« 7月2日(火) 男はドキュン、女はIQ | トップページ | 7月4日(木) 「リアル鬼高校」 »

2013年7月 4日 (木)

7月3日(水) たんたんたぬきのKindleは

 元ネタの歌詞は地方によっていろいろあるようですが、私の場合は「とうちゃん、いいものもってるね」とか「縮めて丸めて流線型」とかでした。あなたのところはどうでしたか。今月の米国版ブルーレイ注文分 シュワルツネッガーの本格復帰作『ザ・ラスト・スタンド』 あまり面白そうではないけれどもご祝儀ということで(笑)。『アップサイドダウン 重力の恋人 3D』 アル・パチーノ クリストファー・ウォーケン共演の『スタンドアップ・ガイズ』、ルパート・グリント(ハリーポッターのロンですよ)主演の『Into The White』、『クリムゾン・タイド』以来の潜水艦映画(笑)『Phantom』 の5本。送料含めて10,837円である。

 今月は珍しく3D映画が1枚だけだけれども、これは決して私が3D映画への興味を失ったということではないので勘違いしないように。

 本日は休み。午前9時に起床して早速プロジェクターを起動。レンタルブルーレイの『逃走車』を見る。仮釈放の規則に違反してヨハネスブルグへやってきた男。レンタカーを借りてアメリカ大使館勤務の元妻に会いに行こうとするが、何しろ南アフリカに来たのが初めてで道は分からん、道路標識も読めん、地図をもたもた開いているうちにセンターラインによりすぎて対向車と正面衝突しそうになる・・・。なんとも不器用で不安定な男の心理・動きを執拗に描く。あまりにもしつこい描写なのだが、これによって男が巻き込まれる「車の中に怪しい携帯、銃!挙句の果てにトランクルームから拘束された女が飛び出してきた」という不条理状況をより強調しているのである。

 ただ、中盤の謎解き部分がどうしてももたついていて、せっかく盛り上がった前半部を殺してしまう。この映画は全編 車内視点で描かれるというのが売りのひとつなのであるけれども、このせいで主人公たちが能動的に謎解きに関われなかったことが退屈さの原因となっているのではないか。

 ハイビジョン画質は上々。奥行きの見通しの良さは4Kの恩恵を十分に発揮しているし、色のりの良さも魅力的だ。音声はDTS-HDマスターオーディオ。横を通り過ぎていく車のエンジン音の凄さに仰天。ひき殺されるかと思った(ちょっと誇張入ってます)。

 終了後、事務所へ行ってあれこれ。それからスーパーでバタールを買ってきて昼酒だ。本日のパンはオープンサンドウィッチ、いつもはスライスチーズとロースハム薄切りだけなのだが、今回はこれに醤油・マヨネーズ・コショウ・レモン汁で合えたシーチキンとレタスを加えたのである。

 これをがりっと齧って冷えた缶ビールをぐびりとやるともうたまらんですなあ。チーズとハムだけもそれなりに美味しいけれども、ちょっとこのサンドウィッチは次元が違いますなあ。

 その後、昼寝。どんがんとなった雷でたたき起こされる。まるで間近で花火大会をやっているような迫力で近くの中学校からも「きゃーっ」という悲鳴が上がっていた(笑)。

 夕食は鯛の刺身と鯵の南蛮漬け。ビールを2缶飲む。ゴハンは鯛茶漬けで。

 その後、シアタールームにてふたたびプロジェクターを起動。米国盤ブルーレイ『ランボー/最後の戦場』を見てその肉体破壊劇に酔いしれたのであった(笑)。

 シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」 そ、そんなフランスパンにチョコレートを挟んでスイーツにしてしまうなんて。

 就寝午前12時過ぎ。

|

« 7月2日(火) 男はドキュン、女はIQ | トップページ | 7月4日(木) 「リアル鬼高校」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月3日(水) たんたんたぬきのKindleは:

« 7月2日(火) 男はドキュン、女はIQ | トップページ | 7月4日(木) 「リアル鬼高校」 »