの緊迫感に身がすくんでしまった。

 その後シャワーを浴びてだらだら。自炊作業も二冊ほど。

 就寝午前2時過ぎ。

|

« 7月24日(水) 「ロドファールーム」 | トップページ | 7月26日(金) 谷ナオミさんは野菊のような人だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月25日(木) 松のロドファー:

« 7月24日(水) 「ロドファールーム」 | トップページ | 7月26日(金) 谷ナオミさんは野菊のような人だ »