« 7月31日(水) 北枕と俺とは同期の桜 | トップページ | 8月3日(土) 『尖閣自衛隊』 »

2013年8月 2日 (金)

8月1日(木) 勤皇試し

 新鮮組本部の前にロウソクを置いてくる。前日働いたので本日は休み。午前9時にでろっと起きてプロジェクターを起動させ、さっそくに米国盤ブルーレイ『アップサイドダウン 重力の恋人』を見る。上下がアシンメトリーに接続された世界。上方の世界は下方の世界より資源を搾取して裕福な暮らしをしており、その格差は覆しようもない。当然ながら両方の世界を行き来することは厳しく禁じられている。

 そんな二つの世界の男と女が恋をした・・・という物語。

 ストーリー自体は非常に平凡で特筆すべきことはなし。あまりにもご都合主義で特にヒロインのキルスティン・ダンストの記憶喪失の扱いのいい加減さにはびっくりさせられた(笑)。ただ、この映画のビジュアルはそのストーリーの物足りなさを補ってあまりあるもの。どこまでもアシンメトリーに配置された鏡面世界の美しさは3Dの効果もあいまって、今までまったく体験したことのない映像といえるだろう。時々、どっちがどっちだか分からなくなることがあるけれども(笑)映像の美しさだけでここまで見るものをひきつける映画も珍しい。

 ハイビジョン3D画質は暗部がキモチ良く表現されており、黒浮きや黒つぶれは一切なし。3Dというハンデを感じさせない。音声はドルビートゥルーHD 重厚な低音、距離感の確かなサラウンド音場、どれをとっても一級品。

 しかし、こういっちゃ何だが、ヒロインのキルスティン・ダンストはちょっと老けておりましたな。あの化粧品のプレゼンで主人公の正体に気づく場面など、気の毒なくらいでありました。主人公の発明した若返りクリームをこの人こそ使うべきだと思いました。

 きいい、な、なんですってぇ、ああ、ダンストさんすいません!

 その後ルーフバルコニーにて昼酒。缶ビール500mlを調理パン三種と共に楽しんだのである。その後30分ほど昼寝。

 午後2時過ぎから米国盤ブルーレイ 『PUSH 光と闇の能力者』を再見。やっぱりこの映画はダコタ・ファニングちゃんが可愛いよなあ。最初、見たとき、その予知能力を増幅させるために酒を飲んでべろんべろんになっているのを見て、「お前はドリュー・バリモアか」とツッコンだものなあ。クリス・エヴァンス「お前、何歳だ」と聞かれて「13よ、14に見えるっていうひともひるわ」と答えたダコタ・ファニングちゃんに映画を見た全世界のロリ一万人余が「ストライク!」と叫んだというエピソードが頷ける可愛さだよなあ。

 (もちろん、ロリ云々はウソなので本気にしないように)

 午後6時から夏祭りのためのテント張り。午後7時過ぎに終了して帰宅。夕食は生野菜と出来合いの鶏唐揚げ、カンパチ刺身。ビール500ml缶を一本。

 その後、シアタールームにて録画しておいた「墓場鬼太郎 #2#3」を楽しんだのであった。午後9時過ぎよりお酒。ひれひれ酔って午前1時過ぎに就寝する。

 就寝午前2時過ぎ。

|

« 7月31日(水) 北枕と俺とは同期の桜 | トップページ | 8月3日(土) 『尖閣自衛隊』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月1日(木) 勤皇試し:

« 7月31日(水) 北枕と俺とは同期の桜 | トップページ | 8月3日(土) 『尖閣自衛隊』 »