« 10月18日(金) 「セシウム YES !」 | トップページ |  10月20日(日) 「シリコンさんいらっしゃい」 »

2013年10月20日 (日)

10月19日(土) 春になれば すがこもとけてドップラーだのナフコだの夜が明けたと 思うべな

  童謡駄洒落。「ドクタースリープ」85パーセント。すごいネタばれがありますので、フツーはやらないけれども、行間を空けさせて頂きます。いやあ、本当に凄いネタばれでこれを事前に知っちゃうと中盤あたりの展開の印象がまるで違ってしまいます。


 ネタばれ、ネタばれ、警告しましたからね、これを無視して先に進んで「うわあ、知りたくもない情報を知ってしまった、畜生どうしてくれる」と文句を言われてもそれは筋違いというものです。接骨院へお行きなさい。



 クロウはエブラにたっぷり薬剤をぶち込んで眠らせる。そしてビリーのトラックで遁走。彼はローズと連絡を取り残りのメンバーがやられてしまったことを知る。彼は思わず弱音を吐くのだった。「トラックの中に薬をぶち込まれた老人と13歳の少女が一人、もう額に「誘拐しました」って札を貼っているのと同じだよう」しかし、ローズは落ち着いたもの。「もしパトカーに追われたり、道路封鎖されたりしたら構わないからエブラを絞め殺してしまいなさい。そして投降するのよ、後はこっちで何とかするから」 いや、ならんと思うけれども(笑)。

 エブラは途中で意識を回復。クロウはさらに薬をぶち込むことはしないで「いいか、おとなしくしておくのだぞ、さもなきゃこの爺さんを殺すからな」薬剤の残りが十分ではなかったとはいえ、この後の展開を考えるとまた眠らせた方が良くないかと思う。

 エブラとダンはついに交信を回復する。ダンは薬でふらふらのエブラの精神と入れ替わり、彼女の体を使って「輝き」の力を発動。テレキネシスでクロウの拳銃を持った腕を彼の方へむりやり向けさせる。必死に抵抗するクロウだが、このとき麻酔からさめたビリーの攻撃もあってついに拳銃がズドン!!クロウは衣服だけ残して消滅する。

 ダンはビリーとエズラを近くのモーテルへ避難させるのだった。本当ならすぐにでも逃がしたいところなのであるけれども二人ともまだ睡眠薬でふらふら。そんなビリーに長距離運転などさせられる筈もなし。

 一安心のデビッド、ダン、ジョンである。彼らはルーシーと合流することになる。しかし、ダンは何かを感じたらしい。デビッド・ルーシーをコンチェッタの自宅に残し、ジョンと二人でコンチェッタが入院している病院へ向かうのだった。面会時間はとっくに過ぎているけれどもダンはホスピスの身分証を受付で提示、移設の事前確認に来ましたといってコンチェッタの病室に入る。

 彼は危篤状態のコンチェッタの手を取り「輝き」の力で幸せな死へ導くのだった。そしてダンは気づく。そうか、そうだったのか。彼女の臨終後、デビッド達が到着。病室へ駆け込んできたルーシーは「何で他人のあんたが私の祖母を看取るのよ」と怒り狂うけれども、彼女もまた何かを感じたようだ。ダンは厳かに告げる。「そう、あなたの父親は僕の父親 ジャックだったんだ、あなたと僕は異母姉弟なんだ。エズラは無意識にこのことを知っていた。だから僕をダンおじさんと呼ぶようにしたんだ」あれ、ダンとルーシーはどっちが年上なんだっけ。

 ルーシーの父親が現在に至るまで不明なこと。エズラが時としてみせる手で唇をこする癖、これはジャックがイラッとした時の癖と同じだ。そして何より「輝き」の存在、カンの良い人ならとうに気づいていたのだろうが、元来鈍い私にはまったくの不意打ち。驚きのあまりキンドルをぽとりと落としてしまいましたわい(笑)。

 こうしたファミリービジネスの進行中、トゥルーノットでは異変が起こっていた。パートナーであったクロウを殺されてさらに激昂したローズが「残りのスティームを全部吸ってスーパートゥルーノットになってあのチビビッチ、略してチビッチを打ち殺すのよ!」ところが半数のメンバーがドン引き(笑)。はしかを患っていない彼らはローズのやり方についていけず袂を分かつことになったのだ。でも、スティームを分けて貰ってないし、それどころかローズの命令でクレジットカードも銀行口座も凍結されてしまったから、彼らの行く手に待つのは野たれ死にだけだけどね(笑)。

 ローズは残りのメンバーと共に復讐心を燃え上がらせる。

 しかし、ここでまたもダンの一手。彼はエブラに支持してモーテルからトゥルーノットが根城にしているオーヴァールックラウンジ(オーヴァールックホテルの跡地に建っている)に電話を掛けさせたのである。そしてローズを電話口に呼び出してさんざんに挑発したのだ。「この子供しか殺せない臆病者の鶏糞臭い淫売め、くやしかったら私と一対一で戦ってごらん。どうせそんなことは臆病者だからできないでしょうけど」えーっと、これは私が言ったんじゃないですよ、エブラさんが言ったんですからね。

 「臆病者と呼ぶのはやめろ、このチビッチめ!一対一、やってやるぞ」「だったらオーヴァールックラウンジ近くの「世界の屋根」展望場に一人で来るんだよ」ローズ、まんまとおびき出されてしまったという(笑)。まあ、エブラも緊張のあまりひどく消耗して電話を切るなりトイレに駆け込んでげーげーやったのだが。

 エブラとローズの一騎打ち、いくらエブラの「輝き」の力が飛びぬけているといっても海千山千、しかもスティームをたっぷり吸ってパワーアップしているであろうローズに勝てるのか。おそらくダンに計画があるのだろうけれども、それでもちょっと厳しいのではないか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にゆきみ家で味噌ラーメン+小ゴハンのセット。夕食は冷蔵庫の残り飯。昨日のカンパチ刺身をづけにしておいたもの、後はキャベツをたくさん、たくさん、千切りにしたのにウスターソースをどぱと掛けて一気呵成にがしゅがしゅ食べる。

 ビール2缶飲んでカンパチのづけ茶漬けで仕上げ。これはこれでンまかった。

 その後、映画も見ずに「ドクタースリープ」を読んでいたのである。シャワーを浴びたり若干のダビング作業をした他はずーっと読書。就寝午前2時過ぎ。

|

« 10月18日(金) 「セシウム YES !」 | トップページ |  10月20日(日) 「シリコンさんいらっしゃい」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月19日(土) 春になれば すがこもとけてドップラーだのナフコだの夜が明けたと 思うべな:

« 10月18日(金) 「セシウム YES !」 | トップページ |  10月20日(日) 「シリコンさんいらっしゃい」 »