« 9月26日(木) あごIZAM | トップページ | 「宇宙海賊キャプテンハードロック」 »

2013年9月28日 (土)

9月27日(金) 死屍累々ガールズ

 昔、浅草キッドだったかな、「韓国の慰安婦問題解決のためにCCガールズの派遣が決定されました」というギャグに大笑いをしたことがあるという駄洒落。「ドクタースリープ」読了6パーセント。ディック・ハロランの性悪の祖父が死んだ。ハロランは墓穴に自分の小便を引っ掛けた土を投げ込む。これが良くなかったのか(笑)、217号室(237号室)の女と同じように“戻ってくる”ようになってしまった。

 ハロランは自分に「輝き」のことを教えてくれた祖母(父方か母方か良く分からん)にこの幽霊を封じ込める方法を教えて貰う。それは祖母から貰った鍵付の箱を頭の中にイメージしてその中に幽霊を閉じ込めてしまうというものであった。ハロランはダニーに鍵付の箱をプレゼント、同じようにやってごらんと教える。この方法はうまくいった。ダニーはそれから217号室(237号室)の女に悩まされることはなくなった。この2年後、今度はオーバールックホテルの支配人の幽霊が姿を見せたが、これも頭の中に二つ目の箱をイメージして封じ込めることができた。

 さて、時は流れて・・・となるのだが、この時代が具体的にイメージできない。文中では「大統領が元映画俳優からピーナッツ農場主に変わった」と表現されているのだが、これはレーガンとブッシュ(父)のこと?アメリカ人にはポピュラーなレトリックなのかも知れないけれども、あいにく日本人の私には分からないのだ。

 アンディ 32歳という女性が登場。この人は8歳の時から自分のパパに犯されてきた。しかし16歳のある日、アンディは母親の編み物針でパパの睾丸両方、そして片目を突き刺して(ひいい)この屈辱的な生活を終わらせる。現在の彼女は鼻下長紳士を映画館に誘い込み特技の催眠術で眠らせ、金品を強奪、ついでにナイフで両頬にVの文字を刻み付けるというナイスなレディだ。

 ところが、彼女は謎の集団に拉致されてしまう。リーダー格の女性は不思議な能力を持っておりアンディの心に侵入してくるようだ。彼女は言う。「あんたの催眠術は役に立ちそうだから仲間に入りなさい。そうすればあんたは100年たっても32歳のままよ」この集団、どうやら不老不死の存在らしい。

 アンディはこの申し出を受諾。あるモーターホームで彼女を仲間に迎えるための儀式が始まる。なにやら不気味な霧のようなものを飲まされるアンディ。酷い苦痛、おまけに彼女の体は実体を失ったようである。リーダーの女性は、アンディに囁きかける。がんばりなさい、ここでがんばらなきゃ、あなたの肉体は無になってしまうよ。アンディの体は実体を取り戻そうとして苦悶する。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にゆきみ家で味噌ラーメン・ミニカレーのセット。夕食は豚肉のしょうが焼き、ポテトサラダ、生野菜、カンパチの刺身。ビールを2缶飲む。

 その後シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『デスパレート』を見る。搾取された労働者たちの怒り、家族を失うことへの焦燥という社会派的な狙いは良く分かるのだが、何かチグハグな映画で、そこかしこに違和感を感じてしまう。

 工場へ忍び込むためにいろいろ調べていた主人公、しかし、人が来たので焦ってバルコニーの下に隠れる、するとその上で会社のえらい人が大きな声で「工場の2万ユーロ、あれ、賄賂の金だろ、ちゃんと始末しておけよ」とか話し出すという(笑)。

 そして最終的に主人公を救うことになるマクガフィン、会社の偉い人が中東の武器商人と会っているのがばっちりと映っているDVD、の扱いもあやふや。ネットカフェであら、どうしましょう、DVDがパソコンから取り出せないわという騒動は何だったのか。こんなことをしているから奥さんが偉い人たちに向かって「亭主を助けないとあのDVDをマスコミに送っちゃうわよ」と脅すのが本当になのか、それともブラフに過ぎないのか判然としなくなってしまうのである。

 こういう微妙な間抜けさは何だか韓国映画のへたくそな奴みたいっすね(笑)。

 終了後、シャワーを浴びて前述の「ドクタースリープ」を読んでいたのである。

 就寝午前2時半。

|

« 9月26日(木) あごIZAM | トップページ | 「宇宙海賊キャプテンハードロック」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月27日(金) 死屍累々ガールズ:

« 9月26日(木) あごIZAM | トップページ | 「宇宙海賊キャプテンハードロック」 »