« 9月10日(月) 『顔のないあまちゃん』 | トップページ | 9月12日(水) 「2020年の朝鮮」 »

2013年9月12日 (木)

9月11日(火) チャネラー #5

 元ネタはシャネル #5です。アマゾンの中古本で買ったスティーブン・キングの「メープル・ストリートの家」 元の持ち主がボールペンでがっつり書き込みしていやがった。その書き込みも意味があるのは「ディゾルヴ」という用語の解説だけで後は脈絡もなく」を書き込んだり、ノンブルを丸で囲んだりというもので何の役にもたっておらん。ただ無意味に本を汚しているだけだ。こんな本を平気で売るアマゾンにも腹が立つが、いや、書き込みがあった中古本はこれで二回目なのだ、この元の持ち主にはもっと腹がたつ。

 本気と書いてマジと読むで耳を噛み千切ったろうかと思う。

 そして同時にブックオフオンラインで買ったキングの「最後の抵抗」 あー、こ、これは「ロードワーク」の改題再販本じゃないか。もちろん、俺は「ロードワーク」を持っているよ、コンチクショー。ブックオフも商品紹介にそれくらい書いておいてくれよ、300円もの大損だよ・・・いや、あらすじ読んで気がつかないお前が悪いという話ですな(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガー、昼飯にコンビニのお握り2個。夕食はカツオのタタキ、生野菜、カレー。カレーには例によって母親の目を盗み焼肉のタレを投入。今夜はそれに加えてインスタントコーヒー(湯で溶かしたもの)も入れたのでぐっと美味しくなった・・・とはいかんかったですな(笑)。どうもルーが良くなかったらしく辛さばかりが先行してあまり旨みの感じられないカレーになってしまった。

 なお、このカレーにインスタントコーヒーを入れるというやり方は寺沢大介先生の「ミスター味っ子」に習ったものである。

 ビールを2缶飲んでカレーを一皿。

 その後シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『ローマ法王の休日』を見る。放題の付け方からして、楽しいコメディ映画、ローマ法王がうっかり市井に紛れ込んで起こる愉快なトラブル、それを通して描かれる人間=法王の姿!みたいな映画を考えていたのだが、それは大きな間違いであった。

 コンクラーベでうっかり法王に選ばれてしまった枢機卿が重圧に耐え切れず逃走、バカチンじゃなかったバチカンの事務局はその真実を隠しつつ、行方を追う。枢機卿は市井の人々と触れ合うことで信仰心や法王という存在について考え直すことになる。ラストで彼は連れ戻されるのだが、そこでもなお、「やっぱり俺、ムリッす、そんな柄じゃないっす」と演説して信者達を落胆させてしまうのだ。

 コンクラーベの最中に候補たる枢機卿の皆さんが心中密かに「俺だけは選んでくれるな」と考えているギャグには笑わされたけれども、それ以外は恐ろしく真面目で私のような人間には向かない映画でありました(笑)。

 (原題はラテン語の『Habemus Papam』 英語で「We Have a Pope」 要するに新しい法王が決まったぞということ)。

 ハイビジョン画質は解像度の高さが印象的。バカチンじゃなかったバチカンに集う群衆の数の多いこと。かなり後ろの方にいる群集の一人一人の顔がはっきり見分けられて逆に気味が悪いくらいだ。音声はAAC5.1チャンネル。包み込まれるようなサラウンド音場が気持ちいい。

 シャワーを浴びてあれこれ。この時、「うへえ」という出来事があったのだが、これは明日の日記にて詳しく書きましょう。

 就寝午前3時過ぎ。

|

« 9月10日(月) 『顔のないあまちゃん』 | トップページ | 9月12日(水) 「2020年の朝鮮」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月11日(火) チャネラー #5:

« 9月10日(月) 『顔のないあまちゃん』 | トップページ | 9月12日(水) 「2020年の朝鮮」 »