« 「宇宙海賊キャプテンハードロック」 | トップページ | 9月30日(月) 「ミスター味の素」 »

2013年9月30日 (月)

9月29日(日) 「ゲゲゲのケムトレイル」

 9月29日(日) 「ゲゲゲのケムトレイル」
 ケムトレイル陰謀論と同じくらい無理のある駄洒落。「ヤマト 2199」のぞ、続編?<http://news.mynavi.jp/news/2013/09/29/064/より抜粋して引用>2012年より劇場で全七章にわたってイベント上映され、テレビ版が9月29日に最終回を迎えたアニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』が、完全新作ストーリーで映画化されることが29日、明らかになった。『宇宙戦艦ヤマト2199』は、1974年に放送された『宇宙戦艦ヤマト』(読売テレビ・日本テレビ系)第1作をベースに、新たなスタッフで制作された完全新作アニメーション。物語や公開日などの詳細は明かされていないが、映画の公開は2014年を予定している。<引用終了>

 『さらば宇宙戦艦ヤマト』のような酷いことにはならないだろうが、前にもこの日記に書いたけれども俺は『さらば宇宙戦艦ヤマト』が大キライなのだ!、このリメイクは波動砲の封印等、オリジナル以上に「きちんと終わった」感が強いからなあ。どんなストーリーにしても結局のところ、「余計なことをしやがって」になるのではないか。

 ディーン・クーンツの言葉を借りるなら「宇宙戦艦ヤマト」とは私をオタクの国に運んでいった大竜巻みたいなもの。これだけのヒット作となった「ヤマト 2199」なのだから続編云々の話は仕方ないのだけれども、『さらば』以降の歴史を繰り返すような愚行は勘弁して欲しいと思う。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドイッチとコーヒー。昼飯は時間がなかったのでカップヌードルで済ませてしまう。夕食はK太郎の運動会へ行ってきた母親のおみやげ。まあ、平たく言えばお弁当の残りでありますな(笑)。

 いやいや、これがなかなか美味しいものでありまして、特にベーコンを巻き込んだ玉子焼きや牛肉のさいころステーキが絶品でありました。これらでビール2缶飲んで後はレトルトのカレーライスを一皿。

 その後シアタールームにて『裏切りのスナイパー』を最後まで。やっぱり変だよ、この映画(笑)。当初は完全なる雑魚キャラだった無免許医師(ブラック・ジャックではない)が次第に異様なる存在感を発揮、しまいには女を拉致監禁して拷問した末に森で人間狩りを楽しむと言う変態連続殺人鬼であることが明らかにされる。

 このインパクトがあまりに強すぎて主人公を裏切ったのは誰なのかという些細な疑問がすっ飛んでしまうのだ(笑)。

 ラストで主人公を見逃してしまう警視の行動も疑問、主人公の脱走の際に4~5人、最後の襲撃で少なくとも2人、合計7人近くが殺されているのだぞ。しかもその大半が警察関係者なのだ、そんな奴はとっとと射殺してしまうが良かろうと私は映画の雰囲気をぶち壊すようなことを考えるのである。

 ハイビジョン画質はなかなかのもの。特に俯瞰シーンの情報量の多さが印象的。音声はAAC5.1チャンネル。サブウーファーを使っているような濃密な重低音に一驚する。これは少々やりしぎなのではないかと思ったくらいだ。

 その後、シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「大食い大会 予選」これだけで2時間のヴォリュームで早くも私は大満足。しかし、あの三宅さんの福岡予選出場は絶対に他の有力候補とカチ合わないための局側の配慮だよなあと思う。

 そこまでしてあの人を本戦に出しても結局準々決勝くらいで消えてしまうだろ!とあまりこの人が好きではない私はぶつぶつ言うのであった。

 終了後はプロジェクターを起動させて日本映画専門チャンネルHD録画の『クレージー黄金作戦』を30分ほど。やっぱりこの映画の前半の見所はロサンゼルス支店への栄転を信じて英会話の勉強に励む桐野洋雄と、白衣姿がやたらに可愛い園まりだと思うのである。

 就寝午前12時過ぎ。

|

« 「宇宙海賊キャプテンハードロック」 | トップページ | 9月30日(月) 「ミスター味の素」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月29日(日) 「ゲゲゲのケムトレイル」:

« 「宇宙海賊キャプテンハードロック」 | トップページ | 9月30日(月) 「ミスター味の素」 »