« 8月18日(日) キラアクネーム | トップページ | 6月20日(火) さぶはさぶを殺さない »

2013年8月20日 (火)

6月19日(月) サラリーマンはキラアクな稼業と来たもんだ

 二日酔いでも寝ぼけていても怪獣たちを操ればどうにかカッコがつくものさ、はあ、ちょっくらちょいとぱあにはなりゃしねえ。どんな稼業なんだ。我々、オタクというものはとにかく本やDVD(ブルーレイ)を買う。一般のものに限ってそんなにたくさん本やDVD(ブルーレイ)を買ったって全部を読み返したり、見返したりするわけでもないのに馬鹿みたい、場所ばっかりとってなどと言いたがる。いやいや、これは明確な間違いである。我々、オタクは何度も読み返す、見直す本やDVD(ブルーレイ) 5冊、5枚、へたしたら3冊、3枚を求めて100冊、100枚を買い捲るのである。

 何度も見返すものを買うのではない。それを見つけるために買うのだ。だからオタクの部屋では本やDVD(ブルーレイ)が無限に増殖していくのである。

 まあ、私はいいけどね、本は自炊すればいいし、DVD、ブルーレイは軽いからちゃちな後付の棚でも十分に収納できる。すでに私はシアタールームはもとより、廊下への棚増設を計画しているぞ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に例の有限会社フリーメイソン近くのとんかつ屋でロースカツ定食。体力回復のために無理してゴハンをお代わりした。そうしたら夕食もとんかつだった(笑)。いやそれでもかけたとんかつソースが熱でとろけてくるほどの熱々だったので大変美味しかった。ゴハン一膳と共にもふもふと平らげた。後は付け合せの生野菜。ビールは飲まず。

 その後シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『チャット~罠に堕ちた美少女~』を見る。何しろ美少女が罠に堕ちるのからねえ、間違ってもヒロインが学園の女王様が仕掛けた落とし穴に落っことされて、「きゃあ、なにコレ、ひい、底にネズミの死骸が!」てことではなく、どっちかというとエッチな方面なのだろうなあと期待して(笑)見始めた映画であったが、これが大間違い。チャットを通して知り合った変態性犯罪者に洗脳され、誘い出されて犯されてしまった14歳の女の子と家族の苦悩を正面から情け容赦なく描いた作品であった。

 これはもちろん、フィクションなのだがこの作品は現実のアメリカにもそうした胸糞の悪くなるような性犯罪者と彼らの毒牙にかかる被害者たちが存在することを強く示唆する。そして、被害者たちに与えられる心の傷は周囲の人間関係、家庭環境まで破壊しつくすことを冷静な語り口で我々に訴えかけてくるのである。

 心ある人々はこの映画を「性虐待、レイプ事件」を通して「人と人の絆」を描くものだというだろう。でも心無い私には逆に「性虐待、レイプ事件」がいかに「人と人との絆」を壊すかとしか見えないのだ(笑)。

 なお、この映画には「変態追跡隊」なる民間団体が登場する。この団体の助言を受けたパパは犯人を探し出すために14歳の少女となってチャットルームに出没するのであった。みんな、モニターの向こうの美少女(想像)はひょっとしたら性犯罪者を血眼になって捜している被害者のパパかも知れないぞ。気をつけた方がいいぞ(大きなお世話である)。

 ハイビジョン画質はコントラストの低い眠い絵。これが沈鬱な作品のトーンに良く合っていた。音声はAAC5.1チャンネル。パーティの場面で重低音が暴れすぎ。

 シャワーを浴びてダビング作業。

 その後はテレヴィと読書。就寝午前2時過ぎ。

 凄い雨で池が増水、と池の中からわらわらと虫が出てきたので慌てて殺虫剤を振りまく私。そのとたんに「あ、いけない、池の中には2頭の亀が」 そのまま池の中に入れておくと死んでしまう。私は亀を預かってくれるところを捜して夜中の町を駆け回る。ペットショップがあったがすでに閉店。一軒だけ明かりが灯っていたので行ってみたらそこは魚屋。人々が川の増水で迷い出てきたらしいすっぽんをぶら下げて売りに来ていたのであった・・・という夢を見た。

|

« 8月18日(日) キラアクネーム | トップページ | 6月20日(火) さぶはさぶを殺さない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月19日(月) サラリーマンはキラアクな稼業と来たもんだ:

« 8月18日(日) キラアクネーム | トップページ | 6月20日(火) さぶはさぶを殺さない »